FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ふくろうの家開設5周年記念 チャリティ美術展

2010-09-29-Wed-18:52
青少年自立援助ホーム「ふくろうの家」は
皆様のおかげで設立5周年を迎えることができました。
記念して、支援者がチャリティ美術展を開催し
売上金をふくろうの家に寄付してくださいます。
10月1日(金)~5日(火)
会場:テーオー6階スカイギャラリー
チャリティ美術展
著名な作家の油絵や版画、陶芸品など。
3日(日)午後2時より、
ふくろうの家ホーム長の講演会が開催されます。

決算特別委員会最終日の総括質疑

2010-09-27-Mon-23:42
決算特別委員会は9人の質問が夜8時15分頃に終わり、
9時頃から4人が総括質疑します。
1.道路舗装事業について の質疑のうち
「中島廉売商店街活性化基本計画にかかわる条例制定の見通しについて」
2.助産施設入所費について の質疑のうち
「平成21年12月29日 の関係団体との懇談について」
3.介護給付費財政調整交付金について の質疑のうち
「職員負担の考え方について」   2名が質疑

11時18分4人の総括質疑終了、暫時休憩。
20分後くらいに再開して、審査となります。
帰宅時間は日付が変わることは確実。

11時50分再開され、各会派の審査結果が発表されました。
介護保険事業特別会計決算については、
新生クラブ、民主・市民ネット、市民クラブ、公明党が不認定 。
国民健康保険事業特別会計と後期高齢者医療事業特別会計決算については
日本共産党が不認定。
本日は閉会、明日28日0時20分開会を宣言して11時57分終了。
0時20分に理事者が入室して、採決となります。

NPOまつり

2010-09-26-Sun-19:47
NPOまつりにゴミ土楽の会で参加のため、
重そうおそうじ3点セットや資料を自転車に積んでまちセンへ。
使い方のこつを鍋のふたなどせっせと磨きながら説明。
NPOまつり
重そう人気は高く、
用意した重そう14個はお昼前になくなってしまった。

今回は60団体以上の参加、
それぞれ工夫を凝らした展示や販売で活動をアピールした。
函館の市民パワーはすばらしい!!

チャンス あらゆる政策決定の場に女性を増やそう

2010-09-25-Sat-23:47
昨日の決算特別委員会は夜8時頃まで続いた。
明後日27日最終日も遅くなるだろう。総括もあるので。

ある巡り会いがあって、昨日、今日と話し合いを進めてきた。
あらゆる政策決定の場に女性を増やしたい!
その信念で私は活動してきた。
一歩でも前進させるチャンスだ。
話しに力が入りすぎたのか、自転車で走り回ったせいか、
夜はぐったり、TVをつけたら「チャンス」というドラマが流れた。
「今がその時」が耳に残った。
市にとっても女性たちにとっても、大きなチャンスとなる。
彼女が決断してほしいと切に願うのみ。
市は、審議委員会等の委員の女性比率を30%にという目標をうちだしている。
ようやく公募枠にクオータ制を取り入れ、
一人は必ず女性にとしたが、
知る限りでは、社会教育委員公募の時実施されただけである。
ちなみに実施により社会教育委員会は女性委員の比率が約4割になったと聞いた。

このままでは達成するのに何十年もかかりそうだ。
8月に主催した国際フォーラムでも約束したが、
市政を学ぶ女性のための連続講座を開催しようと企画している。

明日はNPOまつりに参加し、「ゴミ土楽の会」でうちエコ実演してます。
ぜひ皆さんお誘いあわせてお出かけください。

シロタ家の20世紀

2010-09-23-Thu-23:02
午後、自転車でまちセンへ。
「シロタ家の20世紀」試写会。
日本国憲法に男女平等を書いたベアテ・シロタ・ゴードンさんの活躍を記念して
シロタ家の人々の歴史を綴るドキュメンタリー映画である。
映画が完成した2年前から、私のところのも何度か函館での上映依頼が来ていた。
1997年にベアテさん講演会主催、
2005年に『ベアテの贈りもの』を上映したから。
このブログにも何度か書いたが、
これまでにベアテさんとは3度お会いして、
その度に勇気をもらっている。
2000年にはニューヨークのご自宅に伺って親しくお話ししていただいた。
「函館のことはよく覚えています。
若い人たちの素晴らしい発言に希望を感じました」
と、その時語ってらっしゃった。
そのようなご縁からぜひ上映したいと思いつつ、
昨年から今年にかけて国際フォーラムの準備にあけくれていたので、
この映画上映は引き受けられずにいた。
この度、函館映画鑑賞協会30周年を記念して、
実行委員会が11月に上映してくださることになった。
シロタ家の20世紀1
11月21日(日)
①13:00~14:33 映画・藤原智子監督のお話
②16:00~17:33 映画・藤原智子監督のお話
③18:20~19:53 映画
函館市民会館小ホール

「パリの朝市でバラの花束を買うパリジェンヌ」のシーンから始まる。
アリーヌ・カラッソさん、ベアテさんの従姉妹のお嬢さん
97年にベアテさんが函館で講演なさった時、
「この後パリに行き従姉妹のティナに会う」と嬉しそうに話してらした。
ベアテさんは6カ国語堪能、パリに着くと直ぐフランス語になるそうだ。

映画は、ポグロム(迫害)にさらされるシロタ家を追ってゆく。
ウクライナのカミェニッツ・ポドルスキ、
フランスはパリ、ドランシー、ノルマンディー、
オーストリアはウィーン、
ポーランドはワルシャワ、アウシュヴィッツ、
ラストには、ベアテさんの平和への想いを受け継ぐかのように
スペインのカナリア諸島、グラン・カナリアのテルデ市にある
スペイン語で書かれた日本国憲法9条全文の碑が紹介される。
スペイン・テルデ市憲法9条の碑

全編に流れるレオ・シロタの名演奏。
愛弟子、園田高広75歳コンサートでの演奏は圧巻だった。
ウクライナの民族音楽や
ポーランド・パルチザン歌「今日は君に会えない」、
音楽関係者にもぜひ観てもらいたい。

レオ・シロタ(ベアテさんの父)の弟ピエールが
パリで音楽プロデューサーとして活躍し、
アウシュビッツで亡くなったことを、今回初めて知った。
ロシアバレーなどをパリでの上演にもちこんだという。
ピカソやシャネルやコクトーがロシアバレーを支援していた
華やかな時代が目に浮かぶ。
「ル・トラン・ブルー」はこの3人が舞台装飾や衣装を手がけている。
ピエールは彼らとも交友があったのだろうか。

戦争の20世紀をふり返って人間の愚かさを嘆き、
未来の子どもたちが平和に暮らせることを願って、
レオ・シロタの名演奏と共に
小さくても行動を起こそうという思いが高まってくる映画です。

ノースバード~青少年 の力を市政に

2010-09-22-Wed-23:42
ヒンヤリとした朝の空気が心地よい。
自転車で市役所へ。
今日から27日まで決算特別委員会である。

事前に21年度の各会計決算報告書428頁を丹念に見る。
科目毎には予算額も書いてるが、事業毎の予算額は予算書を調べる。
場合によっては、数年分の予算・決算を比較する。
この数字から沢山の笑顔が生まれることを祈って。
若い人たちが希望を持てる仕事が必要だ。

世界中で高校生たちが立ち上がっている。
スウェーデン国政選挙9月19日の結果に不満や憤りを感じ、
ただちに翌日の夜、約1万人が反対のデモを繰り広げた。
その仕掛け人が17歳の少女だったという。
「私たちは人種差別主義を支援などしていない」
彼女は聴衆に訴えた。

2008年12月フランス、
教育改革反対と15万人の高校生達が立ち上がったのを思い出した。
フランス高校生デモ
高校生たちの反対の声に応じて、
政府は改革計画の延期を決め、高校三部会で協議し直す考えを示した。

1991年にも高校生20万人がデモを決行、
パリ・バスティーユ広場を埋めた高校生たちの声にうたれて、
私はシャンゼリゼまでずっと追いかけて、沢山の声を聞いて写真を撮った。

数学オリンピック、俳句甲子園、書道女子、
市の五稜郭タワーでは18日に「花の甲子園2010」が開かれた。
天才女子高生サックス奏者~ノースバード
日本の高校生たちも様々な分野で活躍しているけれど、
政策決定への意見表明の場が無いに等しい。
15~17歳、
斬新な視点 柔軟な思考力、集中力、
彼らにはパワーと夢がある。
青少年の意見を市政に生かす仕組みをつくりたい。
 

「行こうよ、イクフェス」東京ビッグサイトで育児を楽しむパパの祭典

2010-09-21-Tue-23:42
男の育児バイブル『FQ JAPANN』が届いた。
東京で子育て支援の講演会に参加した時に
名刺交換したFQ出版社の方が送って下さった。
FQ JAPAN
「行こうよ、イクフェス」見開きの全面広告が目を引いた。
FQが育児を楽しむパパの祭典を開催するという。
「イクフェス2010」in東京ビッグサイト
9月24・25日
入場無料
世界中からイクメングッズが集結。
役立つ!イクメンイベントが盛りだくさん:
「イクメンフォーラム」、「巨大絵本の読み聞かせ」、
「赤ちゃんとディスコタイム」、「よしもとパパ芸人ステージ」、
「次世代のイクメンに必要なグッズとは」、
「Mrイクメンコンテスト」「ベビーサイン無料体験教室」
そして、「パパサミット」
~世界7か国のパパたちによる熱い子育てトーク~
日本で子育てをしている世界7カ国の父親を登壇者に迎え、
父親がより主体的に子育てに取り組むためのヒントを探るのが目的。
平成22年9月25日(土曜日)13:30~15:00
東京ビッグサイト 西4ホール 入場無料、事前申込不要
パネラーは、3人の子供のパパであるセイン・カミュ氏(アメリカ)、
オーストラリア、韓国、ケニア、台湾、日本、フランスの父親7名。

関心ある方は「イクフェス」で検索なさってください。

厚生労働省も「イクメンの星」など掲げ、
父親の子育てを推奨している。
でも、このごろもてはやし騒ぎすぎの感がする。
フランスのパパ達は、80年代すでに
かっこよく子育てしてたな~。

敬老の日 函館の公会堂も100歳!

2010-09-21-Tue-03:50
公会堂4公会堂のHPから
20日、旧函館区公会堂の築100年記念事業が開催され、
多くの市民や観光客で賑わいました。

公会堂1
北美原小学校合唱部
のびやかなハーモニーが大広間に響き渡りました。
午後3時まで、5グループが演奏。

公会堂3
公会堂の直ぐ下にある元町公園ステージでは
マーチングバンドのマキシマム、栗塚旭氏のトークイベント
フラダンス、
旧相馬邸では、ムックリ七味バンドの投げ銭コンサート、
極東大学で、記念フォーラム と多彩な催しが。

公会堂内では、歴史パネル展と
ハコダテ歴史建物フォトコンテスト写真展が
10月11日まで見られます。

公会堂2
NHK「美の壺」で“アイストップ”を紹介していました。

秋晴れの中、自転車で「YWCA文化祭」に向かう。
ふと、中学性の時に公会堂で英語検定試験を受けたような記憶がよぎった。
中学時代3年間担任だった名物英語教師、松居司先生の横顔と共に。
公民館?いや公会堂・・・風をきって走る。想い出も~。

なっとう菌バイオブロックで雇用も創りだした阪本恵子さん

2010-09-19-Sun-19:45
納豆菌エコバイオリング

先週の「夢の扉」に登場したのは、水をきれいにするバイオブロック。

熊本に住む主婦、阪本恵子さんは子ども達のために
安心して遊べる川や池にしたいと一念発起。
環境セミナーなどで学び、なっとう菌に着目して
研究実験を重ね、水をきれいにするバイオブロックを誕生させた。
今や 社長として研究者としてさっそうと活躍する阪本さん。
雇用も生み出している点がすごい。
さらに、なっとう菌の力を口蹄疫の予防に使えないかと研究を始めている。
上海万博でも紹介されているとか。

9月26日(日)は第6回NPOまつり
10:00~15:00 地域交流まちづくりセンター
今年は、なんと64団体が参加!

環境問題をテーマととする団体も多く出ます。
私たちゴミ土楽の会では、重曹を使ったお掃除や
段ボール箱での生ごみ堆肥作りの実演と説明。
阪本さんのように研究まではいかないけれど、
日常生活で取り組んできた中でのメリットをお話しします。
ぜひご参加ください。


セプテンバー

2010-09-16-Thu-04:44
昨日、議会質問が終わり、
見あげると、空はいつのまにか9月
暑く 熱く 張りつめた夏は
終わった

2007_0922画像0052

"Try To Remember"

Try to remember the kind of September
when life was slow and oh, so mellow.
Try to remember the kind of September
when grass was green and grain was yellow.
Try to remember the kind of September
when you were a tender and callow fellow,
Try to remember and if you remember the follow.
2007_0923画像0048

Try to remember when life was so tender
that no one wept except the willow.
Try to remember when life was so tender that
dreams were kept beside your pillow.
Try to remember when life was so tender that
love was an ember about to billow.
Try to remember and if you remember then follow.

Deep in December it's nice to remember
altho you know the snow will follow.
Deep in December it's nice to remember
without the hurt the heart is hollow.
Deep in December it's nice to remember
the fire of September that made us mellow.
Deep in December our hearts should remember and follow.

~子宮頸がんは予防できるがん ~

2010-09-14-Tue-08:49
* 竹花いくこの質問は 明日!
9月15日(水)16:20~17:20

1.夏季の異常気象の対策について
  (1)市長の認識について
   (2)熱中症対策について
      ア 市長部局の取り組み  
      イ 教育委員会の取り組み
   (3)局地的豪雨対策について
2.高齢者が安心して暮らすための支援サービスについて
  ・権利擁護支援などあんしん生活支援の仕組みづくり
  ・高齢者安否確認事業
  ・紙おむつ等給付事業
3.子宮頸がんについて
     (1)子宮頸がんの認識について
      (2)子宮頸がんの予防について
     (3)性教育の充実について
4.自殺対策について
  専用相談電話の設置、自死遺族の会開催について
調査研究してきましたが、ご意見などぜひお寄せください。
傍聴お願いします

明日、子宮頸がんについての公開宅話が開催されます。
「若年化する性感染症~子宮頸がんは予防できるガン~」
講師 福島安義 院長 (函館共愛会病院)
9月15日19:00~20:00
会場:ホテル函館ロイヤル
参加無料
主催 函館ゾンタクラブ
10日まで申込となってますので、
参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。
27-3663(水野さん)42-3830(川原さん)

西部七町会ふれあい運動会

2010-09-12-Sun-23:41
さわやかな秋の半日、恒例の七町会育成部主宰の運動会。
運動会
世代も地域も越えて、みんなで協力して楽しむ。
今年は30才になるいか踊りもプログラムに登場した。
ラストは町会対抗リレー。
他の6町会はすでにゴールという頃に
我が町会のバトンを受け1周半アンカーとして走った。
明後日あたり身体が痛くなりそう・・・

来年は、地域のお一人暮らしの方ももっと誘おう。

暮らしと政治をつなぐ「たんぽぽ通信」№96

2010-09-09-Thu-14:50
「たんぽぽ通信№96」宅配便・FAX便・メール便をお届けします。


 暮らしと政治をつなぐ    
 竹花いくこのたんぽぽ通信 №96  

函館ではようやく初秋の風がそよぎはじめて過ごしやすくなりました
本州方面はまだ暑い日々が続いてるようでお見舞い申し上げます。
異常気象の長い夏は、私たちの生活に大きな影響をおよぼしています。
声をお寄せください。
* 9月議会が始まりました。 * 会期9月7日~30日
10日~15日 一般質問22人
17日常任委員会  22~27日決算特別委員会
7日初日 総務常任委員会で継続審査となっていた
「函館市自治基本条例の制定について」
竹花は委員会修正案に対して反対討論をしました
条例つくりあげていく過程が特に重要である。
  市民への説明会を開催してから議決することを訴えました。
結果、修正案反対は私含め2名のみで、賛成多数により可決となりました。
 自治基本条例はまちの憲法、市民参画のもと、
       見直しも含め、さらに育て創り上げていきましょう。

      (詳細はブログ9月7日をご覧下さい)
* 竹花いくこの質問は
9月15日(水)16:20~17:20
傍聴お願いします
1.夏季の異常気象の対策について
     (1)市長の認識について
   (2)熱中症対策について
      ア 市長部局の取り組み  
      イ 教育委員会の取り組み
   (3)局地的豪雨対策について
2.高齢者が安心して暮らすための支援サービスについて
3.子宮頸がんについて
     (1)子宮頸がんの認識について
     (2)子宮頸がんの予防について
   (3)性教育の充実について
  4.自殺対策について

*「国際フォーラム・全国フェミニスト議員連盟夏合宿in函館」
              に延べ400人以上が参加!
皆様のご協力とご支援に心から感謝申し上げます。
8月7/8日2日間で、遠くは北九州市、松山市、松江市
などから延べ400人以上が参加しました。
私が函館開催を引き受けた目的は、
「あらゆる政策決定の場に女性を増やしたい」と同時に
 1.若い世代の参画
 2.函館の魅力や市民力を全国にアピール
 3.アイヌ民族への理解を深める
2回の学習会と会場付近の清掃などを重ねる中で若い世代が参加し始め、
当日の司会・講師紹介・集会宣言を学生が行い、
受付や案内など若い方々が積極的に動いてくれました。
またアイヌ文化活動アドバイザーの島崎直美さんに
分科会とパネルディスカッション両日お話しして頂くことができました。
そして、8つの分科会で多くの市民活動を紹介、
またオプションで約60人が函館野外劇を観劇、
西部地区歴史ウオーキング、
2泊目は縄文の里で遺跡見学と温泉を楽しんでいただきました。

*7月25日(日)「大間原発反対現地集会」に参加。
   あさこハウスへの細い道に鉄条網が張り巡らされていた。
   沢山の巨大クレーンが近くに見えた。
*7月28日 ついに提訴!大間原発訴訟の会が函館地方裁判所に
 「大間原発訴訟」の訴状を提出。
原告団は170名(大間まぐろと戸井まぐろも含む)  
   ご支援お願いします 訴状(縮小版600円送料込み)ご希望の方は 
       FAX:0138-51-9718へ
【お知らせ】
9月12日(日)午前9時~七町会 ふれあい運動会 弥生小学校グランド
(七町会育成部会長を数年前から務めてるので、
議会前とはいえ準備も当日も頑張らなければ。
幼児も高齢者も一緒に楽しめる競技~ハイライトは町会対抗リレー)
この日は、函館バル街、青少年センターまつりなどイベント盛りだくさん 
 元気な函館を観に来ませんか
9月23日(祝)13:30~「シロタ家の20世紀」試写会 まちづくりセンター
9月26日(日)10:00~ NPOまつり ゴミ土楽の会で参加。             
            うちエコ見に来て下さい

自治基本条例修正案に反対討論

2010-09-07-Tue-23:55
今日第3回市議会定例会初日、
函館市自治基本条例の制定について
総務常任委員会修正案に
私は反対討論しました。

修正案は、個別具体の政策課題については
規定すべきでないとの理由から、
第1条一部削除、第10条含む6条項を全文削除している。
これらの条文は、地域のオリジナルな条例として、
市において普遍的に取りくんでいかなければならない課題を、
条例策定検討会が議論を重ね、
重要な7つの課題として提言したものである。
自治基本条例の中で、
函館市としてどのようなまちづくりを目ざすのか
を明記することは重要である。
個別具体の政策課題ととらえるのではなく、
まちづくりの視点として
市民提言を最大限に尊重して残すべきと私は考える。

また、「市民意見が適切に反映されるように」という文言が、
3つの条項から削除されている。
理由は、無用の期待や誤解が生じることを避けるため。
この理由で市民の皆さんが理解し納得するとは思えない。
「市民意見が適切に反映されるように」というのは、
市民の切なる声と私は思う。
これまで、審議会等の委員になられた方々から、
提言が尊重されず委員になったことの後悔の念や
市へのた批判の声を少なからず聞いてきた。
この文言をもとに、
市民意見が適切に反映されたと感じられる仕組みづくりを
考えて行くべきである。

自治基本条例については、条文自体ももちろんのこと、
条例案をつくりあげていく過程が大変重要である。
市民代表が検討委員会40回、前文起草委員会8回、
延べ305人の参加を得た市民等とのワークショップ11回、
議会自治基本条例検討委員会とのワークショップ1回、
自治基本条例フォーラム1回を開催し
熱心に議論を重ねてきた集大成として基本条例の提言書をまとめあげた。
検討委員会付帯意見の一番に書かれているように、
提言を最大限尊重した条例を制定するべきである。

条例制定後の実際の市民参加の取り組みも大変重要なわけだが、
このように懇親込めた条文の多くをを全文削除された条例を
市民ははたして自分たちの条例として
自信をもって推進していくことができるだろうか。
元条例策定検討委員会の皆さんへの説明やフリートーキング、
市民への説明会を開催してから議決することを強く望む。

また、自治体によっては、自治基本条例議案が常任委員会付託後にも、
議員全員の協議ができるように連合審査会を設けたり、
市民とのフリートーキングや意見交換会を
開催している例もあることを申し添えて、
市民自治を発展させる大きな一歩となるよう、
再考を訴えて反対討論とした。

総務常任委員会ですでに全会派一致で可決されてるので、
修正案反対は私含め2名のみ。
賛成多数で可決となってしまった。

自治基本条例はまちの憲法ともいわれる。
具体的な行政運営に影響するものである。
市民参画のもと、見直しも含め、さらに育て創り上げていきたい。

『自殺と貧困から見えてくる日本 レポートブック』

2010-09-06-Mon-21:26
お勧めの本です。
自殺と貧困
自殺問題 貧困問題の原点
2010年3月10日に開催されたシンポジウムが本になりました。
『自殺と貧困から見えてくる日本 レポートブック』
の収益の50パーセントは、
「反貧困ネットワーク」「NPO法人自殺対策支援センター ライフリンク」が
展開する貧困問題対策、自殺問題対策の活動費に充てられます。
  1,200円(税込)  

『 ハンナのかばん』函館公演は9月7日

2010-09-05-Sun-08:59
ハンナのかばん
『ハンナのかばん』はいよいよ明後日に函館公演!

日程:9月7日(火)開演19時(開場18時30分)
会場:金森ホール (函館市末広町14-12) TEL 0138-23-03381
主催:「ハンナのかばん」函館公演実行委員会・劇団銅鑼
料金:一般2,500円(当日3,000円)/中高生1,000円/小学生500円

先日、『ハンナのかばん』が世に出るまでのDVDを
ふくろうの家で観せていただいた。

第二次世界大戦中、アウシュビッツのガス室で
十三年の生涯をおえたハンナ・ブレイディ。
半世紀後、偶然、ハンナが残した旅行かばんと
日本でであった、石岡ふみ子。
ハンナはどんな少女だったのだろう・・・?
どんな家族にかこまれ、どんな生涯をおくったのだろう?
そして、少女になにがおきたのだろう?
ふみ子のハンナ探しがはじまった。

石岡ふみ子さんが7月末にふくろうの家に泊まられて、
DVDをプレゼントしてくださったそう。
ふくろうの家の子どもたちにとって
彼女と過ごした一時は素敵な時間だったと思う。

石岡ふみ子さんの
ホロコースト教育資料センターを今回初めて知った。
共生の時代を担う子どもたちに
命や人権を尊ぶ心、寛容な心を育んでほしいと願い
設立された特定非営利活動法人(NPO)である。
ホロコーストを教材とした訪問授業や
パネル貸出、セミナーを行っている。

『あのころフリードリッヒがいた』もぜひ読んでほしいと話したら、
「中学の教科書に載っていた」とふくろうの家の子どもたちが言う。
フランクルの『夜と霧』、『フランクル回想録』はいつも私の傍にある。
『夜と霧』は2002年に池田香代子さん訳の新版だ。

クライストチャーチで大地震

2010-09-04-Sat-23:56
今朝、ニュージーランド(NZ)のクライストチャーチで
大きな地震があったというTVニュースを見た。
ニュージーランド他i 1242007年NZ自主研修で
緑豊かなガーデンシティの建物が崩れた傍で
毛布にくるまった子どもたちが震えていた。
NZの冬は冷え込む。
直ぐに、NZの友人にお見舞いメールを送った。

返信がきた~良かった。

クライストチャーチ中心部は古い建物が多く、
そのため建物の被害は大きいようですが、
人的被害は心配されたほどでもないようで、
病院に運ばれるのも軽症者が多いようです。
この規模の地震としては奇跡的なくらいに、
人的被害は小さいそうです。
とは言うものの、春の気配がするとはいえ
まだまだ夜間は氷点下に冷え込む日もある時期ですから
壁の抜け落ちた家で暖房も使えず過ごさざるを得ない被災者が
多く出ていることは事実です。
私も、微力ながら何か出来ることを探してみます。

彼女は、仕事と子育ての傍ら、
絵本の読み聞かせグループを主宰している。
日本から何ができるか、さがしてみたい。

函館の市民力

2010-09-01-Wed-03:53
ピンクリボン
26日はこだて国際科学祭の一環で開催された
「ピンクリボンつながる~乳ガンと生きて~」上映会。
ドキュメンタリーフィルムの主人公、大原まゆさんと
病室で同じ患者として知り合った、
HTBプロデューサー阿久津友紀さんが製作経緯などを語った
大原さんは21才で乳がんを発症し、
26才という若さで亡くなるまで乳がんの啓発活動を行った。
彼女の影響を受けて同じ活動を始めた女性たちなど、
命のバトンが引き継がれている様子が描かれている。
健診の必要性を訴える姿は心に響く。
このフィルムは貸出可能とのこと、各地で上映してください。

29日(日)も函館はイベント盛りだくさん!
あらためて函館の市民力はすごいと思う。
子育て1
第1回子育てネットランド
絵本の読み聴かせに、大勢の親子が集まりました。

市民会館では第10回ざいだんフェスティバル~一万人以上の人出とか。
各種ステージショーや商品ありのクイズラリーやフリーマーケットや縁日!
「青少年のための科学の祭典」を見ようと思ったけれど、
人混みに圧倒され、公民館へ移動。

午後は公民館マチネで受付のお手伝いをし、
森洋子さんのチェンバロでゴールドベルク変奏曲を堪能。

そして夕方は久々に大沼へ。
第5回全日小・中学生創才セミナーの見学と
「数学の道」序幕式列席を、当日朝に友人と決定。
子育て支援に長年関わってる友人の運転で、
車内の会話も弾み楽しいドライブとなった。
市内から30分くらいで駒ヶ岳をいだく美しい湖の国定公園がある。
函館観光を予定している方は、
ぜひ連泊なさって、
函館の首飾りのような美しい町々を楽しんでください。
大沼公園

大沼湖畔の森の中に大沼国際セミナーハウスがある。
その周辺の遊歩道2.6㎞が「数学の道」と名付けられた。
国際的数学者の広中平祐さんが中心となって
2006年から、このセミナーハウスで、
全国の小中学生を対象に「創才セミナー」を開いてきたことを記念したもの。
なぜ大沼で開くのか?
北緯42度にこだわってと広中先生はおっしゃる。
数学の道は世界でもここだけ、
今後、算数オリンピック開催地としてふさわしいのではと話してらした。
数学の道函館市の書家中島荘牛さんが命名、揮毫

数学創才セミナーアルゴゲーム大会
私も南北海道創才推進教育推進会の会員なのですが、
見学したのは初めて。
全国からの英才の皆さんと道南圏の少年少女たちが共に
広中先生、ピーターフランクル先生、未来大学の教授達の、
情熱あふれる数学の講義を2日間受ける。

終了後は恒例の前庭でのバーベキューパーティー。
大沼の皆さんがボランティアで準備してくださる。
開成中学1年生の男子とおしゃべりした。
父親のように公認会計士をめざしているという。
「英語は塾に通ってるけど、
他の科目は授業についていけたら東大は入れます」

女の子が少ないなと見渡したら、
女子3人組が近づいてきたのでインタビュー。
市内附属中と的場中の1年生。
昨年参加して楽しかったので友人も誘ったという。
夢は?これから見つける。

男女平等教育といわれながら、
まだまだ数学や科学に進む女子は少ない。
隠れたカリキュラムは存在している。
男女共同参画第三次基本計画案の第11分野に
「多様な選択を可能にする教育・学習の充実」が
あげられている。
計画案に対する意見公募は31日で締め切られたが、
地域での実質的な取り組みを提案していきたい。






HOME