イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館はまだまだ面白い~はこだて国際科学祭

2010-08-25-Wed-09:10
科学祭1
色は生きるチカラ!
様々な色の野菜を摂って
例年になくむし暑い晩夏を乗り切りましょう!

イベント続きの熱い夏がすぎても、函館はまだまだ熱く面白い。
はこだて国際科学祭が21日から始まり、
「食の未来を函館から考える」をテーマに、
科学屋台、キッチンサイエンス、クイズラリーなど
親子でもカップルでも一人でも楽しめて科学に近づける催しを
29日(日)まで、市内各地で展開している。

女性対象のピンクリボンキャンペーンをご案内。
「ピンクリボンつながる~乳がんと生きて~上映会」
サイエンスシアター「第51回科学技術映像祭」入選作品上映会
HTB生命の輝きスペシャル
8月26日(木)11:00~12:30
函館市青年センター1階いすずカフェ
講師:阿久津友紀さん(HTB北海道テレビ放送)
参加費:飲料代

まちづくりセンターで開催中の
‘おいしく、食べる’の科学展は必見!
科学祭3
科学祭2

インターネットのバリアフリー

2010-01-13-Wed-01:32
課題山積で余裕ない状況なのですが、
それでも見入ってしまいました。NHK「プロフェッショナル」。
「わたしはあきらめない。
海外でも注目・全盲の女性研究者が挑戦するネット革命」
不屈の研究者、浅川智恵子さんの一言一言が心に響きました。
浅川さんは追手門大学英文科を卒業後、プログラミングを学びIBM入社、
2004年東京大学工学系研究科先端学際工学専攻 博士課程修了、工学博士となる。
日本語デジタル点字システムや ホームページリーダーを開発した。
昨年から、日本からは3人目となるIBMの最高技術職であるIBMフェロー。
14歳の時に事故で失明してからのキャリア形成だ。
「あきらめなければ 道はひらける」と言い切るが、
どれほどの苦しみを乗り越えてきたことでしょうか。

浅川さんの開発した音声によるネット情報ソフトは、
目のみえない人ばかりではなく、
世界中の文字を読めない貧困層の人々にも希望を与える。

できることが制約される人生を歩まざるをえなかった
浅川さんの夢は、
誰もが能力を発揮できる社会。

ユーザーがわくわくできる構想を部下が自ら引き出すまで待つ。
あらゆる仕事につながることでしょう。
再放送があると思うので、ぜひ見てください。

男女共同参画局のHPチャレンジサイト~研究部門でも紹介されています。

はこだて科学寺子屋

2009-12-12-Sat-21:12
「はこだて科学寺子屋」の予定です。
地域の科学コミュニケーション活動を支える人材育成の講座です。
寺子屋に入門して、
2010年科学祭のサポーターになりませんか。

1. 2009年12月20日(日)13:30~15:00
「新聞記者さんに聞く、地域メディアの話」
  会場 はこだて未来大学
  参加費無料 12/18申込締切
 講師 新目七恵 さん(函館新聞記者)
    大原智也 さん(北海道新聞記者)

2. 2010年2月14日
  科学パフォーマンス講座(仮題)
  講師 渡辺儀輝 さん(市立函館高校教諭)

3. 2010年2月上旬
  函館でのフェスティバル運営(仮題)
  講師未定

申し込み・お問い合わせは
サイエンス・サポート函館事務局
電話:0138-34-6527(10:00~18:00)
HOME