FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「銃を鍬へ」プロジェクト~多文化共生とは

2008-09-25-Thu-11:03
またまた、国際交流センターから元気と勇気をもらえそうな
講演会のお知らせが舞い込みました。

四国からパワフルな竹内さんを招いてのセミナーです。
きっと何かが見つかるはずです。是非、ご参加ください。
http://www.hif.or.jp/2008/06/2008927esd3.html
*******************************************************************

「銃を鍬(くわ)」へというプロジェクトをアフリカ・モザンビークで行うNPO
法人えひめグローバルネットワーク。これまでに、放置された自転車500台以上
を松山市からモザンビークへと輸送しました。平和な社会のあり方や、持続可能
な社会といった地球規模で取り組むべき課題と地域でできることを実践してきた
事例を元に、市民社会を考え、多文化共生への学びを深めませんか。

日 時:2008年9月27日(土) 14:00-16:30
場 所:(財)北海道国際交流センター
内 容: 持続可能な社会とは?~愛媛とモザンビークのつながりから見えてくる
もの~ワークショップ
対 象:一般
定 員:50名
参加費:無 料
主 催:(財)北海道国際交流センター
EPO環境省北海道環境パートナーシップオフィス

講 師:竹内よし子(NPO法人 えひめグローバルネットワーク)
1961年、愛媛県生まれ。高校卒業後、会社勤めを経て84年、英国にボランティア
留学。現地法人の日系金融機関などに勤めた後、89年帰国。90年から「日本国際
問題研究所(東京)」で国際会議の設営に携わった。97~99年に愛媛県青年海外
協力協会の事務を担当する一方、98年に「えひめグローバルネットワーク」を発
足し、モザンビーク平和構築支援を開始。現在、代表を勤める。また、四国NGO
ネットワーク代表、「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」推進会議理
事、外務省委嘱NGO相談員として多様なボランティア活動・NPO/NGO活動の促進に
取り組む。

■申込み/問合せ先■
(財)北海道国際交流センター(HIF)

ふれあい運動会

2008-09-22-Mon-00:22
議会報告は、明日にします。再質問の答弁は書き取れきれてません。
正確に再現したいので、録音テープを事務局から借りてきます。


今日は「ふれあい運動会」でした。
第1方面育成部の主催で4回目となります。

20年ふれあい運動会2
西部地区に、こんなに子どもがいたのか!と感激するくらい
子どもたちが(100人以上かな)集まりました。
ラストの町会対抗リレーは最高の盛り上がり。
第2船見町会は人数が足りなかったので。船見第1町会と一緒にチーム結成。
私も1周全速力?で走り、アンカーの谷目さんにバトンを渡しました。
惜しくも、最後から1位・・・
幼児も高齢者も一緒になって楽しみ、みんないい笑顔。
「来年の運動会まで、毎日その笑顔でいましょうね」と
放送係り、宣伝係り、賞品渡し係り件会長の私の挨拶で幕を閉じたのでした。

1ヶ月前から宣伝や景品の買い出し、
今朝は6時からグランドの整備などなど
準備と後かたづけまで 七町会の委員の皆さん
本当にお疲れさまでした。
来年も続けましょうね。

弥生小学校整備が景観審議会に諮問されました

2008-09-20-Sat-02:51
昨日18日、定例会で
西小学校・弥生小学校の統合と現弥生小学校校舎について質問しました。
今日19日、総務常任委員会で付託されていた
19号議案「函館市学校設置条例の一部改正について」
から弥生小学校について質問しました。

それらの報告は明日にしまして、
今日10時から、都市景観審議会が開催されていたので、
その内容をお知らせします。

審議会開催日を調べなければと思いながら、質問準備に追われ、
不覚にも、審議会が開催されたのを知ったのは、
今日の総務常任委員会終了後の3時でした。
直ぐに都市建設部に行き、資料をいただきました。

たしか、「今後は都市景観審議会にも諮りながら基本設計を進め~」
と市教委が昨日答弁してます。
“今後”とは、翌日も入るのですね。
「明日、開催される都市景観審議会にも諮りながら」
と答弁することは考えられないことなのでしょうか。

旧西警(現在は臨海研究所)の建物保存について
都市景観審議会で議論を重ねた10年前頃、私は審議会委員でした。
(まだ議員になる前のことです。)
この時に、【外観が維持されれば「復元修理」に相当するとして、
保全基準を運用して指定を継続する】と決まったのです。
このように答申するまで、かなり悩みぬいたのを思い出したので、
当時の議事録を月曜日に探してみようと思います。

       ※ ※ ※ ※ ※
平成20年度第1回 函館市景観審議会
9月19日(金)午前10時~ 水道局4階大会議室
議案(公開)
ア 景観形成指定建築物等に係る函館市都市景観条例の運用について
配布資料 1.諮問書(写し)
  2.諮問趣旨
  3.第1回市民説明会配布資料
  4.第2回市民説明会配布資料

 諮問 景観形成指定建築物等に指定している「函館市立弥生小学校」の整備計画が、        景観形成指定建築物等の保全に係る基準3に適合するとの判断について
     
諮問趣旨 函館市立西小学校と函館市立弥生小学校が統合することとなり、統合校の位置は景観形成指定建築物に指定している現弥生小学校の位置となった。統合校舎の整備については、現弥生小学校の活用も含め、種々検討したが、耐震診断の結果では、構造体の劣化が全体的に相当進んでおり、今後も進行していくことが推察されることから、学校として、将来にわたって使用していくうえで、安全性の確保と景観の保全を両立できる悪実で有効な耐震補強の実施は難しいものと判断し、解体し新築することとした。
  ついては、夏季の内容で整備を行うことは、規模を縮小するものの、主要な外観を復元継承するものであり、都市景観の形成上重要な価値が損なわれるものでないことから、景観形成指定建築物等の保全に係る基準3に定める「景観形成指定建築物等の保全のための特に必要があると認められる場合には、都市景観審議会の意見を聴いて、前2項と別の取り扱いとすることができる」とする規定の適用により、保全基準に適合するものと判断しており、このことについて都市景観審議会の意見を求めるものである。
        記
1.弁天末広通り(バス通り)、東坂および弥生坂に面する外観を当時の設計図と現地調査により忠実に復元する。なお、東坂および弥生坂に面する部分は規模を縮小する。
2. 当該建物の特徴を表す正面玄関部分の外壁の再利用を検討する。


19日の審議会は、現地調査が主で本格的議論は次回からだそうです。
ただ、諮問内容を幅広くとらえて議論すべきという意見も出たそうです。

次回は、9月30日午後3時から 水道局会議室
ぜひ、傍聴に行きましょう。

今日2時からのコンサート

2008-09-14-Sun-10:23
国際交流センターからのお知らせです。
私は、相談が2件入っていて参加できません。
残念です。
間に合う方はぜひいらしてください。
   * * * * * 

横浜で行われたTICADⅣ、そして7月にG8北海道洞爺湖サミットが行われた。保健
医療セミナーの報告も札幌や函館で行われており、多くの人たちが世界に目を向
けた2008年の夏。とりわけアフリカへの関心は高まり、8月に入ってからは、
「ジャンボ打アフリカ」として、KEKENDO、そして BACHIKONDOOOとアフリカの風
が吹く函館。その第3弾として企画しました。
キベラスラムの子どもたちのお話とスライドトーク、そしてカリンバ演奏とドゥ
ルマ民族のタイコなど、音楽や映像を通じて、今のアフリカを見て、知って、感
じる2時間。私達が幸せに生きる上で大切な事。一緒に考えてみませんか?

■日 時:2008年9月14日(日)14:00-16:00(開場13:30)
■場 所:函館市芸術ホール リハーサル室
■入場料:大人1500円 中高大800円(小学生以下無料)
■定 員:50名(定員になり次第〆切)
■内 容
オープニングにカリンバ演奏(近藤ヒロミ)
キベラスラムの子どもたちのお話&スライドトーク(早川千晶)
ドゥルマ民族のタイコ(大西匡哉とマテラ長老)

●スワレ・マテラ・マサイ (Swaleh Mwatela Masai)
1949年8月生まれ。伝統呪術師一族の継承者。
ケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の伝統音楽「センゲー
ニャ」の巨匠。中低音系の4つのタイコ(ンゴマ・ンネ)をメロディアスに叩く
名人。変わりゆく現代社会の中で、コミュニティの人々を結びつけ、伝統文化を
守り、民族の歴史と誇りを伝えていく役割を担う稀有な存在。
イギリス、イタリアで、音楽を通じての文化交流プログラムを主宰し、高い評価
を受ける。
マリンディに、伝統音楽家たちの活動の場として「ミジケニア文化村」を設立。
世界各国からやってくる人々との交流を活発に展開中。
魂を癒す音楽(ヒーリング・ミュージック)の専門家でもある。ナイジェリアで
開催された音楽祭で優勝。
ミリティーニ村のジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)の会長でもある。
Swaleh%20Mwatela%20Masai.jpg
●大西匡哉(おおにし・まさや)
ケニア在住のミュージシャン。
ジャンベグループ「楽(らく)」主宰、日本全国でのストリート演奏活動、ジャ
ムロックバンド「らぞく」のパーカッショニスト、
東アフリカ打楽器グループ「ブルケンゲ」を経て、2004年からケニア在住。ドゥ
ルマ民族の村で、伝統音楽家スワレ・マテラ・マサイ氏に師事。村やスラムの音
楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
自宅スタジオでケニア人ミュージシャンたちとレコーディング、CD制作、音楽を
通じてのコミュニティサポートに取り組んでいる。
CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」、
「TWENDE NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」「MILELE~キベラスラムの歌
声 Vol.2」をリリース。
masayaohnishi.JPG
●早川千晶(はやかわちあき)
ケニア・ナイロビ在住20年のライター。世界放浪の旅の後、ケニアに定住。
旅の企画や撮影コーディネーターを手掛けた後、フリーライターになる。現在は
執筆活動のかたわら、ナイロビ最大級のスラム・キベラで、
孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための寺子屋「マゴソスクール」の運
営(生徒数300人)、スラム住民の生活向上プロジェクト、給食活動、リサイク
ル運動、大自然体験ツアー、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアーな
どを手がけている。2005年から、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子ど
もの家)を設立、運営を開始(児童数31人)。
著書に、「アフリカ日和」(旅行人)、「輝きがある。~世界の笑顔に出会う瞬
間(とき)」(出版文化社)。
様々な雑誌や新聞にアフリカの話題を執筆している。
1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを毎年行っている。
大西匡哉と共に、「JIWE」「マイシャ・ヤ・ラハ基金」などをベースに活動中。
アフリカスタディツアー: http://tabisen-tsunagu.orio.jp/africa_studytour
マイシャ・ヤ・ラハ基金: http://www.maisha-raha.com
chiakihayakawa.jpg
●近藤ヒロミ
音楽家。沖縄在住。
1959年、東京生まれ。東京芸術大学鍛金専攻科修了。
1982年、スワヒリ語留学のためケニアへ。カリンバやアフリカ音楽と出会う。
ケニア、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエなど約20カ国で6年間に渡って音楽
の修業を積み、帰国後は東京で演奏活動を開始。
1991年、CD「しおのみち」発表。
91年末、沖縄に移住。カリンバ工房「タピワ」設立。本格的にソロ活動を開始する。
1993年、民族楽団「ディンカ・ドゥンク」結成。
1997年、女性3名のユニット「アマナ」のメンバーとなる。
現在は2つのバンドのほか、ジャズ、沖縄民謡とのセッション、ソロ活動などを
精力的に行い、日本全国でムビラ、カリンバ、タイコ、笛を駆使した楽しいライ
ブを繰り広げている。
参加CD「ディンカドゥンク」、「しおのみち」、「アマナ」、「OASIS」、ソロ
CD「TAPIWA~おくりもの」
http://home.att.ne.jp/iota/mbira/hiromi.html
hiromi3-2.JPG

■申込み/問合せ先■
(財)北海道国際交流センター(HIF)
TEL:0138-22-0770 FAX;0138-22-0660

日仏交流150周年記念コンサート

2008-09-09-Tue-23:27
2ヶ月前にコンサートの話が舞い込み、
日仏交流のためなら!と
実行委員会をの立ち上げを提案して
準備を進めてきました。

今日チラシとチケットが完成したので、
明日から宣伝開始です。

奈良、仙台、岐阜、山形と全国縦断コンサート、
フランスとゆかりの深い函館でぜひ開催したいと
演奏者から希望があったのです。
フランスの風景や習慣、文化を映像と解説で紹介。
演奏はカミシャ・トリオ~2人の著名なフランス人トランペット奏者
              仙台在住の日本人ピアニスト
お聴き逃しないように・・・

日仏交流150周年記念
カミシャ・トリオ ディアポラマコンサート
~フランス音楽と映像のコンサート~

11月3日(月)祝日  14:00開演 (13:30開場)
函館市公民館(青柳町12-17)
全席自由 一般3,000円(前売り2,500円)
主催 フランス音楽と映像のコンサート実行委員会
    代表 フィリッポ・グロード(旭岡の家)
    事務局長  成田良太(西高校音楽の先生 吹奏楽部指導者i

お問い合わせ  成田 0138-65-2152    竹花 0138-23-2504
仏コンサート2
リゾート地 エトルタ
1ヶ月のヴァカンスを楽しむ国
食を大切にする国

フランス大好きな方、行って見たい方、
トランペットの好きな方、
お誘いあわせてご観賞ください。

また広報や当日運営のボランティアも募集中。
一人でも多くの方にお知らせお願いします。




9月18日に質問に立ちます。

2008-09-09-Tue-22:53
第3回市議会定例会で、
9月18日(木)11:00~12:00
質問に立ちます。

質問要旨
1.行列のできる学校図書館づくり
2.高齢者見守りネットワークについて
3.ひきこもりの現状と支援策
 ① 児童・生徒の場合
 ② 青少年から成人の場合
4.大分県教員採用汚職事件に対する市の見解と対策
5.西小学校・弥生小学校統合と現弥生小学校校舎について

傍聴お願いします。

今日8日、2時から環境講演会

2008-09-08-Mon-12:41
(財)北海道国際交流センター(HIF)から
講演会のお知らせが来てました。
急遽函館を留守にしてしまったので、
早く載せることができませんでした。
関心ある方の目にとまりますように。

 原油の高騰から始まるガソリンや灯油の値上げ、食料や日用雑貨など生活に密
> 着する物の値上げに苦しむ社会。また、G8北海道洞爺湖サミットにおいて、主要
> 課題とされたCO2削減などの地球温暖化の問題。私たちの住む地球は一体どうな
> るのか?
> 世界の状況は、そして今私たちがすべきこととは?地球環境の危機を、環境スペ
> シャリストの石弘之さんにお伺いします。ここを逃すことはできません。是非、
> お越しください。
> ■日時:2008年9月8日(月)14:00-15:30
> ■場所:財団法人 北海道国際交流センター(HIF)
> ■資料代:500円
> ■定員:50名
> ■〆切:定員になり次第締め切ります
>
> 講師:石弘之(いし ひろゆき)
> 【東京農業大学生物産業学部 産業経営学科 地域環境政策論研究室教授】
> 1940年東京生まれ、東京大学卒業後、朝日新聞社に入社、ニューヨーク特派員、
> 科学部次長などを経て編集委員、85~87年国連環境計画(UNEP)上級顧問、94年
> 朝日新聞社退社後、東京大学大学院教授、ザンビア大使を経て、2004年12月より
> 北海道大学公共政策大学院教授、これまでに国連ボーマ賞、国連グローバル500
> 賞、毎日出版文化賞を受賞。
> 著書に、『地球・環境・人間』(岩波科学ライブラリー)、『地球環境報告』
> 『地球環境報告Ⅱ』『酸性雨』(以上、岩波新書)、『子どもたちのアフリカ』
> (岩波書店)、『地球破壊 七つの現場から』『世界の森林破壊を追う―緑と人
> の歴史と未来』(以上、朝日選書)ほか多数
>
> ■申込み/問合せ先■
> (財)北海道国際交流センター(HIF)
> TEL:0138-22-0770 FAX;0138-22-0660

9月9日 憲法9条を守り 世界に広めよう

2008-09-08-Mon-06:19
明日9日、2回目の9条アピール行動が行われます。
昨年初めて、「9月9日9時9分に9条を」のアイディアが出され、
戦争をしないための選択・9条を考える道南の会が、
全国に一斉行動をよびかけました。
私も全国の市民活動に熱心な友人に趣旨を送ったところ、
何人かが賛同して直ぐにユニークな企画を考えました。
中には、仲間を集めるには時間がないので、
その時間に一人で瞑想します。との返事も。


今年も札幌や帯広など道内をはじめ、
佐世保市や静岡市などでも
様々な形で平和を願い9条をアピールします。
道南・函館は、
1.午後6時半~7時半 五稜郭交差点で
  9条を訴える活動とパフォーマンス
  自由参加、
  それぞれの思いで衣装・ゼッケン・プラカードなど用意してください。

2.7時半~9時20分 貸切カラオケ電車で
  車内交流会・ライブ
  9時9分に「9条乾杯!」
  こちらは定員35人くらい
  一人1,000円で飲み放題・食べ放題とか・・・
  お問い合わせは
  事務局の森越法律事務所へ
  ℡:0138-56-0042

「憲法9条は世界の宝」と
憲法作成に関わったベアテ・シロタ・ゴードンさんは
平和と女性の人権を訴えています。

明日9日9時9分、
平和を願う行動をしてみませんか。

  

国宝『中空土偶』

2008-09-05-Fri-05:35
道内初の国宝である中空土偶が1年ぶりに公開されます。
期間:9月9日~23日
場所:市立函館博物館
    特別企画展「国宝中空土偶と函館発掘物語」

会期中にご覧になれない方は函館市役所へ。
正面玄関ホールで
中空土偶レプリカがお迎えしてます。
中空土偶レプリカ

第3回市議会定例会のお知らせ

2008-09-05-Fri-05:06
4日の議会運営委員会で、第3回市議会定例会の日程が決まりました。
会期は9月8日(月)~10月1日(水)
今回初めて、会期中に決算特別委員会を3日間行います。

常任委員会付託議案34件、決算特別委員会付託議案16件。
一般質問は11日から最多の22人が登壇します。
私の質問予定日は
9月18日(木)11:00~12:00
質問項目の提出は
定例会初日の本会議終了後3時間以内となっています。
ご提案ありましたらご連絡ください。
HOME