イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

女子高生のリアル~仁藤夢乃さん函館で語る

2016-12-03-Sat-23:22
img001.jpg nito5.jpg    IMG_1586.jpg

今年度4月から入居者を 女子のみとして
新体制で際スタートした自立援助ホーム「ふくろうの家」を
多くの方に理解してもらいたいとの目的で、、
ホームを運営しているNPO法人青少年の自立を支える道南の会が
仁藤乃さん講演会を11月29日に主催した。
・講演「女子高生のリアルを語る 
             ~すべての少女に「衣食住」と「関係性」を~

孤立する少女達を性的搾取からどう守るのか、
地域でどのように支援していくのか、
社会全体で取り組む必要性を共に考えるために、
各分野の方にご案内した。
当日は約110人の参加者が、
自身の体験を基にした仁藤さんの語りに引きこまれた。
児相、警察、市役所、からトップの方をはじめ数人づつ、
大学、高校、小中学校の先生、病院(医師、看護師、MSW)、
乳児院、児童養護施設、障がい者施設職員、
弁護士、司法書士、社会福祉士、臨床心理士、調停委員、
保護司、補導員、検察事務員、人権擁護委員、市議会議員、
青年センター、まちづくりセンター、子どもセンター、児童館、各館長
中高生の親、中学・高校生、
市民活動(シェルター活動、CAPスペシャリスト、傾聴ボランティア、
自死遺族支援、デートDV防止活動、ホームスタート、
性と薬物を考える会、子ども食堂、貧困問題を考える会など)、
仁藤さんの講演後、
中学校でのデートDV防止活動、、
自死遺族のつどいと子どもの「グリーフサポート
について、各団体から発表。
その後、道警函館方面本部小笠原和美さんが、
函館・道南SART(性暴力被害対応チーム)立ち上げを、
自作のムービーを流して訴えた。
主催者からは、少女達の居場所となる、
自立援助さらなる連携を呼びかけた。
函館の早いアクションにエールをいただいた。

仁藤夢乃さん
女子高生サポートセンターcolabo代表。1989年生まれ。
中学生の頃から「渋谷ギャル生活」を送り、高校を2年で中退。
その後、ある講師との出会いをきっかけに
農業、国際活動にふれボランティア活動を始めた。
明治学院大学に進学。2013年に『難民高校生』を出版。
現在声をあげることのできない少女達の声を聴き
「若者と社会をつなぐきっかけの場づくり」事業を展開し、
少女たちの自立支援を行っている。
全国各地で講演多数。著書『難民高校生』『女子高生の裏社会』
2015年より、第30期東京都青少年問題協議会委員を務める
2015年度エイボン女性年度賞を受賞
日経ビジネス「時代を創る100人」に掲載


ふくろうコンサートvol10

2016-10-17-Mon-09:50
fukurouvol10.jpg fukurouvol10b.jpg

fukurouvol10c.jpg

昨日16日、爽やかな秋晴れの午後、
自立援助ホーム「ふくろうの家」サロンで
ピアノとヴァイオリンのデュオコンサートを行いました。
お客様は40人くらいと予想していたのですが、
何とその2倍の80数人!
国際的にも大活躍していらっしゃる伊藤亜希子さんと烏野さんの
ダイナミックな演奏とあたたかい語りに
皆さん魅了されていらっしゃいました。
ホーム利用者も看板作成の準備やプログラム配布を積極的に手伝い、
また多くの方に自立援助ホームを知っていただく
良い機会となったと思います。
春からの再スタート、試行錯誤で運営してきましたが、
困難を抱える少女達のための居場所として、
ていねいな支援をしていこうと、
スタッフ一同いっそう気持ちを強くすることができました。
伊藤さん、烏野さん、ご来場ださった皆さま
有り難うございました。

『地域で支える社会的養護の子どもたち』

2016-05-25-Wed-07:55
全国フェミニスト議員連盟の
 2016年度総会&記念講演会が開かれます。
『地域で支える社会的養護の子どもたち』
講師
・和泉広恵さん 
 日本女子大学人間社会学部准教授(専門:家族社会学)
 NPO里親子支援のアン基金プロジェクト理事
・高橋亜美さん アフターケア相談所 ゆずりは所長

少子化の日本では、
子育てを中心としたコミュニティの形成が求められます。
日本における社会的養護の目指すべき姿とは?
必要な政策は?
家族観、里親養育の課題、脱施設化を進める諸外国の事例、
施設退所後の支援活動の現状など、お話いただきます。

日程 2016年5月28日〔土〕    
会場 日本女子大学 目白キャンパス
 百年低層棟2階 206号室
JR山手線目白駅下車15分
東京メトロ雑司が谷駅下車8分

総会 13:00~14:00
講演会 14:15~16:30
資料代 500円
※総会は会員でない方も傍聴いただけます
当日の申込みも可能ですが、事前にご連絡を。
全国フェミニスト議員連盟事務局
〒253-0003 茅ヶ崎市鶴が台14-5-202 (小磯)

ふくろうの家再スタート

2016-04-26-Tue-08:27
4月22日にNPO法人青少年の自立を支える道南の会の
総会を無事終えることができました。
昨年の秋から、28年度は休止かと協議されたのですが、
皆さまのご協力のおかげで、
4月からも何とか運営を続けています。
ご心配をおかけしたことをお詫びすると共に、
沢山のご意見や情報提供、
あたたかい言葉や差し入れやカンパを戴きまして、
心よりお礼申し上げます。

雛祭りin「ふくろうの家」

2016-03-03-Thu-23:42
雛祭りは、もともと女の子ためのお祭りではなく、
邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式だったとか。

青少年自立援助ホーム「ふくろうの家」では、
恒例の雛祭りを、
新しくスタッフとなるOさんの手作り料理でお祝いしました。
hinamatsuri1a.jpg    hinamatsuri2a.jpg
昨年秋に4人の少女が自立したため、
現在のホーム利用者は一人だけ。
お内裏さまの前に並ぶ折り鶴は彼女の作品、
一番小さい鶴はピンセットと爪楊枝で折ったものです。
仕事から帰り夕食が終わると、
韓国ドラマを観ながらロングマフラーを編むのが楽しみのようです。
食卓に並んだ折り紙のお雛さまは、
函館認知症の人を支える会会員からのプレゼント。

女性スタッフが見つからず、ふくろうの家休止もやむを得ないと
昨年末に会員、関係者にご相談し、ご心配をおかけしました。
母の葬儀や諸々片づけを終えた1月末、、
通信の福祉大学卒業を目前にして、
どこからか「ふくろうの家を続けなさい」との声が聞こえたような気がしました。
これまで女性や子どもの権利のために活動してきたことを活かし、
利用者を女子のみとして、女性スタッフによるサポートという
新たな体制で新年度から取り組む予定です。
ご協力よろしくお願いします。




北海道初の「ホームスタート」開始

2014-12-06-Sat-23:25
ホームスタート (荒木あけみさん撮影)
今日の函館は一面真っ白、朝は一番の冷え込みでした。
でも今日参加した講座のおかげで、心はほんわりあったか。
子育て支援グループ「マミーズフレンズ」主催の子育て応援講座です。
会場には赤ちゃんや幼児をだっこしたママたちが沢山参加。
小学生も大人と一緒に机に向かっています。
それだけでも顔がほころんできますが、
マミーズフレンズ代表の風間さんの気遣いや
おもてなしの心が随所に行き渡っていて、
会場には希望の花が沢山咲いているように感じられました。
第一部は、家庭訪問型子育て支援・ホームスタートの事業説明。
英国で40年前に始まったピアサポートで、世界22カ国で導入されています。
函館は日本国内で69番目、北海道では初めて!
子育て中は迷いや不安な気持ちになることも多くあります。
私も外国での3人の子どもの出産・子育ての時には、
大勢の方々に助けていただきました。
ホームスタート、とても大切な事業なので、各地で拡がることを願ってます。
色育 (荒木あけみさん撮影)
第二部は、「色の力で子育てを楽しく」。
講師はカラーセラピストの福田るみ子さん、
カラーで親子コミュニケーションを大切にする講座です。
幼稚園、保育園の先生を15年間勤められた福田さんは、
さすが、子育てママの気持ちにぐぐっと寄り添った話し方です。
引き込まれました。
「自分色に染めない」このフレーズはデートDV防止出前授業に活かせそう。

私はUターンした20年前から短大で衣生活論や女性学を教えてきましたが、
必ず、色彩論をいれていました。
20代の時に出会った、
フランスの色を研究してらした山田夏子先生の影響が大きいと思います。
学生たちが色をもっと楽しんで資格取得につながればという願いがかなって、
8年ほど前からカラーコーディネート専門の授業となりました。
高齢者福祉や食産業での色活用を多く話していたのですが、
「色育」という言葉を2年前にネットで知って、
保育や教育関係に進む学生にも参考になる講義を入れています。
今日の福田さんの講演からは沢山のヒントを戴きました。

「未来を担う子ども達がイキイキと輝くには周囲の大人が変わること」
福田さんのお話を聴き生き方を見て、輝く女性たちが増えていくことでしょう。

子どもの日に三つのお願い~柴田成さんギターリサイタル

2013-04-30-Tue-23:24
リサイタルチラシ

柴田成さんが子どもの日にギターリサイタルを開きます。
昨年、青少年自立援助ホーム「ふくろうの家」で演奏してくださった後に、
クラシック演奏をぜひ聴きたいとの声が高まり、
今回の開催となりました。

曲目は、セビリヤーナ幻想曲など5曲ほか、
歌とマンドリン合奏があり、
バリトンは不京真一さんが出演します。

チラシには、
「子どもの日あたり三つのお願い」が書いてあります。
・子どもをほめて才能を伸ばそう
・いじめをなくそう
・虐待やDVをなくそう
美しい調べに包まれて、この思いを共有しませんか。
ぜひ会場へ足をお運びください。

2013年5月5日(日)午後2時開演
函館市市民会館小ホール
入場無料
主催 マンドリン合奏団「グラシアス」
HOME NEXT