FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「かよわくて きっとつよい~今日の一歩 踏み出す勇気」

2019-07-31-Wed-21:13
2019cf.jpg 閉会式 石倉亜矢子大会長のご挨拶
日本子ども虐待医学会第11回学術集会が7月27,28日に
函館で開催されたので参加した。
虐待対策に取り組んでいる医療関係者が
全国から600名以上集まり、20分刻みで発表がなされ、
各地で先進的な取り組みがなされていることに感動した。
基調講演は田中康雄さん(こころとそだちのクリニック むすびめ)
「居る つながっている 会える~かかわりつづけることに意味がある」
特別講演①は友田明美さん(福井大学 子どものこころ発達研究センター)
「マルトリートメントによる脳への影響と回復へのアプローチ」
教育講演は「虐待の画像診断」小熊栄二さん(埼玉県立小児医療センター)
と、「法医学から見た損傷所見の採取」猪口剛さん(千葉大学法医学センター)
特別講演②は「トラウマ・インフォームド・ケア」
白川美也子さん(こころとからだ 光の花クリニック)
最終日には市民公開講座
「つながりを求める少年少女~SNSの光と影」
講師はBondプロジェクト橘ジュンさん と
ライトハウスの坂本新さん
友田医師、白川医師の講義の中で
マインドフルネスについて話されていたので、
私の目指す方向の後押しをしていただいたようで嬉しかった。
前日には福岡県警少年育成指導官の安永智美さんによる
学習会にも参加した。
福岡では警察と教育委員会と児童相談所が
ワンフロアーにあり密な連携がなされているという。
今回の大会長は函館中央病院の石倉亜矢子医師(小児科)。
虐待について勉強する会を4年前から児相と一緒に 始め、
現在は「チャイルドファースト」として100名近くの関係者が
2ヶ月に1回学び合っている。
つながれば、この地域はきっとつよい。
石倉さんの熱い思いは参加者全員に伝わったはずだ。
実行委員の皆さま、充実した学術集会を有り難うございました。


芽吹き

2018-04-08-Sun-07:45
新年度も早一週間過ぎてしまいました。
入学、進級、入社、異動、転勤、
4月は新しい環境に胸はずませ、ちょっぴりとまどってる方も
多いのではないでしょうか。
ご家族や周りの方も本人の健康に気を遣ったり、
新たな人間関係を聴いたり、励ましたり、
寄り添うのにエネルギー必要と思います。
そんな時は近所のお散歩お勧めです。
見慣れた風景でも、ちょっとした発見にワクワクします。
小さな小さな芽がひょこっと顔を出したりしていて・・・

『15歳、ぬけがら』から子どもの貧困を考える

2018-02-18-Sun-05:12
『15歳、ぬけがら』の著者、栗沢まりさんと語る会を
函館で3月10日に開催します。
この本が投げかけるテーマ、子どもの貧困問題について、
私たち大人に何ができるか後に、
函館市子どもの貧困調査中間報告、
子ども食堂や学習支援などの取り組みをしてる方々の
リレートークも予定しています。、
DSCN3733.jpg
日時:平成30年3月10日(土)10:00~11:45
会場:函館市中央図書館2階大研修室
参加無料 定員50名(要申し込み 電話0138-54-6844)
主催 NPO法人青少年の自立を支える道南の会 
   自立援助ホームふくろうの家

『15歳、ぬけがら』

2018-01-31-Wed-23:31
15歳 ぬけがらi   『15歳、ぬけがら:』栗沢まり著 講談社 2017年
公園の公衆トイレで顔を洗う女子中学生だなんて、
死んでもばれたくない!
泥沼のような貧困を生き抜く少女を描いた話題作。
講談社児童文学新人賞佳作受賞。
選考委員那須田淳氏
「この作品が投げかける問題提起から逃げてはいけない。
貧困を知らない人たちにこそ届けたい」

昨年、ふくろうの家利用者が勧めてくれた一冊。
図書館から借りたけど、
すっごく気持ち分かるから読んでみて、と。
その夜読み終わって直ぐに、
著者の栗沢まりさんに会いたいと思い、
児童文学会のメアドを探し出して、連絡した。
ほどなく、栗沢さんご本人からメールをいただき、
札幌でお目にかかるアポをとることができた。

この本に込めた想いを伺い、
函館の皆さんにぜひお話いただきたいとお願いした。

3月10日10時~、函館市中央図書館で、
栗沢まりさんの講演会行います。



故畑中栄子さんに見守られて~アリスの贈り物

2017-12-01-Fri-21:32
IMG_1826.jpg
ふくろうコンサートvol11には約60名のお客様をお迎えしました。
ご参加有り難うございました。
ル・ラピスの3人の演奏者が
「Sing」などカーペンターズの曲や
映画「ニュー・シネマ・パラダイス」挿入曲のメドレー、
浅田真央選手がフリーに使用する曲としても注目を集めた
名曲「チャルダッシュ」など十曲を披露。
会場は割れんばかりの拍手が鳴りやみませんでした。

今回ル・ラピスに演奏していただけたのは、
ピアニスト畑中佳子さんのお母様
故畑中栄子さんとのご縁です。
栄子さんは読み聞かせグループ「アリス」を主宰なさってました。
私はアリス設立(1992年)当時の初めての会員で、
以来、栄子さんのしなやかな精神と行動力に惹かれて
活動してきました。
「大人が子どものために選んだ絵本を心を込めて語る。
語られた記憶は褪せることがない。
子どもが大きくなって困難にぶつかった時、
子ども時代に愛されていた自分がいたことを
思い浮かべてもらえたらと願っている」と
栄子さんはいつも静かに力強く語っていました。
アリス10周年記念講演のことを思い出します。
栄子さんがあたためていた企画をを実現させたのです。
それは
クレメンス・ブレンター作、池田香代子訳『ばらになった王子』に
朗読とピアノ2台とソプラノのための組曲として
新たな命吹き込むことでした。
栄子さんが考えた構成に基づいて
当時道教育大教授の佐々木茂さんが作曲し、
アリス誕生10周年記念「大人のための絵本講座
~言葉は子どものために 意味は大人のために」
を開催、芸術ホールを満席にしました。
「大人が児童文学に関わる、それは自己を再読することである。
幸せな子ども時代を過ごした者も そうでない者も」
(猪熊葉子白百合大元教授)

ふくろうコンサートの時、サロンの片隅に
栄子さんのあたたかい眼差しを感じていました。

ふくろうコンサートvol.11

2017-11-01-Wed-05:10
ル・ラピス写真
青少年の自立を支える道南の会では、
恒例のふくろうコンサートを開催します。
今回はル・ラピスの畑中桂子さんがご協力してくださいます。
お気軽にご参加ください。
日時:2017年11月12日(日)
午後2時開演(午後1時半開場)
会場:ふくろうの家サロン

当日のプログラム(予定)
Sing、Top of the world、ニュー・シネマ・パラダイス
リベルタンゴ、Ave Maria(カッチーニ)
風になる(猫の恩返し)、ひこうき雲
チャルダッシュ 他
Le Lapis (ル・ラピス)
12月に結成されたヴァイオリン・カルテット。
12月の誕生石「ラピスラズリ」が名前の由来。
クラシックからポピュラー、スタンダードジャズ、ジブリ、
ボサノバ、映画音楽、日本歌謡まで幅広いジャンルを
カヴァーし、クラシックな奏法にジャズテイストを織り交ぜた
ラピス風のアレンジで、ホテルのロビーコンサート、
バル街、イベント出演など、函館での活動を展開中。
今回はカホンのないバージョンで、
3人のアンサンブルをお楽しみ下さい。

ピアノ 畑中 佳子 (はたなか よしこ)
ヴァイオリン 佐藤 亮 (さとう あきら)
ウッドベース 吉村 徳泰 (よしむら のりやす)

自立を余儀なくされる子どもたち

2017-07-31-Mon-23:46
7月28日北海道弁護士大会が函館で開催され、
『自立を余儀なくされる子ども達』をテーマに、
ゆずりはの高橋亜美さんが、
アフターケア事業について基調講演。
続いてのシンポジウムでは、私も登壇して、
青少年自立援助ホームについて話しました。
道内約400人の弁護士の方々に、
自立援助ホームを知っていただく機会をいただき
感謝してます。
子どもたちの未来のために、
よりいっそうの連携をと訴えました。
HOME NEXT