FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「女性に一定の議席を割り当てる男女共同参画条例」を明石市長が提案を言及

2012-05-29-Tue-23:23
来月6日に発足する全国弁護士市長会について、
泉房雄明石市長へのインタビューの内容がMLで流れてきました。

泉市長は、
「地方から国を動かす流れのひとつ。
国レベルで制定できない法律を条例という形で制定し、
全国に広がっていけば実体として法律と同じになる。
こうして国の在り方を変えていくことが十分な時代に入った。
弁護士市長会で、先駆的な条例案を足並みをそろえて提案したい。」と語り、

その先駆的な条例の例として、
「例えば、女性に一定の議席を割り当てる男女共同参画条例はどうか。」
と言及しています。
この制度は「クオータ制」と呼ばれ、世界中で100ヵ国以上が導入していますが、
日本には一例もありません。

首長がクオータ制について語るとは、画期的なことです。

「他にも、犯罪被害者支援条例や児童、高齢者、障害者、
ドメスティックバイオレンスを包括した総合虐待防止条例の導入など
地方自治体が直面する課題を話し合っていきたい。
法律の知識を行政に生かすことが狙いです。」

全国の弁護士市長は13人。
女性は越直美大津市長の一人だけです。

上田文雄札幌市長、鈴木俊美栃木市長、川合善明川越市長、
神保国男戸田市長、野平匡邦銚子市長、越直美大津市長、獅山向洋彦彦根市長、
橋下徹大阪市長、浜田剛史高槻市長、泉房雄明石市長、酒井隆明篠山市長、
山下真生駒市長、白井博文山陽小野田市長

男女共同参画センター縮小しようとしている弁護士市長の
考え方が変わることも期待したい。

泉市長の提案が実現するように市民団体としても応援していきましょう。

ふくろうコンサートvol.7

2012-05-28-Mon-23:52
研修に行っていたので、一週間ご無沙汰でした。
復活第一報は、ふくろうコンサートのお知らせです。

ふくろうの家が的場町に転居してから、五度目の春を迎えました。
多くの方々にお世話になった感謝を込めて、
七回目のふくろうコンサートを開きます。

来る3日日曜日の午後、
美しいギターの調べで癒しのひと時を過ごしませんか。

ふくろうコンサートvol7
演奏: 柴田 成 さん
     久保田孝氏に師事  函館音楽協会奨励賞受賞
     クボタ・メソッド・マンドリン・ギター・レッスン室講師
プログラム:「風の谷のナウシカ」「ロミオとジュリエット」など7曲

日時:6月3日(日)開場13:30 開演14:00
会場:自立援助ホーム「ふくろうの家」サロン
    函館市的場町16ー8ー2
参加無料 (柴田さんはふくろうの家を応援してくださってます)

主催・お問い合わせ:NPO法人青少年の自立を支える道南の会
          ℡:0138-54-6844
4月末に開催された総会で、私が会長を務めることになりました。
力不足ですが、会立ち上げの呼びかけをした時の強い思いは変わっていません。
今後もよろしくご支援お願いいたします。

院内セミナー「バックラッシュ」を跳ね返して、新しい時代へ

2012-05-19-Sat-04:12
院内セミナーの案内が届きました。
どなたでも参加できます。
また「バックラッシュの生贄」は函館市中央図書館にもあります。
ぜひ、お読みになってください。

P1100014.jpg

2000年以降、日本中に男女平等の流れを押し戻そうという動き~
バックラッシュが起きました。
その攻撃に屈した行政によって、
豊中市の女性センター館長三井マリ子さんは排斥されました。
三井さんは、不安定雇用にある全女性たちのために提訴。
最高裁は「理不尽な首切りは人格権の侵害である」と認め、
歴史的な判決となりました。

この経過が書かれた「バックラッシュの生贄」(旬報社)発刊をきっかけに、
院内セミナーを開き、皆さんで話し合うことにしました。、
誰もが自分らしく生きられる時代を切り拓くために、
今、最も大切なことは何なのか?

院内セミナー「バックラッシュ」を跳ね返して、新しい時代へ
日時:6月1日(金)17:30~19:30
会場:衆議院第二議員会館 多目的会議室
資料代:500円

講師:
紀藤正樹 さん(弁護士)、朝倉むつ子さん(早稲田大学教授)、
上野千鶴子さん(東京大学名誉教授)、
三井マリ「子さん(女性政策研究家、豊中市男女共同参画推進センター初代館長) 



「世界の女たちの働き方」~全国フェミニスト議員連盟総会記念セミナー

2012-05-18-Fri-23:15
全国フェミニスト議員連盟の総会記念セミナーが開催されます。
十数年前から私も会員になっていて、
2年前は函館で国際フォーラム・夏合宿を行いました。
その節は多くの方にお世話になりまして、有難うございました。
函館の市民力を全国に知らせることができました。

2012年度総会&記念セミナーのお知らせ
• 日時:2012年5月26日(土)
• 会場:亀戸文化センター(カメリアプラザ)5階第一研修室
東京都江東区亀戸12-19-1 Tel:03-5626-2121
 (総武線亀戸駅下車徒歩1分) [会場地図]

13:30~14:20 総会(会員でない方の傍聴も可能です)
14:30~16:30 記念セミナー(どなたでもご参加いただけます)

記念セミナー:「世界の女たちの働き方」
~不安定雇用・低賃金・雇止め・育休切り…これって世界共通?
日本では、働いても働いても、女性の多くは年150万円以下の収入にしかなりません。
その要因のひとつは、労働市場における非正規雇用の増加にあります。
きわめて低い賃金、正規職には見られない雇用主の都合による突然の雇止め、
育休切りなどが働く女性をおそっています。

貧困は、働く世代の単身で暮らす女性の3人に1人、
65歳以上女性の52%、母子世帯の57%に及びます。
貧困は、女性が家計を支える世帯に集中しています(注)。

働く女性の貧困は子どもの貧困に直結します。
この深刻な事態を見逃がすわけにはいきません。
先進的な北欧やEUにおける労働政策や雇用制度からヒントを探り、
何ができるかを話し合いしましょう。ぜひご参加ください。

(注)国連は、貧困が女性に偏る現象をfeminization of poverty と呼び、
女性が経済力をつけるための障害を除去するよう各政府に呼びかけてきた。

◎パネラー
榊原 裕美さん
スウェーデン研究者。日本の生協で働いた後、
スウェーデン留学。スウェーデンの労働組合と女性労働を研究。
帰国後、横浜国大博士課程在籍のかたわら、
「働く女性の情報誌 いこる」にスウェーデンの女性労働について
臨場感あふれるルポを連載中。

柴山 恵美子さん
ジェンダー・雇用政策研究者。元名古屋市立女子短大教授。
新聞記者を経てフリーランスに。日本EU学会、ジェンダー法学会所属。
編訳著:『EU男女均等法・判例集』『EUの男女均等政策』『世界の女性労働』など。

◎資料代:500円


「今、ここにある未来」上映会・総会

2012-05-17-Thu-23:14
南北海道自然エネルギープロジェクトの総会と、
サティシュ・クマールさんの映画「今ここにある未来」の上映会を開催。

5月23日(水)午後6時30分より
会場:函館市地域交流まちづくりセンター

DVDのあとがきをナマケモノ倶楽部の辻信一さんが書いている。
環境運動や平和運動の指導者サティシュは辻さんにとって精神的な師であるという。
サティシュ・ クマール

「今、ここに、いる」――Being here and now
現代社会は、「する」価値ばかりが称揚される“するする社会”だ。
実は、「しないこと」や「いること」からこそ
本当のダイナミックなエネルギーが流れ出す。
「今、ここ」から、未来は紡ぎ出されるのだ。
現代人は忙しさで押しつぶされそうだ。
忙しさとは何か。限られた時間の中に
入りきらないほどの「すること」を詰め込もうとすること。
それは「いること」から、逃げ回っている姿だ。
まるで自分の存在の陰に怯えるかのように。

三度目の二十歳からは「いる」人生を始めようと考えていたのに、
この春から、新しいことを4つも始めてしまい、「する」人性に逆戻り。
でも携帯電話もスマホも持たない!ことで、
「いる」感覚を持っているつもり。

女性の就労促進特命チーム

2012-05-15-Tue-23:35
先週末、小宮山厚生労働大臣が、女性の就労促進特命チームについて語っていた。
4月9日の国家戦略会議で、野田総理から要望があったと言う。
「関係閣僚による女性の活躍を推進する会議を設けて、
6月までに重点課題を整理して年内に工程表を策定してほしい」
それを受けて、小宮山大臣の元に「女性の就労促進特命チーム」をつくった。
これまでに既に4回開催して、5回目の会合が5月14日の午前開かれる。
「女性の活躍促進・企業活性化プロジェクト」として2~3年間という期限をきって、
集中的に政府をあげて実践していきたい。
これまでも少しずつやってきた女性の活躍促進の「見える化」を推進。
政府各省連携をとって企業へ直接働きかけを行っていく。
そのための「女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦」

施策は山ほど積み上がっているのに実際進まないという現実、
どうやって進めるかということに知恵を絞っていくそうなので、
期待したい。
函館市でも、市長のもとに特命チームをつくってほしい。

女性が活躍して、企業を活性化するということは、
新しい働き方、新しい仕事、新しい社会の仕組みをつくることだ。
超少子高齢社会を担う若者たちのためにも、今、変えなければならない。
就職難で若者自殺150人と、大きな見出しで報道されていた。
すきまをねらっても、けっこう人生は面白いよと、
子どもたちが社会に出る前に、もっと伝える方法はないだろうか。


かたくりとギフチョウ

2012-05-13-Sun-09:28
かたくりの花の蜜を求めるきれいな蝶を、今朝TVで見た。
ギフチョウというそうだ。
最近このブログでも紹介した、
かたくりの花が群生する、函館近郊の高原が思い浮かんだ。
お天気も良いし、ギフチョウを探しにいざ!
でも宿題や家事が溜まっているし~と迷って、
まずはネット検索。

ギフチョウは本州でしか見られないことが分かった。
写真で楽しみましょう。
かたくりとギフチョウ  (かたくりとギフチョウ より)

ギフチョウは蜜をもらいながら受粉を助けている。
かたくりの花が枯れると、緑の袋の中にちいさな種子がいっぱい。
その種子をありが運んで、またかたくりの群生が拡がっていく。
助け合っていのちを紡いでいる。
私たちは何ができるだろうか。

鳥取県の森の幼稚園の特集が先週放映されていた。
小さいときは大自然の中で思いっきり遊んでほしい。
函館にも子どもたちの自然体験をサポートする市民団体「ナチュラス」がある。
皆さんで応援してください。

フィンランドの教育

2012-05-12-Sat-22:43
函館市地域交流まちづくりセンターで開催された
「今日のフィンランド」一日イベントのの中の
「フィンランドの教育」講演会に参加した。
主催は、昨年北海道大学内に開設されたフィンランドセンター北海道事務所。

フィンランドは、学力世界一で注目されているのに、
参加者が5人と少ないのには驚いた。
宣伝が足りなかったのだろうか。

スタッフのウラさんが自分の体験を交えながら流ちょうな日本語で説明した。
教育関係者にぜひ聴いてほしかった。
P1100009.jpg

欧州の中でも宿題は少なく、もちろん塾などありえない。
教育費用はOECDの平均レベル。
学力一位となったのは、つまり勉強量や費用の問題ではない。

ウラさんの話を聴いて、
小さいころから自主性を重んじることで、子どもたちが伸びたのではと思った。
高い点数をとることではなく、
将来希望する職業に向けて実力をつけることが目標とされる。
他人との比較ではなく、
自分が自分らしく生きられるように学べる教育制度、
日本もそうあってほしい。

道南わかちあいの会 あかり

2012-05-11-Fri-23:55
道南いのちと心を考える市民ネット・あかりでは、
昨年2月の発足時から、活動計画の一つに
自死遺族のつどいをひらくことをあげて、話しあいと研修を重ねてきました。

多くの方のご協力のおかげで、
毎月第二土曜日開催(8月お休み)とすることができました。
名称は、「道南わかちあいの会 あかり」、6月9日に第1回を行います。

約一ヶ月前の今日、お知らせのためのリーフレットがようやく完成し、
一息つきましたが、開催日までにあと研修2回、準備や周知も大切です。

P1100011.jpg P1100012.jpg
ほのかなあかりのような「だいだい」色のリーフレット、手作りです。

賛同してくださった方がホームページをつくってくださいました。
右リンク欄17番目をご覧下さい。


~自死遺族のつどい「道南わかちあいの会 あかり」のご案内~
大切な人を自死でなくされた方が、安心して気持ちを語れる場です。
毎月第二土曜日に開催します。

会場 函館市総合保健センター 2階第2健康指導室
開催日時  毎月第二土曜日(8月を除く)14自~15自30分
(グループワークです。14時までに起こしください)
参加費  無料
事前申込 不要(直接会場へお越しください)


生活・雇用・いのち 実現したい“私たちの一体改革”

2012-05-07-Mon-23:02
フォーラム・「生活・雇用・いのち」が開催されます。
スピーカーに、函館とゆかりのある弁護士、中野真実さん、
全国シェルターネットの遠藤智子さんも。

『ラウンド・テーブル 生活・雇用・いのち
実現したい“私たちの一体改革』”

とき 2012年5月19日(土)13:30~(開場13:00)17:00(終了時間は目安)
ところ 東京大学・小島ホール2階会議室
(アクセスマップ 
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf )
資料代 \1,000、申し込みは不要です。

スピーカー
税・社会保障改革の問題点
    =少なくとも「逆機能」を解消せよ
  東京大学社会科学研究所教授 大沢 真理さん

雇用・労働のいま
    =多様な雇用の維持・強化は差別雇用の拡大システムだ
  弁護士 中野 麻美さん

「男女共同参画のいま」を考える
 =国際的視野から見た日本、震災復興が浮き彫りにしたジェンダー
  弁護士・国連CEDAW委員 林 陽子さん

ゲストスピーカー
震災が惹起した【生活・いのち】を脅かす女性への差別
  社会的包摂サポートセンター 遠藤 智子さん


主催 フォーラム・「女性と労働21」
    科研費プロジェクト「生活保障システムとグローバル経済危機」
問い合わせ ittai_kaikaku@yahoo.co.jp

原発ゼロのカウントダウン~子どもの日に最良の贈り物

2012-05-05-Sat-10:39
泊原発3号機は今日午後11時ころ出力ゼロにして定期検査を開始する。
これで国内全50基の商業用原発がすべて止まる。
原発ゼロカウントダウン、ゼロ記念日のパレードなどが
5,6日に各地で開催される。、
子どもの日に原発ゼロ!
原発ゼロカウントダウン

「市民法廷~大間原発」に約500人が参加

2012-05-04-Fri-22:55
昨日3日午後、憲法施行65周年を記念して、
函館で「大間原発」に関する市民法廷が市民会館で開かれた。
雨模様だったが、500人近くが参加し、
会場係は椅子の追加作業に追われるという嬉しい悲鳴。

法廷と同じように、3名の原告意見陳述や
原告代理人の弁護士3名によるプレゼンテーションが行われた。

たった一人最後まで大間の海を守り抜いた故熊谷あさ子さんの
姿が映像で流れた。
「大間の海は宝の海」「なんぼ積まれたって土地は渡さねえ」
「私がどこさ行っても見張ってる。ストーカーみてえだ」
数年前にあさこハウスを訪ねた時の元気な姿が重なり、私は涙がとまらなかった。

映像の直後にご挨拶に立った、大間訴訟の会代表の竹田とし子さんは
感極まったのだろう、しばらく声がでなかった。
30年運動を続けてきて、熊谷さんとも長いおつきあいだったから。
大間原発を止めるのは私たちの責任、共に訴えましょう。と力強く呼びかけた。
竹田さんの万感の思いが込められたご挨拶だった。

大間原発3 弁護士によるプレゼンテーション
大間原発の危険性にについて多くの方に理解していただけたと思う。
被告側(国、電源開発)弁護人の報酬はかなり高いのだろうが、
原告側の弁護士さんたちは無報酬、手弁当である。

全国の皆さん、原告になって応援してください。

自転車で日本縦断~桜を追いかけるJINくんを応援して!

2012-05-03-Thu-21:05
ジンの日本縦断
この自転車で、鹿児島から日本海側をひたすら走るJIN君
函館では友人宅に泊まり、夜景や名物料理を堪能したようです。
5日に稚内に着かなければ、
アメリカでの仕事に間に合わないそう。
明日は大雨の予報なので心配です。
見かけたら応援してあげてください。
ブログを見て応援メッセージをおくってください。
cyclejapan.tumblr.com
JIN君が切り取った日本の風景もお楽しみください。

スズランの日に

2012-05-01-Tue-23:20
5月1日メーデーの休日、フランスでは町中にスズランがあふれます!
親しい人にスズランを贈る習わしのため、
スズランの小さな花束を売る人(子どもたちのお小遣い稼ぎにも)が
方々に見られます。

この2,3日は、函館も初夏の暖かさですが、スズランはおろか、
桜もまだ~です。
五稜郭公園を染める桜を、東京からの講師お二人にお見せできずに残念でした。

でも、昨日大沼公園をご案内して、
ミズバショウやカタクリの花を見て見て頂くkとができました。

函館を訪れてくださる皆様、ぜひもう一泊なさって、
七飯町の大沼公園から北斗市のきじひき高原で美しい風景をお楽しみください。
さらにもう一泊、
江差町や松前町まで足を延ばして(車で2時間弱)
道南の歴史をたどってみるのもおすすめです。

スズランの代わりに、贈ります。
P1090978.jpg      P1090972.jpg  大沼のミズバショウ


P1090988.jpg  駒ヶ岳と「千の風になって」考案の地モニュメント

P1090994.jpg

なぜ、スズランを贈るようになったのでしょうか?

鈴なりの花がつく植物は、ケルト人たちは春のシンボル、
幸せを呼ぶものと考えていました。

中世、5月1日は愛の日で、葉と花でつくった冠をかぶったり、
花をプレゼントしたりしました。
が作ったと言われます。

1561年5月1日、シャルル9世は幸福をもたらすとしてスズランの花束を受け取り、
それが大変気に入って、
宮廷のご婦人たちに毎年スズランを贈ることにしたと言われています。

欧州では「スズラン舞踏会」が開かれ、若い女性たちは白いドレス、
男性たちはボタン穴にスズランを付け、出会いの場だったそうです。
一般的な週間となったのは、19世紀末、また1976年だという説もあります。

「スズランを贈る日」を函館から発信したいですね。



HOME