イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ワッッショイ!明日から港祭り

2007-07-31-Tue-10:33
明日1日は、恒例の嘉兵衛の妻「おふさ」役で箱館開港パレードに参加します。
15:15高田屋嘉兵衛銅像前で出発式~ここでご挨拶
十字街を通り、末広町からカリフォルニア・ベイビーの前を通り、
西波止場へ
17:00 特設ステージで「箱館港歴史セレモニー」の始まりはじまり~
    歴史劇にも出演!セリフもあります・・・アドリブで
花火大会早めに来て、歴史劇見て下さいね。留学生たちも参加してます。

小田実さんのご冥福をお祈りします

2007-07-31-Tue-09:51
世代は違うけど、私も「何でも見てやろう」に触発され、飛び出し、放浪しました。
参院選に立候補した山口たかさんから、「開票作業中に小田実さんの逝去の連絡をうけました。なんだか、この選挙を見届けてから旅立たれたように思います。自民敗北はよかった、でも、お前は勝たなあかん!
とかいわれそうでした。うれしい報告をとどけることができなくて
残念です。これからのことは、少しゆっくり考えます.」と昨日メールがきました。
明日から、唯一の被爆国として平和を願う8月です。

「世界がもし100人の村だったら」の池田香代子さんから転送依頼のメールが来たので、載せます。
     * * * * * * * * 
池田香代子です。
転送歓迎、ではなく、ぜひ転送をお願いします。
心あるディレクターが、若者向けに、平和をテーマにした番組をつくりました。
「ピースTV ~ボクらのピースを探す旅~」
8月1日(水)19:30~19:55 NHK教育
出演:ふかわりょう、仲里依紗(女優)、池田貴史(ミュージシャン)
沖縄戦のひめゆり学徒隊の生存者から、その体験を受け継ごうとする若者たちの話だそうです。
「平和学習の一環として授業で活用していただいたり、生徒さんやまわりの方に勧めていただけるとうれしい」とのことです。
反響次第で定時化するそうです。
ごらんになって、ぜひご意見ご感想をNHKにお寄せください。

渋谷駅前はすご~い熱気でした!

2007-07-29-Sun-17:22
25~28日の4日間、我孫子市、東京、武蔵野市に出張してきました。
予算編成時からの公開、決算書の読み方など財政について学びました。
夜は、北京JACの学習会「子どもと日本を応援する日本重点戦略検討会議中間報告を読み解く」に参加したり、岩波ホールで羽田監督のターミナルケアのドキュメンタリーを観たり、ランチは現地の議員と情報交換と、またまた目いっぱい走り回ってきました。なにしろ1年ぶりの市外での研修と視察だったので、異常な暑さにばて気味になりながらも過密スケジュールをすべてクリア。
万歩計の数字は1日平均2万5千~函館ではせいぜい5千ですから、いかに車社会か~
東京は最高気温、選挙最終日の熱気も最高!
28日土曜日4時前、羽田空港へ向かうのに渋谷駅前に降りると・・・
選挙カーが7台、3党が声をはり上げている。1台は大きな人形が「○○○に投票しよう」と歌い続け、4台は同じ党の比例代表者たちの車が集合し「ただいま代表の白い選挙カーが参ります」。別の党の2台は場所が空くのを待ちながら、群衆に語りかける。 若者は大半がおもしろキャラねらいで、人形と候補者を一緒にシャメしてる。演説はあまり聞いてないみたい。若者が使い捨てにされてる今、近い将来戦場へ送り込まれることのないよう、しっかりと見定めて今日は投票に行ってほしい。
皆さん、まだ間に合います。まわりに投票を呼び掛けて下さいね。

i入舟スポーツ少年団室蘭との交流試合30周年

2007-07-25-Wed-03:31
22日小雨降る朝、室蘭本輪西ジャガーズとの交流試合の冒頭、お祝いのご挨拶をしました。30年も続いたのは関係者の努力のたまもの。この日も朝早くからグランドのビニールシートを敷いたり準備してました。
地域での地道な活動に、市はもっと協力すべきではないかと感じながら・・・
この日の、虹と夢祭りやフランス大使歓迎会の報告は後日に・・・これから出張準備するので。

投票に行きましょう!!

2007-07-25-Wed-03:17
29日は参院選の投票日です。
日曜日忙しい方は、市役所で今投票できます。
選挙はいつも大事だけれど、今回は特に、国の方向が変わる大事な選挙です。
参院選は分からない、面倒という声を多く聞きます。
子どもたちを戦場に送り出す国にならないよう、しっかりと選挙公報を読み込んで選んでください。
あなたの1票で、平和な暮らしやすい社会に変えることができるのです。

iやっぱり変!ガラス箱に306万円!

2007-07-25-Wed-02:53
市役所正面左手に完成したガラス箱が喫煙室だとお知らせしましたが、
いつ決定されたのか、予算書を見たけれど分からないので、総務に聞きました。何と、庁内維持修理費総額の中に含まれているので全然見えないまま、2月定例会通っているのです。
今ある喫煙コーナーの撤去費も入れて306万円かかている!
各階喫煙コーナーの経費が毎年約400万円。
私は昨年12月に庁内全面禁煙を提言もしてるのだから、喫煙室設置決定する前に、説明があるべきではないでしょうか。
このシステムでは、予算チェックできないし、市民の皆さんに説明もできない・・・かなり怒り悩んでいます。金曜から「予算・決算」に間する学習会に参加するので、よ~く研究してきます。
元市管理職いわく~私は議会質問に出たことはその後の経過報告などしてましたよ~

朝のラジオ体操はじめま~す

2007-07-24-Tue-06:19
今日から小中学校は、待ちに待った夏休み!
第二船見町会育成部長をしてるので、ラジオ体操のお姉さんをはじめま~す。
この地域はほんとに子どもが少なくなって・・・何人来てくれるかしら・・・今年から大人にも呼びかけてます。
遠くからでも是非ご参加下さい。皆勤ご褒美がでますよ。
今日から7月末まで、日曜休み。6時半から高龍寺前です。
では、行ってきま~す

あなたt自身が、あなたの街である

2007-07-22-Sun-02:14
『ハコダテの再生を考える』学習会に参加した。
10分間で世界1周、都市人口を階段状に表した世界地図の映像に吸い込まれてしまった。
世界中の都市再生の現場を調査してきた建築家の太田浩史さんが講師。
シビック・プライドを醸成すること~函館は市民力のある街と思う。
思いこんだら一筋、どんなに困難でもやり遂げてしまう人がたくさんいるでしょう。野外劇だって、バル街だって、一人の熱い思いからみんなで楽しみ大きく拡がった。いい街ですよね。
もっとお知らせしたいのですが、6時まで眠ることにします。今日は室蘭市との少年野球交流試合に始まり、虹と夢祭り、旭岡の家でフランス大使歓迎会・・・とスケジュールびっしりなので。

『函館 野外劇』の成人式おめでとう1!

2007-07-20-Fri-10:20
五稜郭を舞台とした『函館野外劇』の20周年を記念して、昨日フォーラムが開催された。発案者のグロード神父は20年続いたのは、函館の人の良さ、みんな親戚のようだ。野外劇は愉快だ。子どもからお年寄りまで一緒に汗を流す教育の場ともなる」と熱く語った。
グロード神父の情熱は二十数年前と変わらない。いや、身体は弱くなったけれど、その炎はますます激しくなっていると思う。
私は、パリでグロード神父に出会って、函館にUターンを決めたようなものだ。私はその頃パリに住んで12年、仕事も順調で、3人の子どもたちはフランス語の方が得意、故郷の函館は大好きで世界で一番美しい港町と会う人ごとに自慢していたけれど、こんなに早く「帰る」ことになるなんて思っていなかった。
二十数年前、グロード神父が函館の方たちを引き連れて、ル・ピドユフの野外劇を見学にいらしたときの出会いは、今も心に焼き付いている。こんなに函館を愛しているフランス人がいることに衝撃を受け、胸がいっぱいになった。
函館野外劇の第1回には、貯金を全部はたいて、幼児二人の手をひき、6ヶ月のべべを胸に抱えてパリから観に馳せ参じた。観た翌日は端役で参加した。パリに戻ってからはパリの日本人ミニコミ誌に「日本初の大スペクタクル」と書いた。
1年ほど前に、北海道人会「ポプラ会」を立ち上げていたので、その会報でも報告した。ポプラ会も二十歳、函館とフランスの深い歴史的つながりを、函館日仏協会の方から聴いたのが発足のきっかけともなっている。(ポプラ会のことはまた次の機会に・・・)
函館にUターンしてからは、野外劇に毎夏一家で参加し、道内外や国外の親戚、友人、知人を案内した。皆さん絶賛してくださってファンは拡がっていった。
一人から始まる!一人の熱い思いは必ず拡がると、グロード神父からいつも学んでいる。そして愉快に!
フォーラムで、西尾市長は「隼恒久的仮説舞台」に向けて市も協力したいと述べた。
国際的スペクタクルを目指してジャンプする成人の野外劇、市民皆さんで応援しましょう!
校長先生の「知恵の予算」で、全市の子どもたちが観劇と参加体験できるといいですね

市役所1階にガラス箱!?

2007-07-18-Wed-02:49
市役所正面入り口の向かって左手に巨大なガラス箱を建設中。
市長室?いよいよ1階で市民の皆さんと直接対話を~ガラス張りの市長室?のわけないか。喫煙室だそうです
現在は右手に喫煙コーナーが設置されている。近くにあるトイレや赤ちゃん休憩室の利用者が不快に感じている、ぜひ庁内全面禁煙にと、以前に私は議会で提言しましたよ。函病や学校は全面禁煙になってるでしょう。本庁舎の職員だけ堂々とたばこを吸えるのです。同じ公務員なのに、不平等では・・・
しかも、市役所の顔ともいえる正面玄関ですよ~
市は、市民には愛煙家も多いので市民サービスといいますが、
市民の健康を考えるのは役所でしょう。
公共施設全面禁煙の方向なのに、逆行してますよね。
市民の皆さんのご意見を聞くこともなく、1階の喫煙室廃止を提案した私にも一言の知らせもなく、ある日突如、出現する巨大なガラス箱!

台風が去ったと思ったら、大地震!

2007-07-17-Tue-03:01
被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。

『ガーダ』をYWCAたそがれピース館で観てきました。
世間体や古いしきたりに反発する若いガーダ、死と隣あわせの生活の中で、大戦を知る女性たちの聞き書きを残し、子どもたちの教育に情熱をかけるガーダ、たくましい女性たちが明日を切り開いていく・・・

朝日新聞の編集委員に大拍手!!

2007-07-15-Sun-15:05
踏まれたスカート~安倍政権と女性
朝日新聞の生活欄7月10~12日に連載された『踏まれたスカート』には多くの女性たちが共感している。
連載のリードは:
社会の変化に応じて、女性が子どもを育てやすく、働きやすいように積み重ねられてきた政策が、「伝統的家族観」を重視する安倍政権のもとで揺り戻されようとしている。スカートの裾を踏まれたみたいに、身動きがとれなくなる女性たち。その現場を3回にわたって報告する。
見出しを拾うと:
10日 上  子育て支援に暗雲 
      「完璧な母」意識し孤立感  政府,「親の責任」に軸足
11日 中  女性の決定権,やり玉
      性教育に「処分」・・・現場二の足
      家庭科にも強まる国家色
12日 下  裂かれた男女共同参画      
      各地で摩擦,条例逆戻り 「女性も労働力」政策と矛盾
 ぜひ読んで下さい!
 記事が手に入らない方にはお送りします  

「ふくろうの家」を福祉部が訪問

2007-07-13-Fri-08:13
青少年自立援助ホーム「ふくろうの家」の支援を議会で質問した翌々日早速、福祉部長はじめ6名の職員の方々の訪問となりました。
現場主義!いいことですね~。第一歩かな

本当にガラス箱?西尾市長答弁は市民の皆さんに冷たかったな~

2007-07-11-Wed-07:22
9日定例市議会での、私の質問は終わりました。
傍聴してくださった皆様、ケーブルテレビをご覧頂いた皆様、有り難うございました。
市民と情報を共有する、ガラス箱の市役所と述べている西尾市長に「市長交際費を市のホームページで公開すべき」と質問したら、「今も情報公開はしている。わざわざホームページにのせる必要ない」との答弁。
う~ん、それって言ってきたら見せてやるよという従前のいわゆるお役所態度ですよね。しかも議会前の総務課との議論では「公開に向けて検討する」となると言っていたのに、質問の日の朝、急に変更になったのです。見えているのに上へ行くことができないことを「ガラスの天井」と表現する。西尾市長の言う「ガラス箱の市役所」が見えているけど入ることができない市役所にならないよう、もっと市民感覚で市政を進めてほしい。
公民館についてはさらに柔軟な活用ができるようにしたいと市長が答弁。
 新たなスタートをきった青少年自立援助ホームへの支援については、どのような支援ができるか検討するにとどまり、残念。多くの若者たちが自立に悩んでいる今日、アフター・ケア事業は重要名施策だと思う。
 ドックのクレーンは。昨日の常任委員会で、撤去を予定していた事業者が断ってきたとの報告があった。業者が決まってから1年以上たっているので、予定の業者では撤去不可能と感じていた。案の定である。選考基準があまかったのか。
 議会報告を作成中です。ご希望の方はご連絡下さい。
 この議会の質問では、個人的な過去の追求や貶めるような聴くに堪えない言葉が飛び交い、いたたまれない思いだった。個人質問最終日に動議がかかり、議事録を精査することとなった。
 市民の目線で前向きな議論をしていきたい。

9日の本会議で質問します

2007-07-07-Sat-06:06
あっという間に今年は7月となった感じです。
議会では、福祉施設事件などで激しい論争になってます。聴くに堪えない言葉が飛び交い、議会とは何だろうと考え込んでしまいます。
市長選の結果をみると、市民の皆さんがこの議会に期待しているのは、函館は変わらなければ!ということでしょう。
さて、私の質問は、
 西尾市長に次の考え方を聞きます。
 *ガラス箱の市役所~市長交際費も公開?  
 *市民自治のために、町会や自治会など地域の力を高める施策は?
 *帰るべき家を持たない青少年~法のはざまにいる子どもたちに自   立への支援策が必要。専従の施設長を迎えて新たなスタートをきっ  た函館の青少年自立援助ホーム「ふくろうの家」に支援を
 *音楽文化のはぐくみと公民館の活用
 *文学面からのまちおこし
 *ヘリテージング観点からのクレーン保存
 *女性職員の管理職登用は?
 *企業におけるセクシュアルハラスメント対策
 *ドメスティックバイオレンス対策
 7月9日(月)14:10~15:10
    ぜひ傍聴お願いします 
HOME