FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

アイリッシュの風  一期一会

2019-07-15-Mon-22:49
DSCN4011.jpg
ICHIGoICHIeライヴ第二弾
アイリッシュミュージック
圭帆&THE HOLY GROUND
ゲストPhoka
どこかなつかしく
こころの深いところにふれてゆく
大勢の子どもたちがじっと聴き入っていた。

DSCN4008A.jpg
ご自宅に上がる階段壁には、
オーナーご夫妻の似顔絵が!
画家エドツワキさん(原田知世さんの元夫)が描いてくださったそう。

地球の風と一期一会

2019-05-19-Sun-23:30
ライブ
ギャラリー&フリースペースICHIGoICHIeの
こけら落としライブに行って来ました。
サカキマンゴーさん演奏
http://sakakimango.com/safari/
アフリカの親指ピアノに魅了され、
蔵を改造した1階スペースの壁をとりまく、
オーナー山田健太郎さんの作品「アジアの子どもたち」に
心奪われました。
兼高かおる世界の旅に憧れて、
世界を回る計画を立てていた17歳の私を思い出しながら。

古伊万里植物図鑑展

2018-09-19-Wed-23:57
toguri.png
ジェロントロジー(老年学)の3日間スクーリングを受けに
東京に行って来ました。
今回は私的にも大切な用事があったのですが、
その合い間をぬって、戸栗美術館を訪れることができました。
展示も素晴らしかったのですが、
大邸宅の建ち並ぶ閑静な松涛地区にあり、
庭園を眺めながらゆったりした時を過ごせる
素敵なたたずまいでした。
古伊万里植物図鑑展は22日まで。
「鍋島と古九谷~意匠の系譜~展」は
10/5~12/22開催されます。

新宿の文化服装学院を卒業して直ぐに勤めた
アパレルメーカーは松涛地区にありました。
邸宅街を見ながら渋谷駅まで歩いた
約半世紀前の日々を思い出しました。

市民歌舞伎「白浪五人男」

2015-02-15-Sun-22:06
今日は「初春巴港賑(はつはるともえのにぎわい)」が
市民会館大ホールで賑々しく行われました。
kabuki.jpg
kabuki2.jpg((写真は、荒木あけみフェイスブックから転載)
函館市内各界の市民が出演する歌舞伎公演、
口上には、函館市長、国会議員が登場。
「大間原発は必ず止める」と宣言し、
会場から大きな拍手が沸きました。

友人の荒木あけみさんは「白浪五人男」赤星十三郎役。
5人の盗賊の中では、上品で女性らしい所作の美少年だそうです。
さすが、3才から日本舞踊を習った名取り、
立ち姿が堂々としていて、優雅なせりふ回しでした。
自ら演じて、函館の文化・芸術を担い、
街を元気にしてくれる人と確信しています。

他の演目の役者さんたちも素晴らしい演技、
私は特に義太夫の語りに感動しました。

これからも市民の皆さんで市民歌舞伎を盛り上げていきましょう。
全国の皆さん、海外の皆さまもぜひ観にいらしてください。オススメです。

「初春巴港賑」 函館市民が演じる!魅せる!本格歌舞伎

2015-02-10-Tue-22:56
kabuki.png
市民が演じる本格歌舞伎「初春巴港賑(はつはるともえのにぎわい)」
第37回公演が近づいてきました。
友人の荒木あけみさんが「白浪五人男」に出演するので、
応援に行きます。とっても楽しみです。
新春恒例、37年も続いてるのは、函館の文化度の高さでしょうか。
2月15日(日)午後1時開演
函館市民会館 大ホール
入場料2,000円
演目は:*口上
     *仮名手本忠臣蔵
     *白浪五人男
     *碁盤太平記 山科閑居
     *義士外伝 大石東下り
市民が魅せる!本格歌舞伎
ぜひご覧ください。

ポーセリン作品展~日和茶房ギャラリー

2014-09-15-Mon-18:36
DSCN2061 - コピー DSCN2062 - コピー
八木匡子さんのポーセリン作品展が大好評。
毎日大勢のお客様が優美な作品に魅了されています。
八木さんが丁寧に説明してくれますので、
ぜひお出かけください。
日和茶房で、9月23日までです。
お見逃しなく。

八木匡子さん磁器上絵付作品展~故郷の函館で初めての個展開催

2014-09-01-Mon-22:29
八木さん個展写真1
ポーセリン作家(磁器上絵付)の八木匡子さん(旧姓酒谷)が、
故郷の函館で初めての個展を開きます。
会場には有形文化財の日和茶房を選びました。
落ち着いた雰囲気の中で素敵な磁器を鑑賞して頂けると思います。
文化の秋、ぜひ日和茶房を訪れ、
西部地区の散策も楽しんでください。
会期:9月13日(土)~23日(火)10:00~17:00
    (17日(水)は定休日)
会場:日和茶房(ひわさぼう)ギャラリー
    函館市元町32-10  ℡:83-6651

現在は東京在住でアトリエ・フルーレットを主宰しています。
昨年は、祖父ゆかりの金沢で作品展を開催し評判となりました。
匡子さんの祖父は、5代目酒谷小三郎、函館経済界で活躍し、
画家としても帝展に北海道在住者として初めて入選、
中央で活動の場を拡げ、
葬儀には親交の深かった武者小路実篤が友人総代を務めた。
と、函館博物館の資料にありました。

実は、匡子さんは小学校から高校まで同期で、
赤毛のアンの感想文が素晴らしかったので声をかけて以来、
半世紀親しくしている友人です。
NHK朝ドラマ「花子とアン」を観ながら当時のことを思い出しました。
お家には本物のフランス人形や素敵なティーセットがあり、
彼女の家で私は初めてプリンの味を知りました。
    
HOME NEXT