FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館での一避難所の様子

2010-02-28-Sun-16:25
避難所に2時頃から2時間弱お手伝いに行って来ました。
2才から80代まで40人くらいの方が二つの教室に避難なさってました。
愛犬1匹も。
教室は大きなストーブが持ち込まれていたので暖かです。
児童机は寄せて、椅子席とビニールシート。
カーペットを敷いたら、高齢の足の悪い女性は早速横になっていました。

市職員1人、校長先生はじめ学校関係者3人で
準備し、避難者のお世話してます。、
ほどなく民生児童委員が一人来てくれましたが、

温かいお茶を渡したり、
子どもたちに絵本を読んだり、
トイレに案内したり、
話を聴いたり、と
不安な心に寄り添うボランティアが多数必要と感じました。
子どもたちが眠そうだったので、座布団を探し始めた3時ころに
毛布と非常食が届きました。
子どもは2才,3才,4才、小学校高学年の4人が
それぞれお母さんやおばあちゃんと来ています。
高齢の方は車椅子の夫を妻が一人で押して来たというご夫妻も。
「ここで死んでもいいから避難したくないと思ったけど、
室蘭にいる子どもから避難してくれって言われてね」とおっしゃってました。
急な坂道を車椅子を押して登ってくるのは大変だったでしょう。
旧弥生小学校にタクシーで行ってしまった方、
西中学校と勘違いした方ももいらして、
避難場所については混乱があったようです。

21年3月に作られた「津波ハザードマップ」を見ましたら、
弥生小(仮校舎)が避難所と赤く囲んであります。
学校の外に設置してあった避難所看板は西小学校のままでしたが。

まだ警報解除にはならないので、夕食時にもう一度避難所に行ってみます。
避難所に泊まることになったら、体育館に移動するのでしょうが、
薄い毛布1枚で冬の夜を過ごすのは可哀想ですね。

杖をついた高齢の方はお連れ合いやお子さんがお世話してます。
お一人暮らしの方は避難できずにいるのでしょう。
防災時見守りネットワークが必要です。

チリ地震による津波警報~函館でも避難勧告

2010-02-28-Sun-12:52
チリ地震による津波警報により、
函館でも、市内沿岸全域に避難勧告を発令したと12時40分に
市役所総務部から電話連絡ありました。
市議全員に連絡することになっています。

我が家からは入舟漁港から向かい側の斗市沿岸まで一望できます。
函館港2  函館1港
空は明るく海はないでいて、船は大小30ほど湾内に入ってます。
穏やかな初春の北の海という感じですが、
50年前の津波体験を思い出し、市役所に電話しようとしたところでした。
津波は1m高さの予測で到達は午後2時ころ。

電話を受けて約10分後、
入舟町岸壁周辺で消防車が避難勧告を知らせて回り始めました。
お一人暮らしの高齢者や障害ある方まで届いているでしょうか。
市内でも高齢化率の高い地域、避難所までの移動困難なかたも多いはずです。
ご近所力に頼ることになります。

50年前のチリ地震による津波の被害が日本では大きかった。
地震発生から約22時間半後の5月24日未明に最大で6メートルの津波が
三陸海岸沿岸を中心に襲来し、142名が死亡した。

函館でも高い波が大森浜側と港側から時間差で押し寄せた。
その時私は小学校4年生で、港に近い真砂町に住んでいた。
向かいのニチロビルの2階くらいまで波が来て怖かった思いが残っている。

沿岸の皆様、十分ご注意ください。
近所の様子を見てまわることしかできません。
波が高くないことを祈るのみです。

1時40分、市防災担当からFAXが送られてきました。
避難勧告対象は22,831世帯、44,964人。
避難所は34個所。
入舟、弁天地区は弥生小学校(旧西小学校)に避難します。
津波の状況を見てからお手伝いに行ってきます。



性暴力禁止法をつくろう

2010-02-28-Sun-03:58
27日今日は3つの学習会に参加して新たな出会いや気づきがありました。
刺激を受けたからでしょうか、夜デスクワークもはかどっています。
午前は、渡島支庁主催「DV家庭における性暴力被害の実態」
午後は、認知症当事者交流会と、
YWCAピース館「世界の旅から学んだ平和への想い」。

日付も代わり、夜明けもちかくなってきたので、
今日はこの内一つだけお知らせしておきます。

「DV家庭における性暴力被害の実態」
講師は近藤恵子さん、NPO法人女のスペース・おん代表理事、、
「全国女性シェルターネット」共同代表で、
DV防止法制定にも尽力をつくされた方です。
近藤さんがシェルターの必要性を函館で熱く語ったのが16年前。
その翌年1995年に、女のスペースおんが企画した
北京世界女性会議NGOフォーラム参加ツアーに私も加わりました。
炎天下で「北海道における女性に対する暴力」のワークショップを主催し、、
世界各国から集まった女性たちと痛みを分かち合ったことを
昨日のことのように思い出します。
1995年北京女性会議家庭での女性への暴力が大きなテーマとなった

この15年で民間シェルターが約100作られ、
DV法が制定されたのは、
当事者の女性達の声と行動力でした。

しかし、日本のDV対策はまだまだ不十分です。
近藤さんは検挙件数などのデータを示しながら
DV犯罪は不処罰なままと指摘。
続いて2009年に全国女性シェルターネットが調査した
「DV家庭における性暴力被害実態」を報告し、
包括的な性暴力禁止法制定の必要性を強く訴えました。
DV家庭で性暴力被害を確認できた子どもは6%。
0~14才までの被害が72%、実父からの被害が86%。
子どもたちの被害影響は大きく深く永い。
中学生の時に父親から強姦された、現在34才の女性言葉が紹介された。
何万回も死にたいと想った。でもそれ以上に何万回も生きたいと想った。
どうしたらこの苦痛が軽くなるのか、いつも闘っている。

性暴力禁止法には、
*性暴力犯罪の規定
*性暴力犯罪に対する処罰と再教育システム
*性暴力被害者回復支援センターの設置
などについて、DV防止法策定の時と同様に、
全国の女性たちが寄ってつくりあげようとしています。
3年後の策定を目指していくつかのワーキングチームが活動しています。

男女共同参画第三次基本計画策定にあたり、
5月頃にパブリックコメント(意見公募)が予定されています。
女性達の声が反映された計画となるよう、
各地から意見を出して、性暴力禁止法制定にもつなげましょう。
詳細は、右のリンク「内閣府男女共同参画局」をご覧下さい。

性暴力被害ホットライン 3月末まで延長
10月から1月末までの予定で始まったホットラインは、
深刻な相談が相次いだため。3月31日まで継続されます。
電話番号は」(0120・37・7867)
毎週月・金・日曜の午後3時から9時まで
DV、ストーカー、レイプなど、性暴力被害を受けた人が
無料で相談できます。
第3・第4金曜に英語とタイ語、第1・第2日曜にタガログ語の相談を受けます。
性同一性障害など性的マイノリティーにかかわる性暴力の相談にも対応します。
 開設後、12月末までに寄せられた相談は約200件。
DV相談が4割をしめ、生命にかかわる相談もあったそうです。
通話中で応対できなかった着信が3か月間で約350件あり、
2か月の延長を決めたといいいます。
厚生労働省が「全国女性シェルターネット」に委託した事業ですが、
来年度からは常設にしてほしいものです。、



春の悦び~浅田真央さん銀メダル!!

2010-02-27-Sat-22:58
昨日は市議会定例会初日の本会議。
市長は市政執行方針で、市民力に感銘したと延べ、
市民参画による市民主体のまちづくりを強調しました。
これまでは、子どもの権利条例策定に消極的だった市長ですが、
この度は、
「子どものいじめや権利条例等につきましては、
子どもの未来を育むという観点から、どのようなかたちが望ましいのか、
検討に着手します」と述べています。
一歩前進です。
学校図書館の大幅な充実、食育推進計画、介護雇用推進プログラム、
なども盛り込まれました。
市政執行方針と教育行政方針は、「市政はこだて3月号」に掲載されます。

初日本会議は12時8分に終わり、
その3時間以内に質問項目を提出する決まりとなっています。
私の質問は、
1.生ごみリサイクルの推進
  1.地域循環型社会を目指して市長の考え方と今後の取り組み
  2.子どもたちへの環境教育としての取り組み
2.自殺防止対策
3.市民参加のまちづくり推進
  1.審議会・委員会等の委員選任について
  2.市主催講演会等に託児、手話通訳、要約筆記をつけることについて
4.受動喫煙防止対策

浅田選手銀メダル!の朗報が、昨日の私の緊張感を解いてくれました。
女子フィギュア日本女子全員が入賞という、
それぞれが想像を超える困難を乗り越えての快挙です。
その精神力に感動しました。
受験や就活など挑戦している若い人たちに勇気を与えたことでしょう。
みんなに春が来てほしい。
昨日、癒されたのはもう一つ、
春一番
「我が家に咲いてるミニガーベラです」と
友人が送ってくれた写メールです。
有り難う。可愛いので携帯の待受画面にしました。
雪の多い厳しい冬でも、春は必ず巡ってきます。

女性差別撤廃条約選択議定書の批准を求める意見書案を議会に提出

2010-02-25-Thu-16:33
女性差別撤廃条約選択議定書の早期批准を願って、
意見書案を函館市議会に
無所属議員2人で提出しました。
このような方法での提出は初めてです。

すでに100くらいの地方自治体が提出しているので、
函館市も可決となるよう強く望んでいます。
昨日の議会運営委員会後、各会派へ資料をもって説明にまわりました。

「世界経済フォーラム」の2008年版「世界男女格差報告」によると、
日本の男女格差指数の順位は130カ国中98位と、
前年の91位よりさらに後退しており、
女性差別の是正が国際的に見ても極めておくれていることを示しています。
さらに昨秋以降の未曾有の経済・金融危機の中、
妊娠・出産を理由にした不利益な扱いや、
育児休業などを理由にした女性の解雇などが急増していることから、
妊娠中の女性に特別の保護を与えることを定めている
本条約の徹底が緊急の課題となっています。

この選択議定書批准を求める請願は、
衆参両院合わせて130件以上提出されていて、
請願者数合計は56万8千人を越えます。
衆議院ではいずれの請願も審査魅了となってますが、
参議院では2件をのぞいて全ての請願が採択され、内閣に送付されています。

昨日の市議会運営委員会では、
2010年第1回市議会定例会の運営について協議されました。
無所属議員は運営委員となれないので、いつものように傍聴しました。

会期は明日26日から3月26日までの29日間。
予算特別委員会は3月17~23日。
無所属議員は予算特別委員会の委員にもなれませんが、
委員長に通告して委員会で認められると、
一番最後に質問する機会を得られます。

初日に市長の市政執行方針と各会計予算、
教育長の教育行政執行方針が説明され、
議案68件が提出される予定です。
市議会は、
各常任委員長、議会運営委員長が審査・調査報告を行い、
韓国・高陽市との姉妹提携の希求を決議します。

代表質問5人、個人質問19人。
私の質問日時は、
3月10日(水)11:20~12:20
質問項目は明日お知らせします。
傍聴お願いします。


2010年3・8国際女性デー100周年

2010-02-23-Tue-23:26
3月3日は桃の節句ですが、
3月8日は国際女性デー,女性の人権を守り、
ミモザ、チューリップ、ばらを贈ります。
1910年、コペンハーゲンで開かれた第二回国際社会主義女性会議で
クララ・ツェトキンらの提唱により創設されました。
国連は1975年(国際婦人年)に「国際女性デー」と定め、
女性に対する差別撤廃や社会開発等への平等参加、
環境整備に貢献することを目的としました。

「女性と仕事の未来館」HPには、
しかし、近年では政治色は薄れ、
「女性に感謝する日」として花を贈る記念日となり、
イタリアではミモザ、ロシアではチューリップを贈ります。
と書かれていますが、
毎年この日は女性政策に関する講演会が各地で開催されています。
国際女性デー100周年の今年は、世界中、日本中各地で、
さらに多彩なデモや集会が企画されています。

函館では、私たちの働き方、暮らし方を考える集会。
第100回3・8国際女性デー
第40回道南地区集会
「わたしたちは なぜこんなに 生きづらいの?」
講師  竹信三恵子さん(朝日新聞編集委員)
とき  3月8日(月)18:30~
ところ 函館市市民会館 小ホール
参加費 500円

東京では、原宿から渋谷周辺でパレードがあります。
2010年国際女性デーをたたえ女たちの視点から発言するミモザパレード。
3月7日(日)11時頃神宮前区民会館12時出発
      渋谷駅通過、青山国連ビル通過して、並木橋解散
      パレード後は、渋谷区の氷川区民会館で、
     国際女性デーを機会に女性差別をなくしていくリレートークを予定
ミモザパレードの情報は、下記ブログで。
http://blogs.yahoo.co.jp/asatorigan/8967872.html

東京にある「女性と仕事の未来館」では、
3月5,6日に「国際女性デー2010」を開催。
女性デー2010によせていのちを育む女性だから、わかること。
女性と女性が力をあわせてできること。
そんな発見と創造の場をつくりたい。
女性と女性がつながることで、豊かな未来を考える機会を持つことが、
わたしたちの「女性デー」です。 
日本でも女性を讃え、「女性に花を贈る日」になるよう願いを込めて、
季節のお花で会場を飾ります。
開催テーマ元気な女性たち〜健康、リフレッシュ!
ライフサイクルとキャリアデザイン、ワークライフバランス、
女性の起業、都市と地域の連携
各方面でご活躍のスペシャリストによるセミナー&プレゼンテーション

ニューヨークでは、この時期、第54回国連女性の地位委員会が開催され、
北京から15年をテーマに世界中から多くの女性たちが参加し協議します。

国内でも、国連機関等が国際女性デーを記念したイベントを開催予定。
http://www.unfpa.or.jp/mothers/event/index.php?eid=00032

国際女性デーで検索していたら、
とても素敵な文章に出会いました。
音楽の世界から男女平等の実現を目指している、
小林緑さんが書いたものです。
march-of-women.jpg『女性たちの行進 The March of Women』

婦団連会長堀江ゆりさんの巻頭言と、
『女性たちの行進 The March of Women』が紹介されていたので、
一部を載せます。関心あるかたは
NPJ通信 のHPをご覧になってください。

「大切なのはくらしと平和─―世界の流れはいま、確実に変わっています。
日本にも春を届ける国際女性デー。さあ、立ち上がりましょう。
全国草の根で、世界の女性たちと連帯して、
私たちの手で政治の流れを引き寄せるために。」

「Shout, shout, up with your song!
Cry with the wind, for the dawn is breaking…」
と始まるこの女声合唱曲こそ、
1911年、作曲者が投獄までも経験しながら
イギリスの女性参政権運動を繰り広げたさなかに、
女性達への応援歌として書いたもの。

ラブ里・はこだて 移住交流会

2010-02-22-Mon-22:22
昨年の移住クリスマス会の楽しさを思い出して、
今年第1回目の移住交流会に参加しました。
初参加の方9人を含め60人も集まり、会場は和やかなムードです。
まず、居住地区別に12,3人のグループに分かれ、
お弁当をいただきながら、自己紹介と函館に移住して良かったことを話し合いました。
2009年秋 230
移住アドバイザーが場を盛り上げながら進行していきます。
去年住み始めたばかりの方々にとっては、
この冬の寒さ、雪の多さはかなり厳しかったようです。
高齢の男性は、冬期間はただひたすら耐えていると苦笑してました。
冬も楽しい行事が沢山ありますから、閉じこもらないでくださいね。
函館は北海道にしては雪も少なく寒さ緩やかな街なので、ご安心ください。

夫の故郷なのでUターンというご夫妻、
親戚やお友達を大勢函館に招きたいと張り切ってました。
観光客500万人へ強力な応援団です。

息子さんの教育のために父子二人で移住した男性。
家を決める時、「過疎化してる西部地区に住んでください」と
市役所職員から熱心に勧められたそうです。
函館らしい地区に住めて良かったと語ってました。

2009年秋 231
以前から多かった農業体験してみたいとの声が実現しそうです。
体験農業を提供している「みやご果樹園」の方が説明に来てくださいました。
りんごは北海道知事よりエコファーマーの認定を受けています。

2009年秋 232
街によって大きく違う「ごみの分別」!
転勤族、移住者にとっては悩みの種です。
市環境部リサイクル推進課からスライドや現物提示で詳しく説明されました。
函館の海や山や川を守るためにも、ご協力お願いします。

次回は4月21日。
函館では、移住した方が楽しく暮らせるように様々なサポートをしてます。
芸術・文化・スポーツ、お祭り、また函館発信のイベントも沢山あり、
観て、参加して、自ら演じることもできます。
終の棲家はぜひ函館に!
右リンクの函館市地域交流まちづくりセンターから
移住サポートラブ里・はこだてにつながります。

それにしても「移住者」という言葉は何とか変えられないでしょうか。
いつまでも移住者では、
よそ者扱いされてるように感じる、
いやなイメージがある、
との声が毎回あがっています。
ニュー市民、 I・U(愛・優)市民・・・・、
素敵な言葉を思いついた方、ご連絡ください。

22年度市政執行方針(案)を定例会前に配布

2010-02-21-Sun-11:12
来年度の市政執行方針については、
今までは第1回定例会初日に議場配布されてました。
今回は、定例会開会1週間前の昨日19日に、
市政執行方針(案)が各議員の机上に配布され、
代表質問等の参考にしていただきたくと、記されていました。
事前配布により議論が深まることが期待されます。、
「取扱注意」を願うと記されていたので内容は書けませんが、
これまで議会で要望や提言をしてきた、
子どもの未来をはぐくむことに関して考え方が示されていたので、
一歩前進と、ほっとしたところです。
引き続き、調査・研究していきます。

レラのコンサート

2010-02-20-Sat-21:58
2月28日、レラ(アイヌ語で“風”) のコンサートがあります。

開場;午後2時、開演;2時半
会場;サンリフレ2階 音楽室
入場無料(整理券)
入場整理券取り扱い;サンリフレ レストルーム ローカン(担当:川村さん)
主催;ピリカモシリプロジェクト

函館地裁初の裁判員裁判を傍聴

2010-02-18-Thu-09:22
昨日、函館地裁初の裁判員裁判を一日傍聴、
被害者のプライバシー保護、裁判員の質問に注目して聴きました。
昨年春頃市民団体が要望したように被害者プライバシー保護に
配慮されてはいました。
けれど、供述朗読の中で、制服の服種や色、
犯行の場である小屋裏の業種が読まれたことで、
この狭い街では、被害者の学校が推測できてしまう
と、二次被害が起こるのではと不安になりました。
今日、裁判所に尋ねてみます。

裁判員は男性4人、女性2人の計6人、
「犯行の前に、溺愛している自分の娘さん達のことは考えなかったのですか」
と、初めに女性の裁判員が質問しました。

今日午後から評議に入り、明日19日午後判決となります。
詳細と感想はその後に報告します。

昨夜の大間原発総会に参加、提訴の日を協議しました。
「工事現場に巨大なクレーンが12,3ヶそびえ、
夜は東京のような明るさだ。
大きな作業員宿舎が建ち,飲み屋もできている。
町中は変わらず静かだけどね」
大間からの参加者が話していました。

さわやかな男子高校生が多い函館!へ遊びに来ませんか

2010-02-16-Tue-23:20
今日の午後に参加した「まちづくり講座」で嬉しい話を聴いた。
「函館の男子高校生はさわやかでファッシセンスがいい。
男の子向きのおしゃれな古着屋・雑貨屋がある。
函館の新しい産業の一つになるのではないか」
と、講師が函館のまちを変える提案をしたのだ。
講師は、現代版家守事業や都市・地域再生プロデューサー、
実業家の清水義次さん。

函館でなければ買えないこだわりのヤング・ファッション。
全国から若者が訪れ、出会いが生まれ、
函館に残ろうという若者も増える・・・という夢を描いてしまった。

友人の息子さんが原宿でデザイナーをしていて、ヒット商品を生み出している。
函館から発信してもらえないだろうか。
夢、では終わらせたくない。

講演後の質問タイムの時、一番先に手をあげたのは男子大学生だった。
大学生が参加していたことに驚き、函館の将来に光が差した気がした。
早速、8月主催する国際フォーラムの実行委員会にお誘いした。
女性の参画と共に、若者の参画も目指し、今朝から若者探しをしていたところである。
元気の出る講演を聴き、
さわやかな青年に出会えて、とても良い一日となった。


二酸化炭素削減サンドメッセージ

2010-02-16-Tue-05:48
NPO法人南北海道自然エネルギープロジェクト(エネプロ)代表の
ピーターハウレットさんからメッセージが届きました。
函館ラサール高校環境研究会の皆さんとエネプロ会員と協働で
毎年サンドメッセージに取り組んでいます。
2年前に水運び隊で参加したのですが、浜風が身にしみました。
昨日も寒風の中、お疲れさまでした。
素敵な文字に仕上がり、大成功ですね。
2010年サンドメッセージ
February 16th is anniversary day for the coming into force
of the Kyoto Protocol (2005). Today students of Hakodate
La Salle Jr. & Sr. High School and citizens of Hakodate
made a sandmessage at Ohmori Beach - a crossword of KYOTO
and 350.
 Our message is the Kyoto Protocol is a very important
first step towards getting back to a world of CO2 350ppm.
Let's walk the talk and make big reductions in our CO2
output. A promise is a promise!

「自殺予防ゲートキーパー」研修会

2010-02-15-Mon-23:40
13日・14日の2日間、北海道主催の、
相談・支援者のための「自殺予防ゲートキーパー」研修会に参加した。
自殺に至る入り口よりももっと手前の門のところで、
深い悩みに気づいて、その人の心に寄り添う人がいたら、ということから
ゲートキーパー(門番)としている。

道南の各地域から、高齢者福祉、教育、医療保健、
市民ボランティア等約200人もの参加があった。

1日目は「北海道の自殺の現状と対策」、「自殺予防とメンタルヘルス」、
「相談の受け止め方」の講義。
北海道の自殺者総数は平成20年1,726人、
東京、大阪、神奈川についで第4位である。

2日目の午前中は、「相談の受け止め方」のロールプレイ。
道南各地の保健師さんたちによる壇上での相談実演を見てから、
2010年自殺予防研修会
参加者は3人づつのグループになり、
地域相談員、相談者、オブザーバーの役を交代に演じる。
一緒のグループになった高齢の女性は、
「今までアドバイスしたり励ましたりしてたけど、
相談者が気づく助けをするだけでいいんだね」と、
ロールプレイを何回かやっている内に、
傾聴と共感の大切さに気づかれたようだ。

午後は、30才位の札幌在住の男性の体験談、
シンポジウム「防ごう自殺!“気づき、つなぎ、見守る”支援に向けて」 
北海道いのちの電話、日本産業カウンセラー北海道支部、函館司法書士会、
函館市地域包括支援センター西堀の方々が、
それぞれの相談現場からみえてくる課題などについて語った。
「死にたいと言える環境が必要」
今日参加した人たちでネットワークを作り、見守っていきたい。

東京都足立区の取り組みを1月に調査してきたので、
2,3日中に報告します。、


函館地裁 初の裁判員裁判~明日16日から

2010-02-15-Mon-05:05
明日16日から、函館地裁初の裁判員裁判が始まる。
性犯罪事件の審理である。
管内の人口が全国で最も少ない41万人という状況からも、
徹底した被害者のプライバシー保護が望まれる。
これまでの性犯罪事件裁判で被害者情報が漏れるミスが続いているので心配だ。
裁判員裁判で性犯罪事件を対象にすることの再議論が必要と思う。
DV被害者支援のためにこれまで数回裁判傍聴したが、
様々配慮されていても、被害者の二次被害ははかりしれない。

今回の裁判では、被害者の意見陳述は、検察官か裁判官が書面で読み上げる予定。
16日午前裁判員専任手続き、午後~罪状認否、冒頭陳述、証拠調べ、被告人質問。
17日午前午後~証拠調べ、被告人質問。
18日午前~被害者の意見陳述の朗読、論告求刑、最終弁論、最終意見陳述   
   午後~評議
19日午前~評議、午後~判決言い渡し

傍聴席は26席。
整理券配布は
16日10時、17・18日8時15分、19日13時10分から1時間。
その後抽選となる。

函館地裁では、裁判員裁判の対象となる事件が多いという。
このため事件を想定して2010年の裁判員候補者数は1800人。
裁判員候補者になる確立が4地裁で最も高い。

これまでの実施状況から課題をあらいだし、
各国の裁判員制度や市民意見を参考にして、
早急に見直しをするべきではないか。

「函館観光トランプ」その後

2010-02-14-Sun-19:35
「函館観光トランプ」は12枚間違いがあって販売一時中止とし
11日に再販売と先日お知らせしましたが、
その後、全部刷り直すことになり、
販売は3月初旬になると発表されました。
間違いのあったトランプを購入した遠方にお住まいの方は、
観光コンベンション協会に連絡すると、
新しいトランプと返送用封筒を送ってくれるそうです。

せっかく全部刷り直すことになったのですから、
「さすが魅力的な街第1位に選ばれた函館のトランプ!」
と賞賛の声が高まるものになることを期待しています。

「原子力シンポジウム」という名の「大間原発説明会」第二部の報告

2010-02-14-Sun-08:40
遅くなりましたが、メモと記憶をたぐりよせて報告を記しておきます。

1月31日に函館で開催された「大間原発説明会」第2部は、
キャスターの福島敦子さんと3教授との座談会、
その後会場からの質問に3教授が答えましたが、
かみあわない答えと長い説明に
会場からはいらだちの声が大きくなりました。

コーディネーター役の福島敦子さんは、
中部日本放送を経て1988年独立、NHK・TBSなどで報道番組を担当、
企業トップとの連載対談など、企業や経営者への取材を精力的に行っており、
経済の他、環境、地域再生、食など現代社会の問題を
テーマにした講演やフォーラムでも活躍している方です。
(イチロウ選手の妻の姉とききましたが)
去年はこんな原子力広告にも登場してました。
2009年原発3新聞広告~福島敦子の原子力レポート
    「CO2を出さない原子力発電は時代のニーズにあっているんですね。 

その福島さんが、事前に受けた質問からどのように切り込んでくれるのか、
不安は大きく、それでもわずかばかりの期待をもって見つめました。
学者たちの回答は第1部と同様に、
沢山の資料映像を示しながら安全論が展開されました。
1.まず大きな視点から、エネルギー政策において新しい原発は必要でしょうか?
 ~中国・インドで人口が爆発的に増大し経済拡大により大量のエネルギーが必要となる。
  日本はエネルギー獲得のため確実な選択と冷静な判断が求められる。
  リサイクル可能な原子力は頼りになる。 
2.地震に対して安全なのでしょうか? 基準が甘いのではないでしょうか?
  ~敷地周辺の過去の地震や活断層など、詳細調査で最新の地検、
   適切な地震動を想定し、真耐震設計を審査私信を適用して設計している。
   鉄筋の太さは、一般のビルの2倍で38㎜。
 (会場からあがった「柏崎は?」との声に答えて、
  変圧器火災は原子力安全に関係ない。放っておいても大丈夫。
  もれた放射能はごく微量で、ラドン温泉の1/5。
3.温排水が海に及ぼす影響は?
  ~温排水の温度は火力発電所でも大体同じ。
   温度の上がった海水は比重が小さくなる。
   これまでの測定例では、海水温度より1度以上上昇する範囲は、
   放水口から約1~2㎞程度。
   自然の状態でも海水の温度や流れは刻々と変わるので、この程度は影響ない。
4.津波や火山活動に対しては?
  ~高所に設計している。
   近くの火山との間に山があるので、大間原発まで溶岩が流れることはない。
3.大間原発に、前例がない、MOX燃料を全炉心に使う(全MOX)のはなぜですか?
  ~全MOXにするとウラン資源を約1/3にまで削減でき、
   ウラン資源の大幅な節約になる。
   各設計手法の適用性を再確認、安全確認している。
   MOX燃料の炉心への装荷は1/3炉心程度から始め、
   段階的に全炉心まで割合を増加していく。
4.核燃料サイクルは機能してない。
  トイレのない家を造る、見切り発車ではという不安がありますが?
  ~六ヶ所は早い内に操業する。
   貯蔵プールで20年分は冷却する余裕がある。
   高レベル放射性廃棄物は安全に処分できる。
   処分地は地方からの申し出を待っている。

会場からの質問・意見
1.大間近くに数十㎞にわたる活断層があるという
  変動地形学の最新の知見が反映されていない。
2.まぐろは敏感な魚である。原発からの温排水が影響するのではないか。
3.大間で事故は起こらないと断言するなら、防災訓練は必要ないだろう。
4.今日のシンポジウムに対するの市長の感想を聞きたい・
5.子どもたちや孫に廃棄物を残して死にたくない。
と市民の発言や会場からの怒号が続く中、
学者は、パソコンでの画像を次々と映しながら、
観光・環境先進地であるスイスやフィンランドの
原子力を利用した豊かな生活を説明し続ける。

私は、原発解体について質問事前送付したが、取り上げられなかった。
東京の友人も同様の質問を送ったと連絡来ていたが。

持続可能な社会を創るために、豊かさを問い直すという説は
一つも出てこなかった。
せっかくの機会なのに
真の議論ができないことにいらだつ慎重派や反対派に対して、
「冷静になれ」と繰り返す。
国家権力の横暴を突きつけられた説明会だった。

10時から「自殺予防ゲートキーパー研修会」に参加するため、
思いは沢山あるけれど、この辺で。

バンクーバー五輪開会式にのカナダ先住民族300人

2010-02-13-Sat-21:19
今日は午前中に市政報告会を行い、
午後は「相談・支援者のための自殺予防ゲートキーパー研修会」
参加のため会場のある北斗市まで駆けつけた。
朝早くから準備したこともあって、疲労困憊。

今、五輪開会式を見て、一日の疲れが吹き飛んだ。
カナダの先住民族が300人それぞれの衣装で登場し、
太鼓に見立てた中央の巨大な円形舞台をみんなでたたき、踊っている。
先住民族のことをファーストネイションズというそうだ。
歓迎の塔やトーテムポールや 熊などが
すーっと地下から表れ、天までつきぬけるようにそびえ立つ。
月夜に浮かぶカヌー、
先住民族の伝承や伝説や昔話を取り入れた
ダイナミックな演出はすばらしい。
そして一流のアーティストたち。
アルバータバレー団のモダンダンスでは
日本人ダンサーも4人踊っていた。

日本、特に北海道で行うイベントでは、
この五輪をみならって、
先住民族がパートナーとして参画できるようになってほしい。

“日本人の母親による子の奪取?!”改善策を求める米国

2010-02-13-Sat-09:30
1月30日、米国など8カ国の大使・駐日代表も岡田外務大臣に対して、
“日本人の母親による子の奪取”に強い懸念を表明し、
日本のハーグ条約加盟を要望する共同声明を発表した
来日中のキャンベル米国務次官補も2月2日、日本政府に改善を迫った。 
 
日本の女性と米国の男性が結婚して米国で出産し、
一緒に住んだ後に破局を迎えた時、
日本人の母親は子どもを日本に連れ去ってしまい、
以後、米国人の父親はわが子に会うことができなくなるケースが多い。
 
それぞれの国の事情が違い、難しい問題だが、 
子どもが父親に会えないのは、子どもの幸福を求める権利に背くことになる。

三井マリ子さんは、「日本社会には批准を飲めない事情がある。」として、
ノルウエーの家庭カウンセリングオフィスの例をあげながら、
改善策などを提案している。
http://www.janjannews.jp/archives/2551987.html
(インターネット新聞)



「ダベリbar」と「子育てママのバレンタインお出かけ計画 」市青年センターで

2010-02-11-Thu-14:10
今朝、「ゆうすかわらばん第3号」が届いた。
函館市青年センターの機関誌、私は初めて手にした。
表紙を見て驚いた。
公共施設の広報誌とは思えない、斬新なデザイン、配色、見出しコピー!
2010年青年センター1
切り口も内容も編集も面白い。若い人が飛びつきそうだ。
オススメ図書紹介もユニーク。
注目したのは、
高校生向け「ダベリbar」
毎週土曜日1時から6時まで青年センタ1階ロビーが
高校生限定のオープンスペースとなる。
しかも、無料で ココアやお菓子食べ飲み放題、
トランプ、ジェンカやり放題、
だらだらわいわいもOK、
他校生や大学生との出会いも待っている。
高校生のたまり場が必要と私は市に提案してきたので、とても嬉しい。
こんな場から悩みごと相談も出てくるでしょう。
2010年青年センター 2

もう一つ注目したのは、
主催事業のヨガとピラティスとママおでかけに託児がついたこと。
青年センター プレゼンツイベント
「子育てのママのバレンタインお出かけ計画」
プロのメイクアーチストからメイクを習ってお出かけしよう!
2月14日(日)午前メイクレッスン午後おでかけタイム
無料で定員10名
まで見たら、定員達し受付終了と書いてあった。
子育てママ応援事業として、
定員を増やし、母の日や女性デーや記念日毎に実施してほしい。

「いつでも誰でもココロは青年」がテーマ。
あなたのチャレンジ精神を生かしてくれそうな青年センター、
ちょっとのぞいてみましょうよ。


「もんじゅに行ってきました」レポート転載

2010-02-10-Wed-21:23
横浜在住のWさんのレポートを転載します。
PR館、新聞全面広告、TVコマーシャル、全国キャラバン講演会などなど、
税金をふんだんに使って「原子力は安全」と宣伝してるけど、
資金は無くて手弁当でも
全国各地で一人一人に話しかけ説明することで、
きっと止められる。 

* * * * * * 
こんにちは。
2/6(土)、7(日)で行われた、たんぽぽ舎主催の
もんじゅツアーの7(日)の方だけ参加して参りました。
初めての参加でした。
都合でたった1日だけの参加でしたが、大変充実した
楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

中村さん、6(土)は雪・あられの中、署名・ビラまきご苦労様でした。

7(日)の朝、新宿を出発した夜間高速バスで福井駅に到着し、
ツアーのみなさんと合流しました。
朝、中村泰子さんの方から声を掛けていただき、
同じ「平和つむぎ」に参加していらっしゃる方と知り、感激しました。
ありがとうございました。

福井駅前の商店街は
東京や横浜とは違い、ずっと人通りがまばらですが、
その割にチラシを受け取ってくださる方はとても多かったように思います。
地元の問題だからこそ、やはり関心が高いのでしょうか。
それとも人の良い方が多い土地柄のせいでしょうか。
東京のように無視して素通りするような人はほとんどいませんでした。

一緒に参加していた在日韓国人ミュージシャンの朴さんのソウルフルな歌声が
その一角を私たちの楽しいステージに変えてくれました。
北方領土返還を求める右翼さんの街宣車の大音量に遮られた中でも
みなさん笑顔を見せると快くチラシを受け取ってくださいました。

できるだけ一人一人にお声掛けをしました。
するとほとんどの方はちゃんと耳を傾けてくださいました。

13歳の男の子に、「もんじゅ知ってる?」と声掛け。
お話してみると、ちゃんと内容を理解して、積極的に署名をしてくれました。
この子は13歳でも十分自分の考えを持っていると実感しました。

客待ちのタクシーの運転手さんにも少し説明を言葉を添えると、
チラシを手にとってじっくりご覧になっておられました。

商店街を一件ずつ回ったとき、
渋谷にあるようなギャルギャルなお店で店員のアルバイトしている
16歳の女の子。
お話してみると、とってもあどけなく、
うんうんと頷いて聞いてくださり、逆に「頑張ってください」と励まされました。

「敦賀に住んでる親戚は600万円受け取ってしまった」
と話してくれた陶器屋さんの女将さん。
コーヒーご馳走様でした。

「電気がないとしょうがないもんなぁ」と言ったラーメン屋のご主人。
「もんじゅは電力は発電しないんですよ。」とお話すると意外なお顔。

敦賀のもんじゅPR館で働くまつ毛エクステが少々過剰なきれいなお嬢さん。
笑顔で受け答えしてくれてありがとう。
チラシ読んでくれるといいな。

対話は楽しい。
そして敦賀の自然は涙が出るほど美しかったです。

石英の混じったきらきら光るブラウンシュガーのような砂浜。
天然の松原。翡翠色の海。隆起した岩肌の美しい縞模様。
リアス式の風光明媚なその半島に、
敦賀~美浜~もんじゅ
とその自然とあまりにもそぐわない巨大な建造物が聳えます。

名物の焼き鯖寿司をつまみに、みんなで
雪見酒をしながら列車にゆられ、帰途につきました。
帰りの車中でも話は盛り上がり、
今回は東海村、浜岡のみなさんの参加もありましたので、
今年は全国の原発のある地域16箇所を全部回って
いろいろキャンペーンをしたいね、
などの話も出ました。
どんどん繋がって、大きな流れができていくような嬉しい予感を感じました。




たんぽぽ通信№91をお届けします。

2010-02-09-Tue-23:39
今日は午前中、経済建設常任委員会が開催されました。
陳情「緑の島にレストハウスを」を継続審議とし、
その後、「がごめ昆布の消費拡大」について意見交換をしました。
次回は加工業者との懇談を予定しています。
委員会に続いて委員協議会を開き、
港湾部から「北ふ頭におけるフェリー大型化への対応について」の説明を受けました。
フェリー輸送機能の強化を図るため、港湾計画に基づいて、
大型フェリーが係留可能で耐震機能を備えた岸壁整備を
平成23年度から国直轄港湾整備事業として進める予定です。

* * * * * * * 
午後からたんぽぽ通信№91を配布・FAX送信しています。

 暮らしと政治をつなぐ     2010年2月9日
 竹花いくこのたんぽぽ通信 №91   宅急便・FAX便・メール便
   
立春寒波とか、風邪が長引いてる方や水道凍結など被害に合われた方々も多いことでしょう。
 心から お見舞い申し上げます。 
 しばれているけれど、日差しが明るくなってきました。
  雪と一緒に不況も溶けるとよいのですが。

        お知らせ
    * 市政報告会№58を開催します*
    2月13日(土)午前10時~11時45分
    会場:入舟町会館 (入舟町10番3号)
後半はゴミ土楽の会による環境出前講座を行います。お気軽にご参加下さい。

報告 (ブログに詳細を載せてます。)
*1月9日(土)福島大臣と語る「女も男も生きやすい社会講演会」(東京で開催)に参加し、
地域からの提言者4人の一人として、
   「「第3次男女共同参画基本計画」に関連して、
    福島大臣に4点要望してきました。
1.自治体の委員会等への女性参画推進のために法の見直し
2.DV対策特に民間シェルター安定運営のための経済的支援   
    3.青少年自立援助ホームへの支援、少女への支援策推進
4.家庭科教育の充実
    2009年秋 182 交流会で 福島大臣と

* 函館・弥生小学校の解体工事
今年度の解体工事はほぼ終了。バス通り側の校舎だけしか残ってません。

* 青森県外初の大間原発説明会は
「原子力シンポジウム」として1月31日開催されました。
安定的なエネルギー確保のために原発は必要。安全。」と強調する3人の学者の講演後に、
事前に募集した質問をまとめてコーディネーターが3人の学者に質問した。
会場からも質問が続出。 不安は解消されるどころか、増大したとの声が大きかった。
報告と全国各地からの意見や応援メッセージもブログに掲載しました。
市民団体推薦の講師による説明会の開催を市に要望したい。

*8月7・8日開催の国際フォーラムのテーマが決まりました。予定表に入れてください。
      国際フォーラム 全国フェミニスト議員連盟夏合宿in函館
      あなた
      女性の出番です! チェンジ・チャレンジ 地域から

今後の予定
2月10日(水) 第二船見町会役員会
  11日(木) イキ!ネット総会
  12日(金) メンタル評議会と福祉部長、保健所参事との懇談会
来年度予算説明会(市長から会派毎に)
13日(土) 市政報告会№58
13/14日 自殺予防対策研修会(ゲートキーパー)
17日(水) 大間原発訴訟の会総会
19日(金) 国際フォーラム第1回実行委員会
20日(土) カウンセラークラブ研修会 函館漢詩文化会例会
22日(月) 移住者交流研修会
  22日か23日  経済建設常任委員会
24日(水) 議会運営委員会
26日(金) 2010年第1回定例会~
       (会期3月25日まで 竹花いくこの質問は3月9日予定)
27日(土) 認知症の人本人交流会

読み解こう!「アイヌ有懇報告」

2010-02-09-Tue-22:59
6日午前、アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会の報告書を
上村英明さんが読み解く講演会に参加した。
主催は道南・アイヌ民族との連帯を考える市民の会。
先週同会は「秋辺日出男さん講演会」を主催している。

2009年秋 222
報告書は、1.今に至る歴史的経緯で16頁も歴史が書かれているが、
明治32年で終わっていること、
大和民族の歴史から脱却していないことを指摘。
また、国連宣言の遵守を表明しながら、「文化」振興という視点に限定、
権利の保護が先送りにになってしまったことなど問題点をあげ、
新しい政治状況の中で、アイヌ民族の多様な声をどう聞くかなど課題を提示した。

上村さんは熊本出身で、現在恵泉女学園大学教授である。
1982年に市民外交センターを設立し代表を務める。
著書『知っていますか?アイヌ民族一問一答』(解放出版社)
  『世界と日本の先住民族』(岩波ブックレット) ほか

報告書の中には、「アイヌ民族」ではなく、「アイヌの人々」と書かれていて、
有識者懇談会の意識が透けて見えた。

流氷接岸初日!~「流氷が伝える地球の異変」講演会

2010-02-08-Mon-22:05
6日に流氷の講演を聞いたその2日後の今日、
流氷接岸初日を観測したと網走気象台が発表した。
平年より7日遅く、昨年より11日早いそうだ。

環境講演会「オホーツク海の流氷が伝える地球の異変」
   ~流氷は地球の温度センサー~      
道立オホーツク流氷科学センター(紋別)の青田昌秋所長が、
流氷ができるメカニズムや流氷の魅力を語り、
流氷が半分近くにまで減少しているというデータを示して、
温暖化進行を流氷が警告していると指摘した。

会場には流氷とクリオネが展示された。
流氷もクリオネも初めて見たという方が多かった。
2009年秋 224    2009年秋 223

函館ラサール高校環境問題研究会が研究・制作した、
「地球の平均温度100年(1921~2020)横断幕」
も参加者の目をひいた。
過去88年間の平均温度の移り変わりを色で示している。
「NASAゴダード宇宙研究所」のデータを集計したもの。
温暖化防止活動の促進剤として貸出もしている。
お問い合わせは エネプロ事務局まで0138-55-2391(アイズ内)
2009年秋 227 2009年秋 228
1921年~1950年           1980年~2020年
平均温度14度を白で表し、14度以下は緑、水色、青、14度以上は黄色、オレンジ、赤、赤茶

千の風フェスティバル~アイヌ語「千の風になって」世界初披露

2010-02-07-Sun-23:15
「千の風になって」は新井満さんが七飯町大沼公園の自然の中で編み出した。
その名曲誕生の地七飯町で、7日午後、第2回千の風フェスティバルが開催され、
新井満さんのふるさとで第1回開催地の新潟市、
歌手秋川雅史さんのふるさと愛媛県西条市が参加した。
会場には両市の名産が展示され、中には千の風商品も。
2009年千の風邪になって1新潟市 千の風になってお酒 ありがとうろうそく2009年千の風になって2西条市千の風になってシュークリーム

多彩なプログラムの中で、私のお目当ては
アイヌ語による「千の風になって」。
時田ほたるさん16才のソロで、世界初の披露となった。
アイヌ民族の自然観が伝わってくる歌声だった。
早くCDにしてほしい。
千の風になって は アイヌ語に訳すと
ワン アトウイタ レラ  クネ

千という数字をもたないので、
10のワン、沢山のアトウイタ(方言の中には100の意味も)で千とした。
レラは風、千の風になってのヒロインの名前である。
北アメリカのインディアンの物語なのになぜアイヌ語名なのか?
「実は最初アイヌの物語として書いたのです」と
今日のてい談で新井満さんがうちあけた。

会場内は撮影禁止だったので、プログラムだけ紹介します。
(七飯町HPで写真をご覧下さい。)

第1部は、「千の風になって」合唱祭。
七飯中・大中山中吹奏楽部合同演奏
合唱 大沼小学校児童合唱団(手話を交えて。会場にいた幼児も手話をしてました。
    きっとおうちでお姉ちゃんかお兄ちゃんが一生懸命練習してたのでしょう。)
   七飯音楽協会合唱団(3つの合唱団総勢110人混声)
   新潟フィルハーモニーレディースアンサンブル
   (新潟県ヴォーカルアンサンブルコンテストで58団体中第1位に輝く)
   秋川暢宏と西条葵コーラス
   (秋川雅史さんの実父で声楽家、指揮と独唱。アキパパと呼ばれてる。
    女性コーラス団の中にアキママも。雅史さんはママ似!?)
手回しオルガン演奏  谷目基さん
   (函館在住の手回しオルガン製作者で演奏者。風が奏でる音色)

第2部 千の風になってもう一つの秘話
 絵本「千の風になって」朗読と歌唱 新井満さん
(数年前に新井満さんの誕生日をするからと友人から急に呼び出され、
   彼女の経営する喫茶店に駆けつけたことがあった。その時、作家
   新井満さんは佐渡おけさを朗々と歌い上げた。多才な方だと感心した。
   『月子』という絵本も出している、絵本作家でもある。)
 てい談 「大自然と生き物たちと人間との共生とは」
   新井満さん 高木喜久恵さん(アイヌ民族)久田徳二さん(北海道新聞記者)
 アイヌ民族舞踊 北海道アイヌ協会阿寒支部 白糠シノッチャの会
 アイヌ語「千の風になって」 同上 ソリスト時田ほたる
フィナーレ 会場全員合唱  指揮・秋川暢宏さん

てい談の中で高木さんは、
20才の頃初めてアイヌ語や刺繍、踊りを始めた。
子ども時代は差別やいじめがこわくて、アイヌ民族と言わなかった。
40才になってようやくアイヌ民族の女性として自信をもてるようになった。
と語った。
E58D83E381AEE9A2A8E38395E382A7E382B9E8A38F.pngチラシをダウンロードできたので掲載します

8月に私たちが開催する国際フォーラムの分科会の一つで、
アイヌアートプロジェクトの結城さんにお話していただく予定です。
アイヌ民族の世界観を全国の皆さんに知ってもらいたいのです。
アイヌの人たちは出会った時の挨拶に
イランカラプテ と言います。
意味は
あなたの心にそっとふれさせてください。

キウイハズバンドの国ニュージーランド

2010-02-06-Sat-23:23
キウイハズバンドの国ニュージーランド特集ときいて、
仕事の資料作りをしながら、斜めに「世界・ふしぎ発見」を見た。
ニュージーランドの風景が流れると、心は4年前に飛んだ。
千葉の市民団体が企画した
「女性と子どもへの暴力防止プログラム」研修ツアーに個人参加して、
ニュージーランド(NZ)の4都市を4年前の夏6日間で巡った。
連日びっしりと組まれた研修の合間に、
街なかを歩き回った。
心身がとろけてしむほど美しい町並みと自然。
特にクイーンズタウンは大自然の神秘に寄り添ったような町だった。
ニュージーランド他i 076夢のような町クイーンズタウン
研修をコーディネイトし通訳とカメラマンでついてくださった、
NZ在住日本人のEご夫妻は、NZのいくつかの街に住んでから
クイーンズタウンを選んだという。
Eさんはボランティアで日本語の絵本読み聞かせをしていた。
会場のプレイセンターは、以前から関心をもってた施設なので、
急きょ訪問することができて、ラッキーだった。
NZのプレイセンターは恵庭市で導入している。
Eさんの活動は、右のリンク「あいうえおNew Zealand」
をご覧下さい。
ニュージーランド他i 100修正プレイセンターで

ニュージーランド他i 124花のあふれる街クライストチャーチ

今夜のTV番組ではキウイハズバンドを紹介していた。
昨年はNZ男性と日本女性の夫婦が80組も誕生したそうだ。
国鳥キーウィの雄鳥は卵をあたため雛鳥の世話をすることから、
家事育児を当たり前に楽しみ、仕事に励み、妻と過ごす時間を大切にする、
NZの夫たちをキウイハズバンドとよぶ。

日本でもようやく「イクメン」と言われる男性が増えてきたけど、
男女共同参画の推進状況は、亀の歩みのようだ。
このままだと、多くの日本女性たちが海外に住みついてしまうかも。
NZは、1893年に世界で初めて女性参政権を実現させた国だ。

それにしても、大自然を開拓してきた北海道は
NZのようには歩めなかったものか。
先住民族の権利、美しいまちづくり、環境保護、男女平等の意識・・・

と考えているうちに夜も更けてきた。
今日参加したアイヌ民族、オホーツク流氷の講演会の報告は明日に。




東神楽町で全国女性町長サミット~  (株)ワイズスタッフ田澤由利社長もパネリストに

2010-02-06-Sat-09:15
初の「全国女性町長サミット」が北海道開催が開催なので、
フォーラムに参加したいと思ってましたが、
スケジュール調整できませんでした。
ネットでサミットを調べてみました。

サミットは2日東神楽町で開会しフォーラムとレセプションを行い、
3日は高橋北海道知事と懇談、
2008年夏北海道洞爺湖サミットが開かれたホテルで
4日サミットアピールを採択して閉幕しました。
アピールは、「地域主権の確立」「男女共同参画社会の実現」、
「子育てに優しいまちづくり」「地場産業振興」「地域力のアップ」を
7町長が連携して全国に発信していくそうです。

一堂に会した7人の女性町長とは、北海道東神楽町の川野恵子町長、
栃木県野木町の真瀬宏子町長、埼玉県大利根町の柿沼トミ子町長、
埼玉県越生町の田島公子町長、京都府与謝野町の太田貴美町長、
兵庫県播磨町の清水ひろ子町長、福岡県苅田町の吉広啓子町長。

全国フェミニスト議員連盟調査によると、
日本全国の女性首長数と割合は平成20年12月末で、
知事 3人 6.4% 、 市区長15人 1.9%、 町村長 7人 0.7%    
という少なさです。

フォーラムのテーマは「女性の元気が地域を変える」、
中田美知子(FM北海道(AIR'G)パーソナリティ)さんがコーディネーターを務め、
パネリストは田澤由利さん(株式会社ワイズスタッフ代表取締役)、
堤田美穂さん(ザ・ウィンザーホテル洞爺総支配人)、
ダーナ・ウェルトンさん(駐札幌米国総領事)、
に地元の川野恵子町長と、興味深い提言が出たことと想像されます。
ぜひ報告書を入手したいものです。
「男女共同参画は法律上達成しているが、まだ意識化していない」
とダーナ・ウェルトンさんが日本の現状を指摘したそうですが、
法律上もまだ達成してません。
女性差別が残っていると国連から勧告うけているではありませんか。

田澤由利さんは、以前からお話を聴きたいと思っていた起業家です。
3人の娘の子育て、夫の5度の転勤の中、
女性はもちろん、地方在住者、高齢者、障がい者も働ける
「ネットオフィス」を実践するため、北見市でワイズスタッフを設立。
その後、奈良オフィスを開設し、現在、海外を含む全国各地のテレワーカーの
スタッフ約140名とともに、50以上のプロジェクトを同時に運営!
2009年に第3回ワーク・ライフ・バランス大賞奨励賞、
日経WOMAN 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」リーダー部門7位
を受賞してます。

函館にも、全国展開で活躍している女性起業家がいます。
8月7,8日に函館で開催する国際フォーラムに
登場していただくので、お楽しみに。

会場には各町PRコーナーも設けられ、
レセプションは東神楽産品を使った手づくり料理で行われたと、
よさこいを披露した「ひがしかぐら東神酔華の舞」の方が
彼女のブログに書いていました。
与謝野町の太田町長さんも 飛び入りで一緒に踊ってくれた、
手作り料理は、もちもちシフォンケーキ
生キャラメル、ゆいゆい本舗のカレー
手作り太巻き、ラーメン、米粉のケーキ
などと生情報が載ってます。

持続可能な社会を創るにのは、政策決定の場に女性を増やすことです。
全国フェミニスト議員連盟夏合宿として、
8月7/8日に函館で主催する国際フォーラムのテーマを
ようやく決めたのでお知らせします。

 あなた
女性の出番です!チェンジ・チャレンジ 地域から」

基調講演は駐日ノルウエー王国大使館の女性外交官、
西尾函館市長もパネリストにお願いしています。
一般公開フォーラムです。ぜひご参加ください。





闘病中でも活動を続けていたチカップ美恵子さん

2010-02-05-Fri-22:15
今日お昼前にチカップ美恵子さんは61才の命を閉じられた。
アイヌ文様刺繍家として、アイヌ民族の文化を広め、
人権の確立や環境保護を訴え続けてきた。
チカップさんたちの活動の努力が実って
新たな展開となるとき、
まだこれからと言うときに、惜しまれます。
心からご冥福をお祈りします。

A級活断層の間近の原発でプルサーマル!?

2010-02-05-Fri-21:44
伊方原発問題で闘っているTさんから、転載OKとメールきたので、
ここに載せます。
各地の情報交換は重要ですね。

* * * * * * : * * * 
A級活断層の間近の原発でプルサーマル!?ふざけるな!
昨日は松山でした。
同じ四国内でも、結構かかるんですね^^;
以前松山を訪れたのは5年以上前で
、某ビジュアル系アーティストのライブで行ったのですが(^^;)、
日帰りで行ったのは初めてでした。
前日の晩、急きょ行くことに決めました。
そりゃ行きますよ。
「伊方3号機の耐震安全性は妥当、という内閣府原子力安全委員会の結論が出た」
なんて聞いたら。
高速バスを降りて、市役所のすぐそばにある県水産会館に向かいました。
そこで、伊方原発環境安全管理委員会の技術専門部会が開かれています。
入口前で、午後の部(「有識者」を入れた委員会)にやってくる委員さんたちに、
集まった地元の方々と一緒に、プルサーマル反対の意思を伝えます。
何せ、前日の晩に知ったものですから、たいした準備もできず、
印刷用紙の裏(^^;)に
「絶対やめて!!プルサーマル」と書いたのを持って行くのが精一杯でした。
しかも、一人だし・・・(汗)。
とりあえず、やってくる委員さん(どの人が委員なのかわからないけどーー;)から、
通りすがりの人まで、みんなに不安の声を伝えようとしました。
「原発さよなら四国ネットワーク」の大野さんに送っていただいた
資料で知ったのですが、伊方もご多分にもれず、活断層の間近です。
伊予灘沖の2本の活断層が同時に動いた場合、
マグニチュード7.6規模の地震が予想されるそうです。
震源断層からの距離が7キロ以内の所だと、
震度7程度が予想されるとのこと。
伊方3号機増設時(1984年)の四電の調査では、
伊予灘の活断層は、「最低1万年間には活動しておらず、地震危険度が低い」
と見積もられていたらしい・・・つまり、

地震を想定せずに作られたということですねえ。

最新の研究では、6200年前、4000年前、2000年前と、
だいたい2千年周期で地震が起きていることが明らかになり、
前回の地震からすでに2千年経っているそうです・・・。

しかも、活断層は海ばかりではなく、陸上にも複数の活断層があり、
隣り合う断層が同時に動いた場合、
最低でも神戸の地震クラスの揺れが予想されるとのこと。

さらに、伊方3号機は、昨年11月にキセノンガス漏れ
(原子炉の制御に大きな影響を与える)が発生したばかり。
水産会館の中から、愛媛県議・阿部悦子さんが出てきて、
委員会の結果を報告してくださいました。
「耐震安全性に問題なし」との結論。
・・・ちなみに、12人ほどいた「学者」のうち、
地震工学などがわかる人は2人(!)しかいなかったそうです。
(最初から審議なんかするつもりなかったのが見え見え。)
だいたい、そんな大事な事を話し合うのに、
一般の人は10人しか傍聴できないってのもどうなんだろう?
(本来、市民も交えて話し合うべきではないか?)
市民の皆さん、特に伊方に住む皆さんには、
どう納得のいく説明をするつもりなのか?

去年10月の環境委員会での、伊方町選出の議員さんによる、
悲鳴にも似た発言を引用させていただきます。
「今日の阿部議員の意見を聞いておると、私ら地元の人間は危なくて恐ろしくて
北海道にでも集団移住しなければならんと思ったのだが・・・」
(筒井注:この議員さんは、北海道にも原発があるということはご存知ありません。)
「県として、多くの言葉はいらないから『プルサーマルは安全だ』と言ってほしい!」
・・・ちなみに、この議員さんの懇願に対して、国の原子力安全推進監は、
「国も県も安全であると確認を・・・」と、
末尾の消え入るような答弁だったそうです。

はっきり「安全だ」と言えないのに、地元に押し付ける県の姿勢、国の姿勢。
今、私たちが黙っていたら、事態は悪くなる一方であることは明らかです。
横断幕を掲げる大野さんが、委員の方々に、
「子どもたちの未来を守ってください!」
と呼びかけておられたのが印象的でした。
私たちが声をあげ、意志表示をしていくことが、
未来を生きる子どもたちに対する責任なのだ、と思いました。

全て凍りついた函館で~弥生小学校解体工事報告№14

2010-02-04-Thu-20:15
立春寒波、日差しは明るくなってきたけれど、
函館も市内で-12.9の冷え込み!です。
崖縁に立ち浜風が吹き付ける古い我が家の体感温度は-20度位。
気を付けていたのですが、洗面台の水道管が凍ってしまいました、
ふだんは省エネだけど、緊急時は仕方ないとつぶやきながら、
蛇口にお湯をかけたりストーブをたいたりと出がけに大忙し。
高齢のお一人暮らしの方々は大丈夫でしょうか。

凍りついた玄関ドアを押し開けると、
小さな四十雀が二羽、フード内で遊んでました。
郵便受け口から舞い込んだらしく、
昨夜まいた節分豆をねらったと思われます。

厳寒の中、長袖ポロシャツ姿で駆け回っている若者が~
ゴミ収集作業員です。
函館は戸別収集、一軒づつ家の前にゴミ袋を出します。
6~8軒走って大きなゴミ袋集めては収集車に投げ込んでました。
作業員の働きぶりへの感動と感謝の声が
函館に転居したての方たちからよく聞かれます。
今日は容器包装プラスチック収集だから、
そんなに重くはないけれど、それにしても激務です。
燃やせるゴミの日はずっしりと重くてもっと大変そうです。
半分以上は生ごみのはず、堆肥化して減量するか、
せめて水分をぎゅっとしぼってから捨てましょう。
焼却炉の延命にもつながります。

全てが凍りつく中、弥生小学校の解体工事は続いてます。
国の重文指定となり解体凍結!というのは、銀世界での幻想?
2009年秋 219弥生坂側校舎の解体は終了のようです
2009年秋 220東坂側校舎もあと2,3日の命でしょうか

女性差別撤廃条約の選択議定書批准を

2010-02-03-Wed-22:45
今日午後、女性差別撤廃条約の選択議定書批准を求める院内集会が
議員会館にて開催されたとニュースが流れた。

女性差別撤廃を訴えるNGOのメンバーが、
福島担当大臣らと面会して、
今の国会での承認などを経て選択議定書の早期の批准を要望した。
福島大臣は「今の国会で実現できるよう全力を尽くしたい」と述べた。
女性差別撤廃条約の選択議定書は、
女性差別による人権侵害があった際、
国内での救済手続きが尽くされても当事者が救済されていないと感じた場合、
個人などが国連に直接通報できるようにするもので、
世界で99か国が批准しているが、日本はまだ批准していない。

日本社会は今なお、
大多数の女性たちが一般職や事務職など昇格できない職種につき、
非正規雇用に占める女性の割合も7割と高い。
課題は山積みだが、選択議定書を批准することで、
変えていけることも多い。

全国各地の地方議会では、選択議定書の早期批准を求める意見書を可決している。
函館市議会でも意見書を出すよう働きかけたい。
HOME NEXT