イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館の文化に光を  『函館文学散歩』~ぜひお手元に一冊

2007-12-30-Sun-11:50
『函館文学散歩』をご紹介します。

071230_1257~01
道新夕刊の「みなみ風」のエッセイ欄に執筆している
北村巌さんと西堀滋樹さんが編集、
「はこだてルネサンスの会」が12月初旬に発行しました。
会は、2006年秋、“函館の文化に光を”と願う人達が集い結成しました。
  この『函館文学散歩』は、明示から大正期、輝いていた函館の中心街・西部地区を
  足で探索し、埋もれかけている文化・文学に光を当て、
  その素晴らしさを実感するために作成したものです。(代表 近堂俊行)

私もこの会結成時に入会し、学習会の度に「函館の宝」を実感して、
『函館文学散歩』の発行を楽しみにしていました。
表紙は、池谷寅一「教会の見える風景」(1978年製作)
全52ページに、風と土の文化が詰まっていて、500円。
目次のタイトルを見ただけで心躍りますよ。
【仕遂げて死なむ~凝縮された132日間の函館 石川啄木】
【長谷川ファミリー ~その反骨の系譜】
【モダンマガジン『新青年』と水谷隼人】
【「良と不良」の二つの青春と文学】
【函館平民倶楽部と非戦の使徒・篠崎清次】
【童謡「赤い靴」母子惜別となった刻印の街・函館】
そして、函館ゆかりの作家たち、戦後生まれの3人の作家、
異彩を放つさまざまな群像、作品で描かれた函館、
函館の街が描かれた主な文学作品一覧、函館文学(者)年表、
函館ゆかりの人々の関係図。函館文学マップも載っています。
市内はもちろん、全国の皆さん、
ぜひ1冊片手に、函館文学ゆかりの地を歩いてみてください。
お問い合わせはルネサンスの会事務局℡&Fax:0138ー23ー8870
またはこのブログにメールください。

071215_1811~01
発刊記念パーティーでは、老舗五島軒社長の若山直氏が
「五島軒ゆかりの作家たち」のテーマで、
裏話も沢山織り交ぜ、興味深い講演をして下さいました。

自治基本条例  自分たちのまちづくりは自分たちで決める

2007-12-29-Sat-23:12
前回お話しした『自治基本条例』の策定にあたって、
市民が意見交換する「ワークショップ」が開催されます。
まちづくりの基本ルールを皆さんでつくりましょう。
ぜひ積極的にご意見をだしてください。
ワークショップ全5回
会場:市役所8階会議室
時間:毎回午後6時半から2時間程度
参加申し込み:1月11日(金)まで
       ℡21-3668総務部行政改革課
日程 
第1回 1月16日(水)もっと住み良いまちにするためには?
第2回 1月21日(月)市役所や議会にどんなことを臨みますか?
第3回 2月5日(火) 情報公開に望むこと
第4回 2月6日(水) 私たちができることって何?
第5回 2月18日(月) 人づくり、まちづくり(福祉と教育を考える)

らくらく・安全・ぴっかぴか! 重曹パワーで快適生活

2007-12-29-Sat-22:41
これから暮れの大掃除という方、
重曹を使ってみませんか。
がんこな油汚れから浴室のかびまで
オールマイティ。
おまけに人にも環境にも優しい。
魔法の粉として米国でも昔から使われてきました。

重曹はスーパーでも手に入りますが、
インターネットで重曹サイトを探し、
まとめ買いすると市価の半額になります。
「ゴミ土楽の会」では木内クリーニングから取り寄せています。
木内さんはディズニーランドのお掃除を重曹でと依頼されています。
また半年ほど前、重曹ミュージアムもオープンさせました。
リンク先をご覧下さい。

071205_1033~01

重曹を手に入れたら、まず3点セットをつくって下さい。
①重曹の粉(蜂蜜などの空き容器に入れると使いやすい)
②重曹スプレー(スプレー容器に500ccのぬるま湯に重曹小さじ2~3杯)
③重曹ペースト(重曹を水で練り、耳たぶ程度のかたさにする)
これにクエン酸スプレー、アクリルポンポン、使い古し歯ブラシ、
つまようじ、雑巾(古布)などをセットにして、
台所、洗面所、トイレなどに置いておくと
直ぐお掃除できて楽です。

まず、冷蔵庫・電気釜・ポット
重曹スプレーをさーっとふきかけ
一呼吸おいてから拭きます。
ぴかぴかになるうえ、安全です。
電子レンジの中の吹きこぼれや焦げつきには
重曹ペーストを塗って20分くらいそのままに。
くるくると回しながら拭き取ると、
表面を傷つけずに、きれいにできます。
がんこな油汚れも重曹ペーストで、面白いように落ちます。
お掃除が楽しくなりますよ。

「ゴミ土楽の会」では重曹を使ったお掃除と
段ボール箱での生ごみ堆肥作りのボランティア出前講座を行って6年。
町会や児童館、学校などに100回以上伺っています。
出前講座やパンフレットご希望のかたはご連絡ください。

狙われた岩国!許せないこんなやり方!

2007-12-29-Sat-00:42
ドキュメンタリー・西山正啓 監督作品
『消えた鎮守の森』
米軍再編・岩国の選択

住民投票から一年
新庁舎建設への補助金カット
愛宕山ニュータウン開発地域の
米軍住宅転用問題など
山口県岩国市に
次々と押し寄せる無理難題
見えてきた米軍再編のからくり

映画上映と西山監督のお話を聴く会
2008年1月27日(日) 14:00~16:00
函館市民会館 大会議室
入場料 500円
主催:「消えた鎮守の森」を上映する実行委員会

私もチケット預かってます。
ご希望の方はご連絡ください
岩国の市民派女性議員からも
「岩国を応援してください」とメール来てました

椿姫 オペラという娯楽を出前する

2007-12-29-Sat-00:17
スロバキア国立オペラが函館に初めて上陸
生の質の高いオペラと出会って、
オペラの面白さと楽しさ、魅力をあじわってほしい、と
1999年以来オペラの出前上演活動をしてます。
函館は公民館で上演なので、
公民館活性化ネットワーク「イキ!ネット」も応援してます。

スロバキア国立オペラ2008
ヴェルディ 椿姫
  第1部 オペ「椿姫」
  第2部 オペレッタ、ミュージカル名曲集
1月12日(土)18:30 函館市公民館
1月14日(月)13:30 札幌市教育文化会館大ホール
入場料 3500円
主催:日本スロバキアオペラ交流委員会
お問い合わせは 函館スロバキアオペラ交流の会
        ℡&Fax:0138―51―9339

市民派政治、市民自治とは?

2007-12-28-Fri-16:26
「偽」が今年の漢字に決まりましたが、
「偽会」「偽員」とは決してならないように
勉強し調査して発言していきたいと考えています。
マイノリティの立場をいつも心にしています。
努力が足りない場合は、いつでもご意見お願いします。

《女性議員を増やしたい!》
春の統一地方選では、全国的に女性議員の比率は過去最高となった。
とはいうものの、政令市議で17.9%、市議で14%である。
過去の比率を見ると、
選挙4年ごとに約2%増えてきている。
このまま2%ずつ増えたとしても、
女性議員が50%となるのは、約72年後!
函館市議会では、新人女性立候補者は出なかった。
チャレンジするにはまだまだ壁が高いのだろう。
クオータ制(割当制)を導入してほしい。
お隣の韓国では、2004年に選挙法を改正して、
小選挙区に30%、比例代表候補者の50%を女性に
割り当てることとされた。
結果、比例代表で女性議員は19人から29人に大躍進!!

右
三井マリコ著「ママは大臣 パパ育児」(明石書店)より
著者の許可を得て複製転載

法整備と同時に
女性たちの間に立候補してみようという風を起こさなければならない。
私は選挙期間中、一日に40回以上街頭演説を繰り返した。
夕方は子どもたちが立ち止まってくれた。
「どうして議員になろうと思ったの?」と小学4年の女の子たち。
「お家や学校でみんなが悩んでいることを一緒に解決したり
きれいな自然を残したいから。
あなたたちも議員になってね」と話すと、
女の子たちは大きくうなずいた。
「政治は私たちの暮らしとつながってることがよく分かった」と
初めてボランティアで選挙にかかわった30才の女性。
彼女たちがどんどん立候補する気になるよう
「女性たちのエンパワメント講座」などを開催していきたい。

選挙2007 047
家庭から出た廃油を燃料に走らせた選挙カーで
身近なところからCO2削減を訴えた

《議会改革》
8年前に比べると、少しは変わってきている。
が、まだまだ「開かれた議会」とはいえない。
常任委員会では、議員どうしで議論する委員協議会も設けられたが、
ルールにしばられている気がする。
見えないところで決まっていくこともある。
傍聴者は状況が分からないまま待たされることになる。
他都市の改革も調べて
議会報告会の開催など提案をまとめようと思う。

費用弁償の廃止(交通費支給)がようやく決定した。
報酬があるのだから、高額の費用弁償は必要ない。
議員になった8年前、
費用弁償を返還できないかと事務局に聞いたことがある。
返還はできないというので、
政務調査費では全額をまかないきれない
市政報告通信(年4回発行)の印刷代などに充ててきた。

矢祭町が、議員の報酬を議会開催日だけ支給する日当制にしたと報道された。
「欧州では議員はボランティアという国も多いですからね」
とコメントするアナウンサー。
法律や制度が違うのだから、比較できないでしょう。
日当制にしたら、専業議員は生活できなくなる。
議会・委員会出席以外にその調査・研究・現場検証、情報収集、
各種相談、報告会開催、報告紙作成・配布などなど
24時間、365日対応は難しくなる。
議員報酬が日当制や無償になったら、
女性の立候補者が増えるだろうか。
それとも、経済的に余裕があり、
名誉職としてとらえる人だけになってしまうだろうか。

函館市は、自治基本条例の策定を進めている。
市民自治とは何かを
広く市民の皆さんで議論して
市議会のあり方も考えていきたい。

シッダルタ

2007-12-27-Thu-02:25
「ブッダ・ガヤーからコルカタに向かう」
21才の息子からメールが来た。
インドのネットカフェから日本語でも送れるんだ!
と妙に感心しながら、無事なようでホッとする。
バイトして貯めたわずかな資金での卒業旅行
一ヶ月の予定だったのが正味2週間になってしまったらしい
「生まれた街パリにはいつでも行ける気がするけど、
インドふらり一人旅は、勤めたら無理だろ」
と、さーっと旅立ってしまった。

先を越された~・・・インド・ネパール・チベットを歩きたい!
中学1年の頃、ヘッセにはまっていた。
デミアン、シッダルタ、ナルチスとゴルトムント・・・
ドイツ語で読むと感動が増すと解説にあったので、
ラジオのドイツ語講座テキストを買った。一ヶ月でめげたが。
40年前から、インドは私の中にあったのだ。

パリからバスでギリシャまで行き、
そこからインド~ネパール~タイなどをまわった夫は
息子の名前を「玄奘」と決めていた。
けれど「奘」の字を使えないと日本大使館で言われ、
玄奘三蔵から「玄蔵」とした。
そうか、彼は自分のルーツがインドと思っての旅なのか。

難題・相談山積みの、今の私にインドはあまりに遠し。
せめて、このお正月はヘッセを読むことにしよう。
「ガラス玉遊戯」はまだ読破していなかった。
何か答が見つかるかもわからない。

戦場のアリア

2007-12-27-Thu-01:01
25日は市議会定例会最終日でした。
福祉灯油について、3会派が質疑に立ち、
結局、1万6千世帯に5000円という議案は、
原案通り可決されました。
生活保護を受けてる世帯や
非課税世帯で65~74才の高齢者世帯は対象外です。
初めてのクリスマス議会に
もう少しあたたかい決定ができるとよかったのですが・・・

写真展『岡村昭彦の軌跡』を見た。
40年前のベトナム
兵士に殴られる子ども
にわとりを抱えて逃げる親子
過酷な拷問に耐える少年
倒れた母親のそばで泣き叫ぶ乳飲み子
21世紀になった今も
同じような光景にたくさんの子どもたちがいる
この子どもたちにもサンタはプレゼントを届けられたのだろうか。
戦場にアリアはながれたのだろうか

日本でも、クリスマスを家で過ごせない子どもたちがいる。
その何人かの子どもたちと一緒に
クリスマスケーキを食べて一時を過ごした。
飾りのチョコの家を見て、
サンタさんはお留守だよと
物語を創っていく3~6才の子どもたち
子どもはみんな天才だ。

図書館でのケフィのクリスマスコンサート。
サンタさんも登場して子どもたちにプレゼント、
あの子たちも来年はここで楽しめますように。

071224_1456~01


映画『戦場のアリア』
第一次大戦下、雪のクリスマスイブ仁起こった奇跡
「クリスマス休戦」という一夜限りの友好行為

写真展『岡村昭彦の軌跡』十字街からベトナムへ。ホスピスへ。
12月24日~1月12日 (31日~3日休館)
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
トラピストの客舎を出て、函館十字街の書店に居を持つ。
その10年後岡村昭彦はベトナム戦争の戦場に旅立つ。
世界的なフォトジャーリストであり、
ホスピスを日本に紹介した先駆者。
(時々立ち寄る「栄文堂」さんの純子さんが長女なのですね)

なぜ「安全・安心条例」案に質疑をしたのか

2007-12-24-Mon-10:03
議案第30号「函館市犯罪のない安全で安心なまちづくり条例(案)について
19日本会議での委員長提案理由と質疑の内容の録音テープを
この連休にテープ起こししました。
要約よりも逐語の方が事実を伝えることになると思い、
かなり長いのですが、掲載します。

質疑に関しては、答弁によっては質問を切り換えようと3パターンくらい準備したのですが、
上手く進まず反省しているところです。ともかく議事録に残せたので良しとし、次の行動を考えてます。

民生常任委員長の提案理由説明 
 昨年の地方自治法改正で委員会にも議案の提出権が認められてから、初めての委員会提出議案でございます。犯罪のない安全で安心なまちづくりは、すべての市民にとって共通の願いであり、委員会としても我々の生活においてもっとも重要であるととらえております。制定にあたっては、防犯にかかわる関係団体から議会に対し条例の制定を求める要望書が提出されたことや、市内においてもたいへん痛ましい事件が発生したこともうけ、今一度、地域の安全は地域で守るという基本に立ち、犯罪のない安全で安心なまちづくりの推進のため、市の基本となる事項を定めることも重要であると考え、早期の条例制定を目指す委員会の総意として提案することとしたものであります。制定後も、議会としてもこの条例が実効性のあるものとなるよう、理事者と協働で取り組んでまいりたいと考えております。尚、この条例の施行期日は公布の日からとするものでございます。以上でございます。
質疑
  質疑時間   30分
  質疑要旨   安全・安心の考えかたについて
答弁 民生常任委員会委員長、副委員長
  質疑 無所属 竹花郁子

議長:発言の通告がありますので、これをゆるします。

竹花:議案第30号に対して質疑を行いたいと思います。まず初めに民生常任委員会の皆さんにおかれましては、様々な意見を調整して条例案をつくられたことに感謝し敬意を表しております。それでは、安全・安心の考え方についていくつか質問させていただきます。
先ほどの委員長の説明で、市内で子どもがまきこまれた大変いたましい事件が続いた中、条例制定の動きが加速したというようなことはよく分かります。一方で、条例を定めて推進することによって、監視社会を強化してしまうことにならないか、弱者やマイノリティの排除につながらないか、市民の活動がしばられないかというような不安の声もあります。そこで初めに、そのような不安をとりのぞくための議論がなされたのか、条例案のどこに生かされているのかお聞きします。

委員長:ただいまご質問のありました、この条例案の制定が監視社会等の心配といいますか、そういうものにつながるのではないかというご質問でございますけれども、私どもの委員会としてこの条例案を検討いたしました過程で、今、議員のおっしゃるような、そのような懸念があるというような議論は全くございませんでした。従いまして、私ども委員会の委員の方々のご認識とすれば、そのような懸念の生じるような条例であるという考え方や心配は全くないというものでございます。また加えまして、この条例案には規制ですとかあるいは罰則、そのような規定も設けていないということを合わせてお伝えいたします。

竹花:そのような懸念があるという議論はなかったということですが、条例を制定したということと関係があるかどうか分かりませんが、職質乱用で荷物検査が行われたりですとか様々なことが各地でありますので、そのようなことにならないのかという不安はほんとうにあります。で、理念条例だからこそ、まずは人権尊重ですとか、個人の尊重をうたうべきと思いますが、いかがでしょうか。

委員長:この条例が理念条例となったというのは経過がございまして、私どもこの条例を検討致しましたときに、まず最初にこういう条例が必要かどうかというほんとうの第一歩から入ったわけでございます。さらにまたその背景には、改選前の民生常任委員会に対しまして、関係団体等から条例をつくっていただきたいというような要望があったというような、このような背景の中で検討を始めたわけでございます。従いまして、今おっしゃってるような市民の権利ですか、人権ですか、そのようなものは、条例制定するうえで、委員の方からは、ただいまおっしゃった発想といいますか、そのようなものは特になかったわけでございますが、当然、具体的にはなかったわけでございますが、委員会として条例を定めるとなりますと、当然そういうものも注意をするといいますか、念頭におくといいますか、そういう形で各委員の方が条例を検討されたと、このように認識をしております。

竹花:人権尊重、個人の尊重は当然のことと委員長はおっしゃたのだと思いますが、理念条例だからこそ当然のことを盛り込んで。犯罪や事件というのが必ずしも危険な状態で迫ってくるのではなくて善意の顔で近づいて来る場合もあるのです。そういったことに対してきちんと人権尊重・個人の尊重ということを条例に盛り込んで、さきほどの懸念されることが起こらないことを条例案の中に盛り込んでいただきたいと考えています。
では次に、安全・安心を守るということは大変多岐にわたることになりますが、どのようなことまでを想定しているのかお聞きします。例えば消費者保護、健康被害問題、空家・空き地対策、児童虐待や高齢者虐待、DV問題、薬物に対する啓発、性教育の充実、また軍艦の入港など、いろいろ幅広く想定されるわけですが、どのような範囲を想定しての議論があったのでしょうか。

委員長:安全・安心に対する条例の考え方といいますか、その範疇につきましては当然委員会としても議論となり検討されたところでございます。一般的には、安全・安心という言葉にはただ今の状況で申しますと、食の安全ですとか、ただいま議員がおっしゃたような大変広い範疇になるものでございますが、私ども委員会としてこの度の条例制定にあたり考えましたことは、いたましい事件こういうものを受けまして、一つ、安心安全の範疇を「犯罪のない」という部分に特化して検討していこうということを、委員全員で認識をしまして、その上にたって、条例を制定したものでございます。

竹花:「犯罪のない」と言うことに特化してというお答えでした。犯罪というのは、一つの原因ではなくて、今私が申し上げたようなことがからみあって起こる場合が多く、その場合に、例えば、この条例の2条用語の定義に、市民というところがありますが。空き地・空き家対策をあげましたのは、その中で危険な状況が起きて犯罪を巻き起こす状況も考えられるということでは、そのようなことも対策にも盛り込まれるかなと思いましたので。そうなると、市民の定義に、「市内に土地や住宅を所有す者」なども必要かと考えますし、またDV問題は特に広域での支援、取り組みが必要となります。そのへんのからみで、多岐にわたるということで、条例の定義ですとか、内容にも関わってくると思いましたのでお聞きしたのですが、その辺についてはどのような議論でしたでしょうか。

委員長:ただいまのご質問は、例えば市内に空き地や空き家があったと、その所有者が市内、いわゆる市民でない場合というそのような想定の質問ということでよろしいですか。
いろいろなケースがあろうかと思います。そこをとりわけ条例の定義としてですね定めていないとしても、この条例自体は私ども函館市民が市の条例として尊重し運用していくものでございますから、ケースによってそういう空き地や空きや家、それが市外に在住する方が所有していることでありましても、当然そこに、条例の精神にかかわる安心・安全に懸念があるとすれば、別にそういう方たちにお願いしていくというか、そういう風にならないようにお願いしていくということは、何の、出来ないことではないと、このように認識しております。

竹花:そういう理念・精神のもとにお願いしていくかたちかと思いますけれど、条例の文言を根拠に実施していくことになりますので、文言を精査していくことは大事かなと思います。それとまた、他の常任委員会にかなりかかわることが沢山出てきますので、これは後で述べますが、横断的な素案の段階での審議も必要だったかなともいうふうにもかんがえますが、後でお聞きすることにして。 第9条の「子どもの安全確保」、最初のご説明の中で、痛ましい事件があったから早急につくらなければというお話でした。これ大変結構なことだと思います。それを受けて作るということは結構なんですが、9条子どもの安全確保の項ですが、「犯罪の被害を受けることのないよう」、「犯罪から守るために」とあります。子どもが被害者にも加害者にもならないためにという視点がどのように議論されたのでしょうか。またこの項にはその視点が盛り込まれているのかお聞きします。

委員長:ただいま、この9条の部分でのご質問がございましたが、そこに関わらず、この条例に書かれております個別の事項について検討されたものもありますし、検討されてないといいますか、個別の事項を拾い出して委員会として検討してない、されていないものもございます。とりわけ、この子どもの安全確保につきましては、この条例を策定するにあたり、他都市の条例案を参考にいたしましたが、函館市の事件等もかんがみて、子どもの安全についてはとりわけここに記載を、委員会として記載をさせていただいたものでごいます。当然ながら、子どもが犯罪にあう、あるいは犯罪者になってしまう、こういうものもふくめて、子どもの安全確保をはかっていくという考えにたっているものと、委員会は認識してるところでございます。以上でございます。

竹花:委員会の皆さんがそう認識してらっしゃるだろうということは想像はいたしますが。条例文の中からは、なかなか読みとりにくいということでは、子どもが加害者にもならないという視点をきっちり書き込んで施策を充実するということ。子どもが加害者にならない社会、私たち大人の責任だと思うのですが、私たち大人がどのように責任をもって作っていくのか、そのことをきちんと、理念条例ではありますけれども、特別に「子どもの安全確保」ということで設けたわけですから、文言としてぜひとも設けていただきたいと思うのですが、その点はいかがでしょうか。
(板倉議員より議事進行の声)
板倉議員:本条例案の質疑でございますから、条例の案文についての異議ですとか、あるいは分からないことについて質問されることは結構だと思いますが、ご自分の意見を申し上げてそれを条例案に反映させるべきというような趣旨については、質疑を越えてるというように思いますので、  (ざわめき やじ)
議長:竹花議員に申し上げます。ただいま板倉議員からそのようなご指摘がありましたので、充分注意していただきたいと思います。
(吉田議員より議事進行の声)
吉田議員:議会運営委員会の申し合わせでは、質疑においては、自己の意見や賛否を表明しないこととしております。意見を述べると賛否につながるもので本会議で禁止されております。議長から注意を促してほしいと思います。  (やじ)
議長:吉田議員に申し上げます。直前に板倉議員からそのような趣旨の発言がございました。私のほうから竹花議員にそのことをお願いしました。

竹花:意見を述べてはいけないということは事前に存じてはおりましたが、初めての質疑ということで、あるていど意見を述べなければ答弁のほうもなかなかかみあわないこともあるかと思いまして意見を述べて質問させていただきましたが、その後の意見を少し控えてまた質問していきたいと思います。 以上質問した中で、委員長の答弁で安全・安心の考え方に巾があり視点を定めることが重要ということがわかってきていますけれど、安全・安心これは広く深く市民生活にかかわることですし、しかも初の委員会提案ということでは、安全・安心に関しての意見を広く市民の方から取り入れる、市民参加が大前提ということになりますけれど、条例制定に関して市民への情報提供はどのようになされたのでしょうか。  (やじ)

議長:竹花議員に申し上げます。先ほどもお話しましたように、自分の意見を、条文の中身についての審査ということを充分ご理解願います。  (やじ)
(竹花~だめでしょうかとつぶやきながら、次の質問を考えようとすると)

委員長:何と言いますか、パブリックコメントはどうなんだというお尋ねだと思います。そこの部分につきましては、当然、委員会におきまして検討をされたところでございます。その中でもって、現在の当市の状況をかんがみ、また先ほども申し上げましたが、関係団体等からの強い要望もあるという中でもって、パブリックコメントを広く求めながら作るのがきっとベストかもしれませんが、それには大変な時間や労力が必要になるという認識を委員会でもったわけでございます。そういうようなことで、これが一年半なり二年なり、条例制定までかかってしまってもいいのいか、現在のこの状況もふまえて、理念条例の限界はあるにしろ、一日も早く条例案を制定して、そしてそれが実効性あるものにつながるということのほうが重要ではないかという、委員会での認識にたったものでございます。しかしながら。委員会として、要望をいただいておりました関係4団体に対しましては、素案ができました時点で私と副委員長がお会いしてご説明申し上げ、意見等があればいただきたいということであってきております。また改選前の民生常任委員会としても関係4団体と懇談会をおこなっているということも聞いてございまして、当然、私ども委員全員でその懇談会の内容等については文章にしまして、全員がそれらのことを認識する中でそういう考え方をもって今回の条例案を提案したものでございます。

竹花:ご答弁有り難うございました。意見は言えないということですが、今委員長が答えてくださったので。市民意見を聴くということは意識の醸成にもつながるということでも必要かとも思いますので、その重要性はお互いに認識しているところと思っておりますが、もう一歩必要かと思います。議案の内容ということでしたので、あまり細かいことを聞いてもこの場でどうかということもありまして、控えていたのですけれど。第9条子どもの安全確保という項が設けられたことは、大変言いと思いますが、やはり先ほど申し上げたように、加害者にもならないという視点、このことを盛り込む考えがないかどうかお聞きします。 (やじ 竹花:この質問はだめですねとつぶやく やじ)

議長:それは先ほども質問されております。(「終われ 終われ」のやじ)
(竹花:分かりました。それでは、と自席でつぶやき挙手)

竹花:昨日議会運営委員会の場で、どのような形で質問できるのかということを質問しようとしたのですが、委員会発言がその場ではできませんでしたので、質疑を、質疑の場があるということで、今日質疑に臨んでおります。で、細かい文言よりは、全体のことをお聞きしたいということがあったんですが、質疑の場でそれもできないということになりますと、やはり先ほど申し上げた条例の策定にあたってのスケジュールや手続きこれを根本的に考えて進めていっていただければと思いますので、これを議会運営委員会で協議していただくことを提案して、(やじ) 提案はできないということですが、意見を述べて、今議会での議決は性急すぎると述べて、質疑を終わります。

議長:竹花議員に確認しますが、これで発言を終わりますか?
(竹花:自席着席のまま「終わりますと言いました。」と述べる)
(採決に入る前、竹花は退場)
(委員会付託なし 討論無し)
議長:本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
議長:異議がありませんので、本案は原案の通り可決致しました。

Kefi(ケフィ)のクリスマス・コンサート

2007-12-21-Fri-23:42
15日土曜日夜、
西部地区の素敵なカフェ・レストランで
クリスマスコンサート
Kefi(ケフィ)が最初に登場
リコーダーとボーカルは姉の豆子さん、
キーボードとコーラスは妹のレーニーさん
の双子デュオ、二十歳!
フレッシュで心に響きます。
2年前住吉町の「浜のおばさんの家」でデビュー以来、応援してます。

次に森洋子さんのチェンバロで古典のクリスマス曲
続いて、アンサンブル・モジェのコーラス
函館って音楽ファンにとっては最高の街かな

071215_2030~01


クリスマスイブにもケフィのコンサートあります!
12月24日(月)14:00~15:00
函館市中央図書館 視聴覚ホール
入場無料

安全・安心とは?

2007-12-21-Fri-23:22
19日、私が質疑を行い、その後全会一致で可決された条例を紹介します。
質疑が終わっても疑問や不安が残ったので、
私は賛否の態度を決めず、退場しました。

監視社会の強化とならないよう、
弱者・マイノリティが排除されることにならないよう、
市民の活動が制限されっることにつながらないよう、
条例制定前に、市民の皆さんのご意見を広く聞くべきと思います。
人権尊重 ・個人の尊重などの文言も入れておくべきではないでしょうか。

子どもを被害者にも加害者にもさせないという視点は必要です。

平和や人権、子どもの相談にかかわる市民活動をしている方々でさえ
知らないうちに可決された条例です。
早くお知らせできなかったことを、私自身も深く反省してます。

質疑の内容は、明日にでもテープ起こしをしてお知らせします。

函館市犯罪のない安全で安心なまちづくり条例
 (目的)
第1条 この条例は,犯罪のない安全で安心なまちづくりを推進するた
 めに基本理念を定め,あわせて市,市民,地域活動団体および事業者
 の役割を明らかにし,防犯に関する意識の向上を図り,市,市民,地
 域活動団体および事業者が一体となって犯罪の防止に取り組むことに
 より,市民一人一人が安心して暮らすことのできる安全な地域社会の
 実現に寄与することを目的とする。
 (定義)
第2条 この条例において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号
 に定めるところによる。
(1)犯罪のない安全で安心なまちづくり 市民,地域活動団体および
  事業者による犯罪防止のための自主的な活動,市,市民,地域活動
  団体および事業者による犯罪の防止に配慮した生活環境の整備その
  他犯罪防止のために必要な取組をいう。
(2)市民 市内に居住する者,市内に勤務し,または在学する者およ
  び市内に滞在する者をいう。
(3)地域活動団体 町会,自治会,PTA,ボランティア団体,民間
  非営利組織その他の地域的な共同活動を行う団体をいう。
(4)事業者 市内で商業,工業その他の事業を営む者をいう。
 (基本理念)
第3条 犯罪のない安全で安心なまちづくりは,市,市民,地域活動団
 体および事業者がそれぞれの役割を果たしつつ,密接な連携を図りな
 がら,協働することにより行われるものとする。
2 犯罪のない安全で安心なまちづくりは,地域の安全は地域で守ると
 いう基本認識の下,相互扶助の精神に支えられた良好な地域社会の形
 成を図りながら行われるものとする。
 (市の役割)
第4条 市は,前条に定める基本理念(以下「基本理念」という。)に
 のっとり,犯罪のない安全で安心なまちづくりに関する施策を策定し, 
これを実施するものとする。
2 市は,前項の施策を策定し,実施するに当たっては,市民,地域活
 動団体および事業者の意見を積極的に反映させるものとする。
3 市は,第1項の施策を実施するに当たっては,北海道その他の関係
 機関,市民,地域活動団体および事業者と密接な連携を図るものとす
 る。
 (市民の役割)
第5条 市民は,基本理念にのっとり,自らの安全の確保に努めるとと
 もに,相互の理解と協力の下,犯罪のない安全で安心なまちづくりの
 推進に積極的な役割を果たすものとする。           
2 市民は,市が実施する犯罪のない安全で安心なまちづくりに関する
 施策に協力するよう努めるものとする。
 (地域活動団体の役割)
第6条 地域活動団体は,基本理念にのっとり,地域における防犯活動
 の強化に努めることにより,犯罪のない安全で安心なまちづくりの推
 進に積極的な役割を果たすものとする。
2 地域活動団体は,市が実施する犯罪のない安全で安心なまちづくり
 に関する施策に協力するよう努めるものとする。
 (事業者の役割)
第7条 事業者は,基本理念にのっとり,その事業活動を行うに当たっ
 ては,自ら安全の確保に努めるとともに,犯罪防止のために必要な措
 置を講じ,地域社会の一員として,犯罪のない安全で安心なまちづく
 りの推進に積極的な役割を果たすものとする。
2 事業者は,市が実施する犯罪のない安全で安心なまちづくりに関す
 る施策に協力するよう努めるものとする。
 (広報および啓発)
第8条 市は,犯罪のない安全で安心なまちづくりについて,市民,地
 域活動団体および事業者の関心および理解を深めるため,広報および
 啓発を行うものとする。
 (子どもの安全確保)
第9条 市は,幼児,児童および生徒等が,犯罪の被害を受けることの
 ないよう,安全確保に必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
2 市民,地域活動団体および事業者は,相互に連携し,幼児,児童お
 よび生徒等を犯罪から守るために必要な配慮をするよう努めるものと
 する。
 (委任)
第10条 この条例の施行に関し必要な事項は,市長が定める。
   附 則
 この条例は,公布の日から施行する。

循環型社会とは何か

2007-12-20-Thu-00:56
リンク先に「循環型社旗とは何か」を加えました。
環境問題、特に溶融炉の専門家、津川敬さんのブログです。
3年ほど前に、ゴミ土楽の会で主催した講演会
「燃やさない・埋めない~姉妹都市ハリファックスに学ぶ」の
講師をして頂きました。
ご著書を読んで連絡したのがご縁です。
当時、三和問題や最終処分場問題に取り組んでいたので、
津川さんには現地も見ていただきました。
最終処分場の中を見学してたら、
あってはならない物を偶然発見してしまいました。
市民も行政も、環境保全の意識を高めなければと強く感じました。
津川さんのブログをぜひご覧下さい。

2004_1004画像0001

傍聴と激励のお電話有り難うございました

2007-12-20-Thu-00:36
「犯罪のない安全で安心なまちづくり」条例案について
30分質疑を行いました。
委員会提案なので全会一致が当たり前と
事前に何度も言われましたが
(案に質疑をやめろと・・・)
この条例案には疑問や不安要素があるので
質疑もなく、そのまま通すことはできないと思ったのです。
質疑は意見を言ってはいけないというルールがあるので、
左右から議事進行がかかり
もう終われのヤジの中、
どうにか予定していたことは言えたと思います。
状況の変化に備えて、もう少し何パターンか質問を用意すべきだったと反省。
四面楚歌の中で、傍聴者がいたのは心強かった。
傍聴者にこの質疑様子を聞いた方々から
激励の電話やメールをいただきました。
同じ思いの方はいるのです。
質疑内容は後で書きます。


福祉灯油のが議案がでました。
16000世帯に5千円支給となります。
当初25日を林時宜かとして議論予定rでしたが、
会期を延ばして25日最終日となりました。

明日19日、定例会で反対討論と質疑をします

2007-12-19-Wed-00:05
19日10時から、第4回市議会定例会の本会議があります。
最終日です。
議案・陳情について委員会報告があり、採決していきます。
ぜひ傍聴にいらしてください。

私は、議案第15号「函館市理事の設置および給与等に関する条例の制定について」
に反対討論し。
明日常任委員会提案される
議案第30号「函館市犯罪のない安全で安心なまちづくり条例の制定について」に
質疑を行います。

昨日の議会運営委員会で委員外発言を申し出ましたが、
「本会議で質疑の場がある」と申し出は受け入れられませんでした。

今日午後は、市役所からの電話攻勢のため、
準備時間が少なくなりボロボロ状態。

「開かれt議会」と
暴力のない社会を目指して
今から、気を取り直して文案を練ることにします。
ご意見お寄せください

エコ・チェックしてみましょう

2007-12-17-Mon-03:20
14, 15日も自転車で出かけました。
大雪という天気予報ははずれて、
風は少し冷たいけれど、はりつめた空気が心地いい。
これで3日連続自転車。
CO2削減は?
環境部にきいた計算方法によると
燃費1リットルで10㎞として、ガソリン1リットルにつき2.3㎏のC02削減となる。

13日 船見町~市役所~スーパー~船見町             約7㎞ ,
14日 船見町~市役所~女性センター~商店街~船見町     約7㎞
15日 船見町~本町会館~商店街~船見町            約15㎞
    船見町~五島軒~ハルジオン~やまじょう~船見町    約5㎞
,                           計          約34㎞
3日間で、約7.5㎏のCO2削減。
市役所では、エレベーター使わないで、七階まで階段を上り下り
1日最低2回くらいは往復するけど、どのくらい効果あるでしょうか

おかしいです!当事者が委員になるのは

2007-12-17-Mon-02:53
14日10時から、有料老人ホーム問題調査特別委員会が開かれ、傍聴しました。
哀しいかな、無所属議員は、特別委員会の委員になれないのです。

「委員の選任は委員会の自主性を尊重する」と議長が話して、10時半に暫時休憩。
その間、各派代表者会議が開かれていますが、私は参加できません。
12時15分ようやく再開。「福島議員を委員と認める」委員長案を採決し、賛成多数で可決。
正副委員長で今後の委員会進め方を決めるということで、再び休憩。
2時ころ再々開。
新たに出てきたことなどにしぼって調査する、
協議事項・調査事項をあらかじめ提出することなどを確認し、
次回委員会を12月26日10時からと決めて閉会。

傍聴は市民4人、議員7人。
せっかく傍聴に来ても実質的議論がみえない、
休憩が長くていつ再開になるかも分からない、
結果が、当事者と思われる人が委員となる
議会はどうなってるの?と
市民の方々から厳しい声をいただいてます。
傍聴していたのに、委員外発言する機会を逃してしまったことが
悔やまれてなりません。

函館が舞台の「小さな恋の物語」

2007-12-14-Fri-16:11
明日15日から全国ロードショー
『Little DJ 小さな恋の物語』
チラシには、「新人作家による原作本が20万部突破、異例のベストセラー!」
成長めざましい神木隆之介と福田真由子が、ラブストーリーに挑戦。
ラジオ、レコード、ラブレター・・・アナログが輝いていた70年田尾の珠玉の名曲たち」

今年の秋に函館市内各所でロケ。
ロケ地マップによると
舞台は市立函館南茅部病院
弥生小学校、八幡坂、函館山ロープウェイ、函館山御殿山第二砲台跡、
そして、公民館!ここは二人が「ラストコンサート」を観た映画館として使われました。
昭和8年築の建物・・・レトロでいいムードです。
音楽家たちが中心となって改修にむけての活動を展開中。
ぜひ応援してください。詳しくはリンク先で公民館活性化イキ!ネットをご覧下さい。

函館大好きなかたも来てみたい方も必見の映画です!

071214_0133~01.jpg


函館でも福祉灯油の実施が決まりそう!

2007-12-14-Fri-15:48
今議会では、多くの議員が原油高騰による影響と対策について質問しました。
私の質問日は、国が対策の基本方針を決めた翌日だったので、
その方針を受けて市はどう対応するのかと聞いたのですが、
まだ国の情報収集中という答弁でした。
年内に議会の議決必要と報道されていたので心配していたところ、
25日に臨時議会を開催して福祉灯油の提案をすると
先ほど市から連絡入り、安堵しました。
当初、市は対象世帯は5万世帯で1万円とすると、総額5億円となり、
財政厳しいおり難しいと答弁していたのです。
対象世帯は約1/3くらい、五千円で調査・協議してるようです。

減額とはなりそうですが、生活必需品のほとんどが
値上がりしてきているなか、
嬉しい決定です。

10回目のはこだてクリスマス・ファンタジー

2007-12-14-Fri-15:32
全国の皆さ~ん、冬の函館にいらしてください。
海に浮かぶ巨大なクリスマス・ツリー、
姉妹都市カナダのハリファックス市から贈られたものです。
毎晩6時に点灯式、花火もあがって、夢の世界がひろがります。
今年は、屋台スープ・バーも並んでいて、函館名物になりそう。
ツリーは夜中2時まで灯ってます。
週末とクリスマスは朝の7時まで!
幻想的で素敵・・・
でも環境派としては電気消費量が気になるところ
環境にやさしい取り組みを主催者に聞いてお知らせしますね。

071205_2143~01.jpg

「理事の設置」「議案に反対しました。

2007-12-14-Fri-01:25
今日は、総務常任委員会
市役所まで、自転車で行きました。
行きはよいよい 帰りはびしょ濡れ
天気予報で夕方から雨と確認してたのですが、
委員会終了後も、調べたいことが浮上し、遅くなってしまったのです。

委員会採決で、議案第15号「函館市理事の設置および給与等に関する条例」
に反対しました。
反対する理由
*5カ年で650人職員削減という厳しい行財政改革を確実に実行するために必要な役職との説明ですが、新たに理事をおかなくても各部長、局長、副市長の仕事であり、連携強化で解決できると思います。
*行財政改革で職員を減らしている時に、新たな管理職の設置は理解できません。
*理事は任期4年で退職金含め報酬は約7000万円です。7000万円経費節約するしたら大変な努力を要します。
*どのような人が理事となって任務を遂行するのかが明示されなければ、市民の皆さんにも説明しにくいです。
反対4人と少数のため、委員会としては議案に賛成となりました。
19日本会議でも賛成多数で可決となりそうです。
ご意見お寄せください。

初めての議会提案となる「函館市犯罪のない安全安心まちづくり条例(案)」が、
今日、民生常任委員会でまとまり19日の本会議にかけられます。
条例を根拠に施策が進められるので、
市民視点で考えると、自由や権利が奪われることにならないか、
権力行使されないか、枠組みや文言の慎重な吟味が重要となります。

最近の条例制定は、策定委員会をたちあげて議論(事務局は市の担当課)、
その議事録を公表、市民向け学習会など開催、関係市民団体に説明、
素案について市民意見を募集(パブリック・コメント)し公表、
再び策定委員会で議論、議会の所管委員会で議論、条例案作成し策定委員会で議論、
条例案を議会に提案、というように充分市民意見を採り入れていきます。。
議会提案の条例の場合も、同じように市民意見を聴き生かすべきと思います。

ノー・マイカー・デーで健康な街と人を「つくろう

2007-12-13-Thu-00:54
議会質問、今日終わりました!ホッ
傍聴有り難うございます。

ノー・マイカー・デー は市職員対象にできるところから取り組む との答弁
西尾市長は答弁の中で
「湯ノ川で飲んだ時も中島町の自宅まで歩く」と話してました。

議会終わってから、議員控え室に
60台の男性がいきなり入って来てどなりちらしました。
「おめえは自転車で通ってるのか!
自分でやってからにしろ。
議員はただの駐車場においてるんだろ。
おれも元市の人間だけど、
みんな自転車にのってみろ、ふらふらして事故だらけだよ!」
と、こんな具合でした。
私が「市職員の率先行動を」と言ったことにお腹立ちのようです。
「私もノーマイカーデーに取り組んでます」と議場でも言ったのに
聞こえなかったのでしょうか。
その場には、市の部長や課長たちもいらしたので、
男性はわめきちらしてすーっと立ち去りました。

先週は2日間、雪の中を福祉センター・船見町間歩きましたが、
質問準備のため3日徹夜明の今朝は、
さすがの私も車で市役所へ向かいました。
ノーマイカーデーの質問する今日は歩きか電車でと
予定していたのにできなかった・・・と
心のどこかで悔やんでいる私の亡霊だったのでしょうか?あの男性は・・・

その後、学童保育や観光駐車場や西部地区の駐車禁止問題を調査し
6時半から「ふくろうの家」事務局会議
新たなスタートに向けて熱く語り合いました。
議会報告はまた明日にでも。
明日13日は10時から総務常任委員会、
14日は「特別有料老人ホーム問題調査」特別委員会です

12月12日に環境問題など質問します

2007-12-06-Thu-21:51
12月12日(水)13:00~14:00一時間一般質問します。
1.石油高騰による市財政への影響と対策および市民生活への支援策について
(1) 市長の認識と対策
(2) 学校での影響と対策
2.公共交通と自転車を優先するまちづくりについて
(1) ノー・マイカー・デーの実施
(2) 公用車から自転車にきり替えていく市の率先行動
(3) 自転車の走りやすいまちづくりと公共自転車システム導入
3.(仮称)函館ファン・クラブを創設し、まちづくりにつなげること について
4.高齢者虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)対策
5.ストーカー予防など暴力から身を守るプログラム等の学校での取り組み
傍聴は簡単にできます。当日市役所8階の傍聴者入り口で住所・氏名を記入するだけでオーケー。
子育て中の方々ために保育室の設置を要望したのですが、実現にいたってません。少子化対策を議論してるのですから、早急に開会時だけ設置してほしいものです。
傍聴して、どんどんご意見お寄せください。

今朝6日の各紙朝刊に「はこだて議会だより」として広告を載せ、各議員の質問時間と要旨を掲載しています。
大勢の方が傍聴に来ていただくことで、開かれた議会・活性化を目指しています。
今年から始めた新聞広告ですが、先日の議会運営委員会では財政難のおり議会にも経費削減が求められこの広告料が検討されました。「実施したばかりであり、市民サービスと考えると、1年間は続けて効果をみたほうがよい」と継続することとなりました。
議会費の経費削減は、委員会視察を熟慮することなどで取り組んでいますが、
早急に、旧4町村にお住まいの議員には交通費を支給して全議員の費用弁償を廃止し、市庁舎の公用駐車場を有料にすべきと私は考えます。大まかな計算ですが、7~800万円の経費削減と約300万円の増収になります。
全国市民派議員のネットワークでは議員特権を見直そうとのキャンペーンを行いました。
函館市議会の費用弁償は1日5千円ですが、都市によっては1日1万円以上のところもあるのですね。交通費にしては多額過ぎます。

2007年第4回定例議会が始まります

2007-12-04-Tue-02:46
今日4日、10時から第4回定例議会が始まります。
会期は12月19日まで。
一般質問は7日~12日、
私の質問日時はラストバッター:12日13時~14時です!
ぜひ傍聴お願いします。
ただ今、質問内容を練っている真っ最中。
今日の定例会終了後3時間以内に質問項目を提出する
というルールになってます。

公民館マチネ~一足早いクリスマス

2007-12-02-Sun-23:03
クリスマスがいっぱい
公民館マチネ第伍回
畑中佳子・一映さん姉弟と伊藤亜希子さんの
何と6本の手の連弾!
五島明子さんのアメージンググレイス
ヴァイオリン、フルート、クラリネット、カホン
アンサンブル・もジェのコーラスに男声が加わり
シックに コミカルに 荘厳に
クリスマスがいっぱい
満席の会場の手拍子で幕を閉じました。

20071203210046.jpg


出演者の記念写真

次回は2月17日(日)午後2時から
「華麗なるフルートの饗宴」
札幌からフルーティストの中山耕一さんをお迎えし
フルート2本・ピアノ・チェンバロで
バロックから近代までのsまざまなアンサンブルお届けします

公民館活性化を進める「イキ!ネット」の軸となる活動が
公民館マチネです。

思い出すと、松石さんから私のところに
突然メールが舞い込み
公民館を音楽ホールとして活用し函館の活性化につなげたい
と、お話あってから
まだまる2年
こんなに大きく輪が広がって感激です。
皆さーーん、イキ!ネットの会員になって
目的達成のためのアイディア出してください

講演会のご案内

2007-12-02-Sun-21:27
*「大間原発~破滅への道
 part2 海暖め装置と地球温暖化
 講師:小出裕章 さん(京都大学原子炉実験所助手)
 12月7日 (金)18:30~20:30
 会場:サンリフレ函館
 参加費 800円(当日1000円)

*「50年間の沈黙 旧日本軍“性奴隷「慰安婦」問題”証言集会
 12月8日(土)第1部17:00~ 台湾の歴史と支援団体の紹介
        第2部18:30~ お二人の元「慰安婦」との対談
                コーディネーター 近藤惠子さん
  会場:七飯町文化センター
  入場無料
HOME