FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

国際女性デーにミモザを飾るニセコ町長

2019-03-08-Fri-23:33
mimoza.jpg
ミモザの花束を抱えてほほえむニセコ町の片山町長、
なんて素敵なんでしょう。
この写真には素敵な物語があります。
全国フェミニスト議員連盟のお仲間、
斉藤うめ子ニセコ町議からの報告です。
「 今朝ミモザの花のコサージュを着けて
議員控室に入ったところ、
議員の一人から臭いが強く
花粉症だからやめてくれと言われました。
片山町長にお話して、
町長室にミモザの花を飾って
いただくことになりました。
町長は「花粉症ね~?」とおっしゃって、
町長室なら大丈夫じゃないかとのこと。
町長の手帳には3月8日は国際女性デーと
確に書き留められていました。
その手帳を私に見せてくれました。感激!!! 
さすがニセコ町の町長、
名前だけじゃない、本物の国際人!」 

若い力でアクション !

2019-02-10-Sun-23:37
大寒波の合間の温かい日差し。
若い世代が北風を吹き飛ばしたのかもと思われる
会合に参加してきました。
荒木あけみ市議の事務所開き~2期目へのエール。
ピンクのジャンパーを着た女性達がきびきびと爽やかに進行し、
ベテラン男性たちが後押し。
お子さん達が懸命に事務所間の雪かきと凍り割り。
コアメンバーの女性達は函館が大好きで、
様々な活動をしている。
荒木あけみ市議には、
誰もが自分らしく活躍できる函館を一緒に創ってほしい。
そして次回は議会に挑戦する女性が増えることを願っている。
荒木さんは
ヴィジョン・パッション・アクション と力強く訴え、
参加者全員で恒例の「花咲かせよう!」エール

7世代先を見て、今の社会ををデザインしよう。
そのために私は若い世代の応援を続けています。
函館を元気にしたいと頑張っている
荒木あけみさんの全力投球活動のホームページで
ぜひご覧下さい。http://www.arakiakemi.jp/

恭賀新年  函館空港に「金のシャチホコ」

2019-01-02-Wed-23:53
yjimage[1]
帰省していた次女を函館空港に見送りに行った。
5日間の内、一日は風邪気味で寝込んでしまったが、
一緒に映画や温泉に出かけ、美味しい物を食べ、話し、
掃除を手伝ってもらい、お土産の新しいipdを操作してもらい・・・
人生であと何時間くらい子どもたちと過ごせるのだろうか。
しんみりとなって空港を出ようとしたら、
一階に「金のシャチホコ」を見つけて、少し元気がでてきた。
名古屋城を友人が案内してくれた時に、
「金のシャチホコ」前で一緒に写真を撮ったことを思い出した。
友人は名古屋城改築について熱く語っていた。
実物大レプリカは金箔1800枚を貼り付けている。
1月29日まで、皆さんを迎えてくれるそう。
ぜひ冬の函館観光にいらしてください。



パリのデモ

2018-12-07-Fri-23:27
2018年デモ
デモやストライキの多いフランスだが、
今回のデモはかなりの規模。
さながら革命のようと
パリ在住の友人がこの写真を送ってきた

松戸市議の中田京さん急逝

2018-11-07-Wed-23:11
東京での「遺族支援ワークショップ」、
名古屋での全国自立援助ホーム全国大会に参加して、
昨夜、函館に戻りました。
研修での気づきや出会いで高揚した気持ちと
風邪気味で頭痛と身体の痛みとのアンバランスな状態に、
全国フェミニスト議員連盟MLで
中田京さんの訃報が飛び込んできました。
行政を凌ぐ論客、緻密なデータ処理、ジェンダー平等の確かな視点、
何よりも、パワフルで明るい笑顔が思い出され、
なぜ?どうして? 言葉もなく呆然とするばかりです。
昨日まで精力的に活動されていた様子を
フェミ議会員がMLで報告しています。
65歳!あまりにも早すぎる突然のお別れ。
十年くらい前に京さんの家に泊めていただいて、
市民派議員としての活動、
政治学者のパートナーとのアメリカ暮らし、
など沢山話し合ったこと
翌日は松戸市を丁寧に案内してくださったこと・・・・、
京さん、有り難う。
もっと話したかった。
私もかなり体力落ちてること痛感してますが、
もう少しジェンダー平等に向けて闘いますね。
青空の向こうから応援してくれてると信じてます。

古伊万里植物図鑑展

2018-09-19-Wed-23:57
toguri.png
ジェロントロジー(老年学)の3日間スクーリングを受けに
東京に行って来ました。
今回は私的にも大切な用事があったのですが、
その合い間をぬって、戸栗美術館を訪れることができました。
展示も素晴らしかったのですが、
大邸宅の建ち並ぶ閑静な松涛地区にあり、
庭園を眺めながらゆったりした時を過ごせる
素敵なたたずまいでした。
古伊万里植物図鑑展は22日まで。
「鍋島と古九谷~意匠の系譜~展」は
10/5~12/22開催されます。

新宿の文化服装学院を卒業して直ぐに勤めた
アパレルメーカーは松涛地区にありました。
邸宅街を見ながら渋谷駅まで歩いた
約半世紀前の日々を思い出しました。

緊急ミニ語り場 各地の女性議員と語ろう!

2018-08-20-Mon-23:43
received_280770629392705-300x169.jpg
緊急ミニ語り場 各地の女性議員と語ろう!
企画を進めていた当 の私が自立援助ホームの緊急時対応のため
当日参加・進行できなくなるというハプニングが起こり、
当日朝、仲間にそれぞれ得意分野の役割分担を急遽お願いしました。
小平市議日向さんがフェミ議MLに直ぐに報告してくださったので、
ご紹介します。

6時半からは、訪問した6人の議員(ひぐちのりこ仙台市議、
高橋かずえ岐阜市議、末吉美帆子所沢市議、松田典子越谷市議、
大河原まさこ衆議院議員、日向美砂子小平市議)と
地元函館の荒木明美市議含む7名の女性たちとの懇談の場がありました
。コーディネートしてくれた竹花郁子元函館市議は、
運営にかかわる自立援助ホームでの緊急対応で残念ながら欠席。
忙しい中の対応に心から感謝しつつ、円座になって話が始まりました。

まずは一人ひとりが議員になったきっかけや
女性議員として取り組んでいることや
議会に女性議員がいることの意味などを自己紹介をかねてトーク。
みんな、社会や地域をよくしていこうという動機はもちろん、
同時にきっかけとなった個人としての出来事や思いを抱えている。
政治的なことは個人的なこと、
個人的なことは政治的なこと――繰り返されてきた言葉が浮かびました。

そのあとはただ質問を受けるだけでは、ということで
函館からの参加者の方たちにも自己紹介で話をしてもらうと、
ここにも一人ひとりのジェンダー問題や
社会とのかかわりにおけるヒストリーが。
政治は議員だけですることでなく市民によりつくられる
――このこともあらためて感じ元気が出ました。
怒りと疑問を連帯につなげよう! 
函館の夜は霧雨の中、深い思いに包まれました。
HOME NEXT