イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

なぜ乳がんは増えているの?~その克服と予防のための講演会

2014-06-28-Sat-02:17
日本人女性は12人に一人が乳がんに罹っています。
乳がんで苦しむ女性を減らしたいという思いで、
女性医療ネットワークが講演会を開催します。
1乳がん講演会図をクリックすると大きくなります)
日時:7月12日(土)14:30~17:30
会場:花びしホテル2階「芙蓉の間」
参加費:無料
申し込み不要です。ぜひご参加ください。


世界禁煙デー~ようやく函館市役所が全面禁煙検討へ

2011-05-31-Tue-05:37
今日は世界禁煙デー。
函館市役所が本庁舎全面禁煙を検討と大きく報道された。

私が議員になって最初の質問が、禁煙対策と男女平等施策の推進だった。
その後も、受動喫煙対策や空気のおいしいお店推進など
何回も議会で質問して、
分煙は進んできたものの、
なかなか全面禁煙にはならなかった。

市職員の4割が愛煙家という。
上司は嫌煙家の新社会人が増加していることを認識しているのだろうか。
健康のためにも職場環境整備面でも
禁煙学習を進めてほしい。


また、愛煙家接客などを理由に喫煙聖地を設けないこと。
そこに煙が充満しているので、足を踏み入れられない市民もいるのです。

留学生や観光客からも度々受動喫煙防止の提言があった。
公共施設からたばこの煙をなくしてくださいと、
何度も訴えてきた市民の皆さん、
市役所の中を安心して歩けるようになりそうですよ。

転倒に気をつけましょう~打ち身の手当

2010-12-29-Wed-06:09
定例会が22日に終わり、市政報告の会報作成に徹夜状態。
急な年末相談、仕事の整理に、拶回りに、忘年会やクリスマス会、
会報の発送作業や大掃除と買い物は残ってるし、と
走り回っていたら、
先週、役所内のピカピカ廊下で、思いっきり横滑りしてしまった。
手首が痛い。
打ち身の基本
急性期には冷やし、慢性期にはあたためる

いまだに手首は紫色。
幸い左手首だったが、料理や車の運転に支障が・・・
左手も偉かったのだと、あらためて感謝。

忙しい師走、明日からまた寒波のようです。
皆様もアイスバーンや家の中の凹凸など、お気をつけください。

打ち身の手当~身近な食材で

水気を切った豆腐をうっ血したところに直接豆腐を半丁のせる。
驚くほど効果がありとか。

「豆腐パスター」も内出血に効く。

熱が下がったら「青菜・じゃがいもパスター」、

さらに「さといもパスター」も効果大。
さといもに含まれるカリウム成分と細かい分子が
「うっ血」した血液を吸い出すそうです。


『玄牝』を観て~私のからだは私のもの

2010-12-05-Sun-22:13
函館港イルミナシオン映画祭のクロージング上映、
函館山山頂のクレモナホールで
『玄牝』を観て来た。
河瀬直美監督トークを楽しみにしていたが、
急に具合が悪くなり函館に来られなかった。残念!

河瀬監督が20㎏のカメラをかついで撮ったドキュメンタリー映画。
木漏れ日の中、スクワット方式で薪割りに汗を流す妊婦たち。
吉村医院に通い、身体を動かすにつれて、
女性達は笑顔を取り戻し、自分の身体と大地を感じていく。

70年代女性運動の中で「私の身体は私のもの」と言う言葉が出てきた。
ラマーズ法などの自然なお産も関心が高くなっていった。

身体表現を通して自分を発見するワークショップを
先月、道南ジェンダー研究ネットワークで主催した。
講師は、お茶の水女子大教育学部舞踊科卒業の荒木明美さん。
まずは軽いストレッチや左右違う動きをしてみて、
おもうようには動かない体を実感する。
その後ティッシュ1枚を身体のどこかにまとわせながら、
自由に動きまわってみる。
ダンスワークショップ1
親子一緒や高齢者の集いでも楽しめそう。

次回は12月17日(金)9:00~10:00、まちづくりセンターで
体験ワークショップ(無料)にお気軽にご参加ください。
身体が軽くなって気持ちもふんわり~

女性と子どものためのダンスワークショップ№1のお知らせ

2010-11-25-Thu-09:39
子どもの時って、風にも樹にも花にもなれた・・・
その頃を思い出して身体表現をしてみませんか。
気づかなかった《私》を再発見できるかも


「あらゆる政策決定の場に女性を増やそう」と
活動している道南ジェンダー研究ネットワークでは、
自分を知ること、自己肯定感を持つことがが
女性参画の推進につながるろ考え、
今回のワークショップを企画しました。

「荒木明美さんと“心と身体のつながりを実感しよう!”」
日時:11月27日(土)午前9時~10時
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
参加無料
動きやすい服装でいらしてください。
定員20名(お子さんもご一緒にどうぞ)

講師の荒木明美さん
荒木sann2
お茶の水女子大学文教育学部 舞踊教育学科舞踊教育学専攻
HOME