FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

写真の初登場です!

2007-08-28-Tue-20:03
8月1日、高田屋嘉平衛の妻・おふさ役でパレード、国宝となった「中空土偶」の山車に乗りました。開港劇では短いセリフも・・・

私のショートヘアを日本髪に結い上げてくださったのは、弁天のシャロン美容室の先生です。日本髪結える方は市内でも少ないようです。毎年お世話になり有り難うございます。

もう一つの感謝~ようやくブログに写真を取り込めるようになりました。アキマキさんのおかげです。有り難うございました。今日20分ほどボランティアで特訓してくださったのです。これからはヴィジュアルで楽しんでいただけるよう、がんばりま~す20070828195026.jpg

大間原発、大間違い!!

2007-08-28-Tue-02:50
26日の日曜日昼過ぎにナガサキヤの前で、大間原発建設を止めるためのビラまきをしました。呼び止めた1/5くらいの方は「知ってます。」「頑張ってください」、半数以上の方が関心をもって聴いてくださいました。小さいお子さんを二人連れたおかあさんが重そうな食料品の買い物袋を腕にぶら下げて、信号待ちながらチラシを読んでいたのが心に残っています。お子さんたちのためにも、ぜひ一緒に活動してくださいね。
講演会『柏崎刈羽原発で何が起きたか』は、いよいよ今週土曜日です。お忘れなく!
9月1日午後1時半  会場:函館市芸術ホールリハーサル室
講師は弁護士の海渡雄一さん。先ほど、福島瑞穂さんの夫だよとの声がありました・・・

「女性は産む機械」機械から生まれる男性は?

2007-08-25-Sat-21:48
資料を整理していたら、「女の子は奴隷を産む機械」という表現のある田村隆一さんの詩を紹介して、柳沢厚生労働相の「女性は産む機械」発言を批判している新聞記事を見つけた。
「田村さんが批判を加え続けた『人を人とみなさない社会』。労働環境の悪化にしても、根底には“人間の機械化観”がある。そうした現在を最もグロテスクに表現したのが、柳沢発言ではなかったのか」
田村さんの「恋歌」という詩では、「男の子は奴隷の奴隷」、「満月の夜に私は機械を産むの 男の子だったら機械の機械 女の子だったら機械を産む小さな機械」
機械の機械たちが政策を作っているのが恐ろしい。

『「無料お試しキャンペーン実施中!一週間無料、一ヶ月35%オフ、3ヶ月13%オフ」
これはコピー機のリースではなく、人間のリース、つまり労働者派遣契約の激しい争奪戦の一こまである』(「労働ダンピング」中野麻美著 岩波新書)(中野麻美さんは東京在住の弁護士、労働問題専門。全国で講演している。実は函館中部高校卒業、同期なんですね~)

27日に迫った内閣改造が注目されているが、トップがそのままでは「美しい国のための人の機械化」は進むばかりだ。

22日今夜、市政報告会を開催!

2007-08-22-Wed-07:48
前にもお知らせしましたが、今夜市政報告会を開催します。
気軽に何でも市政のことを話し合いませんか。
ゲスト石川慎三さん「シベリヤ抑留体験から、平和への思い」、ぜひ多くの方に聴いていただきたいのです。
ゴミ土楽の会から重曹を使った環境にやさしい暮らしの提案もあります。
日時:8月22日(水)午後6時半から
会場:港町会館(港町1-20-18)

平和~瑠璃色の世界を歌うとみい たえこ さんのコンサートi

2007-08-22-Wed-07:40
とみい たえこ さんの瑠璃色コンサートが開催されます。
 シンガーーソングライターのとみいたえこさんの澄み切った声とメッセージを、ぜひ聴いて下さい。函館で7年ほど活動して現在は神戸市在住、昨年の憲法記念日イベントにも駆けつけ、自作の憲法の歌などに会場は感動が高まりました。
ゲストは、ワソと山玉怜枝さん
日時:8月25日(土)午後1時30分開演
会場:函館市芸術ホール リハーサル室
チケット  1000円(当日1300円)
主催:「とみい たえこ」コンサート実行委員会  
(竹花もチケット預かってます)

9月9日9時9分 「9条を守れ!」全国一斉行動を

2007-08-19-Sun-18:56
「戦争をしないための選択・9条を考える道南の会」から全国の皆さんへの呼びかけです。
すでに事務局から1000以上の団体・個人に呼びかけ、全国30団体から返信きています。

9月9日(日)午前9時9分、午後9時9分に全国つづうらうらで動きませんか?
「9条守れ!」の全国の市民の力を見えるような形(波のように)示し、それぞれの地域での新たな「9条を守りたい人のつながりをつくるために。

面白く、目立つことで、分かりやすく、お金をかけず、
それぞれの地域で工夫して
例えば、函館では、
午前9時9分:思い思いの意志をデコレーションして集合
        全員で9条を朗読・拍手。その後パレード 
         音のみの花火
         寺院・教会に鳴鐘を依頼
午前:     講演会、ビラまき、署名活動
午後7時頃: 函館西部地区のバル街でアピール
         憲法カフェの出前出店 憲法映画上映
午後9時9分:カウントダウン キャンドル点火 
         9条ラベルのワインで乾杯
   などなど・・・・
早めに、全国一斉の行動を把握して、マスコミにもアピールするようです。
行動できる方は、「道南の会」事務局か竹花まで早急にご連絡下さい。
 「戦争をしないための選択・9条を考える道南の会」
   事務局  森越法律事務所
  ℡:0138-56-0042  Fax:0138-56-0084  

仕遂げて死なむ

2007-08-19-Sun-01:37
評論家、歌人、田中綾さんの講演「金子文子と石川啄木」を、映画「白ばらの祈り」を思い出しながら聴き入りました。 仕遂げて死なむ~若くして逝った二人の女性・・・
「私は私自身の仕事をしなければならぬ」(金子文子)
国家をとらえた思想家で、新しい女性の生き方を示していた石川啄木に金子文子は影響を受けているという。

五歳になる子に、何故ともなく
ソニヤという露西亜名をつけて、
呼びてはよろこぶ   (啄木)
罪と罰のソニヤと言われてきたが、ロシアの女性革命家ソフィアではないかとの説があるそうだ。ソフィアの幼少時の呼び名はソーニャ。貴族の出身だが地下活動に身を投じ28才で処刑になった

こころよく
我にはたらく仕事あれ
それを仕遂げて死なむと思ふ  啄木(一握の砂)

講演会を主催した「はこだてルネサンスの会」では、冊子「函館文学散歩」を年内に発行する予定です。お楽しみに

「私自身の仕事・・・」と問いながらパソコンにむかっています。

『柏崎刈羽原発で何が起きたか』

2007-08-18-Sat-05:42
講演会のお知らせ
07.7.16 新潟県中越沖地震
『柏崎刈羽原発で何が起きたか』
講師 海渡勇一 氏 (弁護士)ほか
2007年9月1日(土)午後1時30分~3時
於 函館市芸術ホール リハーサル室
入場料  前売り800円 当日1000円
主催 「下北」から核を考える会 ストップ大間原発道南の会 大間原発訴訟準備会

[ビラまきを行いま~す] 大間原発訴訟準備会
8月26日(日)午後1時~2時 長崎屋の前
  30日(木)午後1時半~2時半 丸井の前

函館五稜郭公園の藤棚を守ろう

2007-08-17-Fri-04:07
多くの市民や観光客の皆さんに親しまれている五稜郭公園。星形の桜に染まる春に続き、初夏には藤棚のこぼれ落ちそうなほど咲き誇る花と甘い香りが私たちを楽しませてくれます。
「その藤棚が撤去または移設される!」と知った市民の皆さんが、6月から藤棚を守る活動を始めました。第2回定例会に陳情書を出し、総務常任委員会で議論され継続審議となっています。また約1ヶ月で、3000人以上の署名を集めて市教委に提出しました。

 戦前から親しまれてきた藤棚には、皆さん様々な思い出があります。
「小学生の頃、五稜郭公園の中で運動会をしたんですよ。藤棚がきれいな季節でした。」
「幼い私をよく五稜郭公園に散歩に連れて行ってくれた父、特に藤棚の花の季節が好きでした。晩年今度は、私が車椅子の父を思い出の藤棚まで連れ出しました。」
「毎年のように藤棚のスケッチに、函館に来るんですよ。」

 【なぜ、藤棚の撤去・移設となるのか?】
今、五稜郭公園内に奉行所を復元工事中。
1.それに伴い、表門も復元予定。文献によると、表門は現在藤棚がある位置に立っていたらしい。発掘調査をして位置が確認されたら、藤棚は撤去か移設になる。
 ところが、この表門の図は無い。全国の奉行所の門を参考にして作るという。
奉行所は材料から細部まで忠実に復元しなければならないというのに、門は想像物で許されるのか?
2.奉行所があった時代に藤棚は無かった。石垣の見通しを良くするために藤棚や他の樹木も撤去。 
奉行所が存在したのは7年ほどの短期間。市民に何十年と親しまれてきた樹木を撤去してまで、当時の奉行所風景を復元する必要があるのか。高齢の樹木は移設に耐えられるのか。

 私は、この5月から総務常任委員会に所属している。7月の委員会で、表門の事が書かれている文献を資料請求した。 市民公園として、戊辰戦争の最後の舞台となった史跡として、どのような形が望ましいか議論していきたい。
 
 五稜郭の中の松林のある広々とした広場が、私は好きだ。百数十年の歴史の風を感じる。あの空間はそのまま残した方がいいのではないか。奉行所復元が五稜郭の歴史を学ぶためだとしたら、それは、五稜郭を舞台に毎夏市民ボランティアで上演される『野外劇』にまかせるとよい。野外劇の方にもっと経済的支援が必要だ。
野外劇の発案者であるアイディアマンのグロード神父は、「奉行所をそのまま復元するより、歩き回れるミニチュア奉行所を作れば、十分の一の経費で観光客を呼べる」と数年前に語っていた。

五稜郭や藤棚の思い出、今後の五稜郭活かし方など、どんどんご意見お寄せ下さい。

猛暑の夏~62年目の敗戦の日に

2007-08-16-Thu-11:17
猛暑お見舞い申し上げます
今日は、函館はやや涼しい風が吹いていますが、内地はまだまだ蒸し暑い日が続きます。熱中症に充分お気をつけ下さい。
昨日はNHKの憲法討論や民放の戦後62年特集などを観て、暑い熱い眠れぬ夜を過ごしました。パソコンに向かっていたのですが、ブログ書き込みは1日遅れ・・・
敗戦から62年経った今なお、戦没者の遺体を探し続ける人々・・・彼らにとってまだ戦争は終わっていないのでしょう。
自らの戦争体験を語り継ぐ人は高齢になってきました。昨年「石川慎三さんにシベリア抑留体験を聴く会」を開催しました。もう一度お話をもっと多くの方に聴いていただきたいという声が多かったので、来週22日に私の市政報告会の中で語って頂くこととなりました。
お誘い合わせて、ぜひご参加下さい。

 『竹花いくこの市政報告会』 №46 主催 ジェンダーの会 
 8月22日(水)午後6時半~8時半 
     港町会館(港町1丁目20番16号 ℡41-4649)
    *市政報告&意見交換
    *石川慎三さんのお話「シベリア抑留体験から平和への思い」
    *ゴミ土楽の会からのお知らせ
       お問い合わせは竹花(℡&Fax:0138-23-2504)まで

田中綾さん講演会 『仕遂げて死なむ』

2007-08-12-Sun-00:48
田中 綾さん講演会のお知らせ
~金子文子と石川啄木~
「石川啄木、満26才で没。青年であった。
青年を語るには青年こそふさわしい。例えば23才で逝った金子文子―もう一つの大逆事件といわれる朴烈・金子文子事件で、死刑判決を下された彼女こそ」
        (田中綾 「仕遂げて死なむー金子文子と石川啄木」より)
日 時: 2007年8月18日(土)午後2時~4時
会 場: はこだて写真図書館 (豊川町9-23)
参加費: 700円
主 催: はこだてルネサンスの会
  
   竹花もチケット預かってます。参加ご希望の方はご連絡下さい。

素敵な農的生き方人のご紹介

2007-08-07-Tue-03:42
素敵なブログを発見!というよりは、今まで気づかずにごめんなさい。
初めて「竹花郁子」で検索してみたのです(笑わないで)。意外と沢山あり、10年以上も昔の活動も紹介されてるのでひっくり返りました~。
その中で、gomazouさんが“竹花いくこと私のたんぽぽネットの集い”を紹介して下さっていたのです。2ヶ月以上も経ってからのお礼となってしまいましたが、有り難うございました。
gomazouさんのブログぜひご覧下さい。ヤフーのブログ、「これからの風 今までの風」で検索できます。木の芽や花の写真、音楽情報などに癒されます。最新版は、野外劇最終日の全シーンを紹介!~見応えありますよ。私のリンクに貼り付けようと、10回ほど試みたのですが、失敗。
ご連絡くださ~い。

gomazouさんも関心ありそうな自然志向のニュース。
私のHPを作成してくださっていた若い友人アキマキさんのことを以前にここで紹介しましたね。
彼女は夢に向かって着実に歩いています。
峠下で有機農業をしている『ついき農園』さんの2階に、カフェを開こうとと、板削りやペンキ塗りなどこつこつ励むこと2ヶ月、ようやく形になってきました。ついきさんの野菜や卵を使ったケーキやパンを皆さんに味わって頂きたいそうです。
原宿のアパレルメーカーでデザイナーをしてたアキマキさんだから、ゆったりと心地良いお店になること受け合い、楽しみです。お店の名前は『にわとり小屋』。オープンとなったらお知らせしますので、皆さん応援してくださいね。

秋葉市長の平和宣言

2007-08-06-Mon-15:32
『世界に誇る平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れになった政策にははっきりNO!と言うべきです。』ときっぱり言い切った秋葉市長。市民と共に先導的な取り組みが期待されます。
平和市長会議に触れていたけれど、函館市は参加しているのか調べてお知らせしますね。平和宣言都市ではあるけれど、国際観光都市の市長として、函館市長にももっときっぱりと平和宣言してほしいです。
被爆者の平均年齢は74才を超えたそうです。
「最後の核実験からの日数~301日」

祭りのあと

2007-08-06-Mon-04:09
皆さんの熱気で台風や大雨も吹き飛ばして、港祭りは賑やかに幕を閉じました。
私は、1日開港パレードで高田屋嘉兵衛の妻おふさ役で参加
2日ワッシヨイはこだてで実行委員会として踊り
4日陣川あさひ町会納涼祭でご挨拶の後、沢山の子どもたちと一緒に盆踊り
5日某父母会OB会恒例バーベキュー・パーティーに参加
大勢の方々とお話しして、「道南一帯の活性化を函館がリーダーとなって進めてほしい」「子どもたちの通学手段を考えて」など貴重なご意見もいただきました。
みんなが、函館をなんとかしたいと思い、盛り上げた5日間!お疲れさまでした。この熱意を明日の函館に・・・
HOME