イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ネット選挙について学習しました~選管出前講座 

2014-10-12-Sun-22:13
選管出前講座
来年4月は統一地方選挙。
議会に女性を増やしたい!と活動してきたので、
その輪を広げているところです。

法改正によりネット選挙運動がかなり変わりました。
そこで、未来へつなぐ荒木あけみネットのサポーターで
市選挙管理委員会の出前講座をお願いして学習しました。
「選挙運動早わかり」という資料をもとに選管の職員3人が丁寧に説明してくださって、
その後に質問が沢山飛び交いました。
今まで禁止だった(選挙期間中のHP更新)などができるようになり、
有権者通しがツイッター、フェイスブック等で投票依頼を行えるという画期的な改正、
大いに活用していきたいものです。
詳細は「ネット選挙運動総務省」で検索できます。

市のHP選挙管理委員会にこの時の出前講座の模様が掲載されています。
出前講座の実績は4年前に一度ということでした。
皆さんどんどん依頼して、きれいな選挙を学びましょう。

Homedoor代表川口加奈さんと再会を

2013-11-01-Fri-23:06
川口加奈さん講演を中心としたフォーラム
「幸せの地域デザイン学
 貧困から地域力を考える~幸せのつくり方~」は、
約120名もの方にご参加いただいて、
無事幕を閉じることができました。
多くの皆様にご協力いただき感謝申し上げます。
学生や若い世代の方々もボランティアで参画してくれて、
地域のつくり方を多くの方と語り合い
真剣に考えた3日間となりました。

川口さんの講演は、ケーブルテレビNCVで放送されます!
函館市内および近郊の方はぜひご覧ください。
初 回/11月4日(月・祝)20:00~
再放送/11月8日(金)20:00~、
      10日(日)16:00~ 13日(水)20:00~

10月26日(土)青年センター体育館で
hubchari2_042.jpg    hubchari3.jpg
冒頭で、「生活保護受給者の社会的居場所づくり」と題して、
函館市就労等意欲喚起プログラムについて
竹花から情報提供しました。

hubchari4.jpg
Homedoor理事長、大阪市立大学の現役女子大生、
社会起業家として大活躍の川口加奈さんの講演です。
釜ヶ崎におけるホームレスの現状とその体験談から始まり、
炊き出し活動を続けていくだけでは
目の前で死にゆくおっちゃんたちは減らない・・
ホームレスのおっちゃんたちの声に耳を傾けると、
「自転車の修理なら得意!」という声が聞こえてきて、
シェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)の事業が誕生。
答えは現場にあり!
人前に出るのが苦手だった加奈さんは、
「謙虚であれ。でも遠慮するな」
とある社長の名言に後押しされ
難関を乗り越え、事業を進めてきました。
「川口加奈を育てたのはわしや」という方が
大阪の方々にいらっしゃるそうです。
誰に何をお願いするか、
ネットワークづくりは、何かを成し遂げるポイントですね。

hubchari5.jpg
第3部はトークセッション。
「共に生きる~幸せの地域デザインとは~」
川口さんにもオブザーバーとして参加していただき、
まちづくりに熱心に取り組んでいる4人の方が登壇。
2030年の函館はどうなっているかをもとに、
社会的包摂と課題、これから行政に求められる責任、
地域をどのようにデザインしていくか話し合いました。

川口さんを囲んでの交流会、
翌日の大沼ご案内も最高に盛り上がって、
川口さんは去りがたい表情で搭乗口に向かいました。

函館の市民力、地域力も感じていただけたと思います。

HUBchari女子大生 川口加奈と語ろう!社会のかえかた、地域のつくりかた

2013-09-15-Sun-23:09
はぶちゃりプロジェクト看板 - コピー
HUBchariで社会起業をした川口加奈さんを
函館に呼びたい!と
回りに声をかけてから3ヶ月~
6回のミーティングとメール会議を重ねて、
とうとう看板まで自前で立ててしまいました!
若い力の結集です!

10月26日講演会にぜひご参加ください。
『幸せの地域デザイン学
貧困から地域力を考える~幸せのつくり方~』

HUBchari女子大生 川口加奈と語ろう!
社会のかえかた、地域のつくりかた
講師:川口 加奈さん
(NPO法人Homedoor代表、大阪市立大学学生 22歳)
14歳でホームレス問題に出会い、ホームレス襲撃事件根絶を
めざして講演活動や100人規模のワークショップを開催。
大学2年生の4月、19歳で、任意団体Homedoorを設立、
ホームレス・生活保護問題に関する調査を開始。
雇用創出事業としてシェアサイクルHUBchariを企画、
現在11カ所で展開し、就労リハビリプログラムを受け
働いたものは累計52名にのぼる。 世界経済フォーラム
(通称・ダボス会議)Young Global Shapersや
日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013
若手リーダー部門に選出される。

日時/平成25年10月26日(土)13:30~17:00
場所/函館市青年センター 体育館 
   http://www.hako-youth.com/
   函館市千代台町27番5号(千代台電停下車徒歩1分)

参加費/一般 500円、学生 200円【学割価格】
(高校生以下無料、キッズコーナーあり)
チケット取扱/函館市青年センター
 函館市地域交流まちづくりセンター内 cafe Drip Drop
 中島れんばいふれあいセンター

プログラム
●情報提供 「生活保護受給者の社会的居場所づくり」
自立支援センター茜 竹花 郁子

●講演
「HUBchariでオーサカ革命 
  社会起業家として考えるこれからの地域福祉」
NPO法人Homedoor 代表 川口 加奈さん

●トークセッション 「共に生きる~幸せの地域デザインとは~」
オブザーバー:川口 加奈さん(NPO法人Homedoor 代表)
提言者:能登 正勝
    (NPO法人日本障害者・高齢者生活支援機構 理事長)
    荒木 明美
    (はばたきの会~道南・女性の自己実現を支援する会 代表)
    小川 佳也(㈲リバーマーケティング 代表)
    三浦 由貴子(海を渡った故郷の味会 代表)
    丸藤 競(函館市地域交流まちづくりセンター センタ-長)
進行:竹花 郁子(自立支援センター茜 センター長)

【お問合せ先】はぶちゃりプロジェクト(自立支援センター茜内)
       TEL:0138-34-6611

主催/HUBchariから地域力を考える函館プロジェクト
    (はぶちゃりプロジェクト)
共催/NPOワーカーズコープ茜・自立支援センター茜 
   函館市青年センター 
   NPO法人日本障害者・高齢者生活支援機構 
   中島町商店街振興組合
後援/北海道渡島総合振興局 函館市 函館市教育委員会 
函館市地域交流まちづくりセンター 函館市社会福祉協議会 
函館市町会連合会 函館弁護士会 函館司法書士会 
函館商工会議所 函館青年会議所 道南社会福祉士会 
一般社団法人北海道中小企業家同友会函館支部 
㈲リバーマーケティング 高齢協あかね  
はばたきの会~道南・女性の自己実現を支援する会  
海を渡った故郷の味会 北海道新聞函館支社 函館新聞社 
NHK函館放送局 函館山ロープウェイ㈱FMいるか 
NCV函館センター 協力/北海道コカ・コーラボトリング㈱

NPOまつり

2012-09-02-Sun-23:40
100年来の連続真夏日が続く函館、
暑い初秋に函館市民の熱い想いがあふれます。

函館市地域交流まちづくりセンター毎年恒例の「NPOまつり」に
ゴミ土楽の会の会員と共に参加し、
重曹を使って台所用品をぴかぴかにする実演し、重曹の沢山の効用を説明しました。

まつりは、昨年よりさらに参加団体が増え、多彩になってます。
函館の市民力全開!

そして
7日(金)は函館西部地区バル街、
9日(日)9条の会。
函館山のふもと、旧市街で食と音楽と交流を楽しみ、
平和と市民の権利を発信しましょう。

函館らしい景観とは? 函館市景観条例の見直し、 常盤坂の若き挑戦者

2012-02-25-Sat-23:05
21日夜、「都市景観形成地域の景観誘導施策の見直し(素案)説明会」が、
函館市地域交流まちづくりセンターで開かれ、
景観関係の6団会員や地域住民の方々約40人が参加した。

一昨年の二十間坂上のプラスチック像設置が景観破壊と全国的な話題となった。
(いわゆる「自由の女神像」事件)
市の撤去勧告に一度は応じたが、また同じ物を設置したままになっている。

現在の函館市都市景観条令には罰則規定がないため、強請撤去できない。
そこで、条例に罰則規定するなど検討が始まった。

今回、景観形成街路の設定、事前協議制度の導入、
罰則規定の整備、景観形成基準の見直し、
登録建築物の制度の導入を盛り込んだ見直し(素案)が示された。
また、屋外広告物条例に関しても、広告景観整備地区の指定、
事前協議制度の導入、届け出制度の導入が盛り込まれた。

日和坂の借り上げ市営住宅の高さ問題で闘った私としては、
建物の高さの連続性や調和を規定したい。
「八幡坂や二十間坂の沿道では、海水面の広がりや函館山の稜線を保存するため、
眺望的景観の広がりを圧迫しないよう配慮する」と、盛り込まれたが、
全部の景観形成街路で高さの調和を検討してほしいと要望した。

また、今回初めて具体的な色彩基準が設けられたが、
マンセル値による色相毎の彩度を規定しただけである。
地域毎に同一トーンか隣接トーンにすると規定したほうがよいと私は思う。

今後、説明会で出た意見について協議して、「条例改正案」を作成、
4月にパブリックコメント実施し、6月議会に条例改正案を議案とする
というタイトなスケジュール。
パブリックコメントの次点ではなかなか意見が反映されないと思う。
今からぜひ都市デザイン課に質問や意見を伝えてください。
℡:0138-21-3388

  * * * * * * *
翌日、徒歩で帰宅途中、ななかまどの美しい「常盤坂」を登り始めたら、
和洋折衷建築物の前で、懸命に雪かきしている若者がいた。
建物の入り口に「拝啓、常盤坂に家を買いました」との貼り紙。

ついインタビュー癖が出てしまい、声をかけ、家の中を見せていただいた。
常盤坂に家を買いました
函館に住んで10年になる建築家、
独立を目指して、西部地区で物件をさがしている時にこの家と出会ったという。

和洋折衷の外観を保存し、1階を事務所、2階緒自宅に改造中。
一部大工さんに入ってもらったが、ほとんど一人で作業しているそうだ。
2階奥の窓からは港もかいま見える、
物干し台をベランダにして花火大会を見られるかなと、私も想像が拡がる。

HP「拝啓 常盤坂に家を買いました」を右にリンクしました。
ビフォー・アフターをお楽しみください。

函館の歴史香る家を守ろうとしている若者にエールをおくってください。

函館市西部地区教育芸術祭

2011-11-10-Thu-23:45
今日午後に5年目となる教育芸術祭が、函館西中学校を会場に開催された。
園児から大学生までの地域で学ぶ子どもたちの熱演に、
PTAや町会の方々は拍手喝采。
子どもたちがお姉さんやお兄さんたちの活躍を見ることは、
励みになり、目標ももてるので、素晴らしい企画と思う。
芸術祭1 園児26名で 和太鼓「さあさあみんなでどっこいしょ」

芸術祭2 小学生3~6年165名 合唱「未知という名の船に乗り」

芸術祭3 中学校111名 全校合唱「山のいぶき」

芸術祭5 西高校吹奏楽局43名 
連続金賞受賞している吹奏楽局は4曲演奏
「マル・マル・モリ・モリ」でwは男女学生の踊りにつられて、園児も踊り出す。
「アフリカン・シンフォニー」、「ベイ・ブリーズ」は圧巻だった。
会場合唱は「ひょっこりひょうたん島」
吹奏楽局の演奏で園児がかわいいダンスを披露。

芸術祭 ロシア極東連邦総合大学 コーラス15名

9月11日それぞれの復興を希って~恒例の西部七町会運動会

2011-09-11-Sun-23:36
同時多発テロから10年、東日本大震災から半年経った今日、
未だに多くの人が深い哀しみと未来の見えない苦しみの中にいる。

せめて子どもたちには楽しい半日を過ごしてもらいたいと、
恒例の西部第一方面七町会「親子ミニ運動会」を行った。
雨の予報だったので、去年の1/3の参加者だったが、
幼児からおじいちゃんおばあちゃんまで一緒になって
玉入れや煎餅悔い競争など10種の競技に汗を流した。
ハイライトは町会別リレー、応援にも熱が入る。
一年ぶりの全速力グラウンド一周だったけれど、今それほど身体は痛くない。
日ごろのストレッチ体操の効果だろうか。

数年前から引き受けているな七町会育成部会長の仕事は、事前の賞品準備、
当日朝早く車で広報して回る、開会・閉会挨拶、実況放送。
「震災被害舎の方々に皆さんのパワーを届けましょう」
「来年も皆さんの笑顔がみられますように」

先ほど放送されたETV特集「アメリカ発・福島原発事故の深層」を観た。
重大事故はシュミレーションされていたという。

「福島第1原発に10mを越える津波が押し寄せる可能性がある」
という試算結果を2008年春にまとめていた。と先日東電は発表した。
「想定外だった」というのは嘘だったのだ。
なぜ3年前直ぐに安全対策を進めなかったのか。

NYで仕事をしていて10年前9・11テロに遭遇し、
函館にUターンした若い友人に、久々にメールを送った。
HOME NEXT