FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

7月初旬に「性暴力救援センター・さが(通称・さがmirai)」開設

2012-06-27-Wed-23:12
大阪、東京、愛知に次いで、
全国で4番目の「性暴力救援センター」が佐賀にオープンするという。
県が検査費など必要経費を全額負担するのは初めてで、画期的なことだ。
今年度から2年間のモデル事業で、初年度の総事業費は約500万円。

県立病院好生館を拠点病院とし、
女性の医療ソーシャルワーカー3人が交代で相談に応じる。
他の医療機関とも連携しながら、カウンセリングなどで
長期にわたって被害者を身体的、精神的、経済的に支援する。

被害者は誰にも話せず、一人悩み苦しんでいることが多い。
性被害は、被害直後に産婦人科を受診し、
適切な処置を受けることで、心身の回復が早まるとされる。

ぜひ全都道府県で取り組んでほしい。

昨夜、函館性と薬物を考える会の第8回総会に出席した。
2011年度は、出前授業81回、地域での講演20回、少年鑑別所などでの講座11回、
会長の小葉松産婦人科医師はじめ、忙しい医療専門家の方たちが一生懸命伝えて歩いている。
今年度から、市の中学校性教育講座を委託したと報告された。

私たち道南ジェンダー研究ネットワークもデートDV出前講座を行っている。
性暴力等の予防活動にはなっていると思うが、
被害者救援体制が早急に必要だ。
市レベルで、佐賀のように予算を組めないだろうか。
かなりの人が救われると思う。





畑中一映さんリサイタル~ショパン国際ピアノコンクールin ASIA優勝記念

2012-06-24-Sun-23:47
畑中一映さんのピアノリサイタルが近づいてきました。
ご存じのように医師で、ピアニスト。
天はいくつも才能をあたえるのですね。
今回は「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」優勝を記念して開催。

一映さんはイキ!ネット運営委員でもあり、
年に数回開催される公民館マチネに協力して、
函館市公民館の活性化に取り組んでいます。(右リンク参照)

すばらしい朗読をなさっていた故畑中栄子さんのご長男です。
読み聞かせグループアリスの主宰だった栄子さんに魅かれて、私も
絵本のとりこになっていきました。
アリス20周年イベントについては後日報告します。

リサイタルでは栄子さんが笑顔で見守っていることでしょう。
畑中さんコンサート

日時: 2012年7月5日(木) 18:30開場 19:00開演
会場: 函館市芸術ホール
入場料: 一般1000円、高校生以下500円
出演:ピアノ 畑中一映
主催:日本ショパン協会北海道支部函館地区
共催:財団法人函館市文化・スポーツ振興財団
後援:株式会社河合楽器製作所函館店 クレアシオン 函館市公民館活性化ネットワーク 函館鍵盤楽器研究会

プログラム
 ショパン/
  ワルツ op.18 「華麗なる大円舞曲」
  ノクターン op.9-2
  即興曲 op.66(遺作) 「幻想」
  舟歌 op.60
  前奏曲 op.28-15「雨だれ」
  ポロネーズ op.53「英雄」
  バラード 第1番 op.23
  バラード 第2番 op.38
  バラード 第3番 op.47
  バラード 第4番 op.52




92歳中山セツさん、江差追分全国大会に挑戦へ

2012-06-22-Fri-08:57
函館在住の中山セツさんは50歳から江差追分の練習を始めたそうだ。
何度も入賞しているが、今回は全国大会へ出場という快挙!
おめでとうございます。
92歳、どんどん上達しているという。

中山さんは一人暮らし。好きなことを続けるのが元気の素なのでしょうね。

様々なことが失われていく両親、父91歳、母84歳。
でも新しい面を発見することもたびたびある。
父は今も、知人の名前を入れた短歌を作り筆で描き上げる。
母は突如その場の情景を歌い出し「創作だよ」
笑顔が戻り、時には皆で爆笑することもある。

三度目の二十歳を機に断捨離していくつもりが、
春から新しい活動を4つも始めてしまい、息切れがしている日々。
中山セツさんを目標に、
さあ、私も明日の高校生への模擬授業と受験がんばろう。

飯田哲也さんが山口県知事選挙への立候補を表明

2012-06-21-Thu-23:57
飯田哲也さん(NPO環境エネルギー政策研究所の所長)が
7月12日に告示される山口県知事選挙への立候補を表明した。
政府による関西電力大飯原発の再稼働方針について
「止められなかった責任を感じている」と述べていた。

「311後にエネルギー政策を変える使命があり、
中央政府が逆回転し始めた今だからこそ、
地域からの歴史的なダイナミズムを生みだしたい」
「日本中が閉塞感に覆われるなかで、
故郷から『脱官僚・脱中央・脱閉塞』による開かれたデモクラシー改革を通じて
『本当に豊かな21世紀の地域社会』を目指したい」と語っている。


青少年自立援助ホーム~ふくろうコンサート

2012-06-15-Fri-23:05
またしばらくお休みしてしまい、ごめんなさい。
古いパソコンが使えなくなってしまったので、
データ取り出しをプロに依頼して、今日ようやく新しいパソコンに入れました。

3日日曜日、ふくろうコンサートが行われ、
65人もの方がいらしてくださって、サロンはいっぱいになりました。
柴田成さんの優しいギターの調べに、
ふくろうの家OBのA子さんも聴き入ってました。
普段は大勢の人がいるところを避ける彼女が参加したのは嬉しいことです。 

fukuroukonnsa-to 1 子供たちも関わった手作り看板

fukuroukonnsa-to2.jpg

今年度初めて、函館市から自立支援の予算10万円がつきました。
市レベルでは全国初です。
自動車免許取得の補助金とする予定です。

今、18歳の男子Bさんが自分で働いて貯めたお金で仮免までこぎつけました。
あと一歩です。応援してください。

生活保護制度や利用者へのバッシングで日本は幸福になるのか?!

2012-06-07-Thu-01:28
お笑いタレントの親が生活保護をもらっていたことが詳らかにされ、
バッシングが大きくなっている。
生活保護利用の要件の法改正にあたるようなことを
厚生労働大臣がコメントしていたので、非常に驚いた。
不正受給には当たらないと識者の見解もあるし、
この一例から保護制度全体を変えようというのは、あまりにも拙速すぎる。
何が政治を動かしたのかと疑問に思った。

作家の星野智幸さんがブログで
「また殺人未遂が起きているのか、と暗澹たる気持ちになった。」
と書いている。
入管の現場や「死刑制度」にもふれ、
「私たちがバッシングし、叩こうとし、殺そうとしているのは、
「俺」なのだ。自分なのだ。私たちは、おぞましい悪夢を生きている。」
と結んでいる。
(転載の了承を得ていないので、星野さんのブログをご覧下さい)

星野さんの意見は大げさではないという実態を示すメールが流れてきた。
「生活保護受給者の自殺率は一般の2倍、20代は6倍
-生活保護バッシングと制度改悪は殺人になる」
厚生労働省「生活保護受給者の自殺者数について」
(2011年7月12日第4回社会保障審議会生活保護基準部会参考資料)に
掲載されている生活保護受給者と日本全体の自殺率を
その方がグラフにしたものが添付されていたので、紹介する。
生活保護受給者の自殺率
「19歳以下を除いて、若い年齢ほど自殺率が高くなっている。
こうした数字が示すように、生活保護受給者は現状でも「生きづらい」のである。
とりわけ、若年層の「生きづらさ」は異常な実態にある。
いまの生活保護バッシングは、
いま以上の「生きづらさ」を強要することにほかならない。」と述べていた。

子ども若者白書は「10~20代から老後が不安」との調査結果を発表した。、
日本貧困率の高さが注目されているが、
下のグラフの通り、
日本は、国が政策を実行すると貧困世帯がかえって増える唯一の国である。
北欧やフランスは、再配分後には貧困率が1/4以下になっている。
再配分
つまり、日本は生活保護を受ける前の、社会保障を整備する必要がある。

生活保護受給者数の増加がニュースにとりあげられるが、
日本の生活保護利用率は1,6%で、
ドイツ9.7%、フランス5.7%に比べて非常に低い。

誰もが、いつリストラされたり、病気になったり、大災害にあうか分からない。
政治は弱者のためにある。

「世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない」
宮沢賢治の言葉である。

お詫びと訂正を掲載~独立行政法人 日本原子力研究開発機構

2012-06-05-Tue-23:54
(独)日本原子力研究開発機構ホームページに載っていた
「奥さんの“怒鳴り声”が放射線」などのメッセージは
4日お昼ころ、「工事中」として削除されました。
同日、全国フェミニスト議員連盟の代表が原子力機構に電話したところ、
くだんのメッセージは数年前に作成したもの、
苦情が殺到したのでとりあえず検討するため
現在はサイトを工事中にしている。との説明でした。
さらにフェミ議連から回答を求める抗議文を送ることにしています。

5日の北海道新聞社会面にもこのメッセージが記事になってました。
ウェブニュースなどにも出ています。、

5日夕方には、原子力機構のサイトに
お詫びとHP掲載の経緯や調査結果が載りました。
「今後とも、ホームページの内容につきましては、
より良い内容になるよう改善に努めて参ります。」
と結んでますが、HPだけの問題ではないのです。
新情報によると、昨年3月6日に行われた
放射性廃棄物ワークショップ全国交流会in瑞浪のレジュメに使っています。
下記をご覧下さい。

http://www.enecho.meti.go.jp/rw/ene/2010/document/20110306-seminar.pdf

原子力機構 東海研究開発センター 核燃料サイクル工学研究所
リスクコミュニケーション室
郡司 郁子氏による
「リスクコミュニケーションの場づくりについて」
平成23年3月6日
放射性廃棄物ワークショップ全国交流会in瑞浪のレジュメ

12P
女性層をターゲットに参加しやすい雰囲気を工夫
「お肌スッキリ アロマせっけんを作ろう」

20P
主婦と専門家の違い
【主婦】 非科学的、細かい事は知らなくてよい、感性で理解
【専門家】 科学的、より詳しい説明、論理的
雑談から派生する”身近さ”が本質的理解へ

26P (例の夫婦喧嘩のくだりが。。。)

「大事なことは、
地域の方々を尊重し、信頼すること。
『人として、組織として信頼される』ことを目指す!」
と、この中でうたっていますが、
信頼される内容検討や職員の男女共同参画う意識醸成を強く臨みます。

独)JAEA 核燃料サイクル工学研究所の発信~夫婦げんかに例えることが、放射能の分かりやすい説明ですか?

2012-06-04-Mon-01:14
原子力に関して、驚くような発信をしているというお知らせが来ました。
夫婦げんかと結びつけて放射能などを説明しまんがで表しています
「住民視点のわかりやすいメッセージ発信を目指して」
http://www.jaea.go.jp/04/ztokai/katsudo/risk/message/index.html

あまりにも酷いので、ここには載せたくないのですが、
アクセスしにくい方のために、HPを掲載します。

==独)JAEA 核燃料サイクル工学研究所HPより========
“原子力の話にはたくさんの専門用語が使われていて非常に難しい・・・・”
そこで、核燃料サイクル工学研究所では、
専門用語を分かりやすく伝えるにはどうすればよいのか、
東海村とひたちなか市在住の女性6名の方々と
一緒に考える取り組みを開始しました。

なぜ女性か?・・・
社会調査によると、女性は男性に比べ、
原子力の技術的な情報に対する理解度や満足度が低いことが分かっています。
そこで、わかりやすい情報の発信には、
女性の視点をいかに取り入れるかが鍵となってきます。

例えば・・・
 「放射線」や「放射能」という用語は良く耳にしますが、
この違いをはっきり区別できていない方も意外と多いのです。
この度、女性(主婦)の視点でそれらの言い換えに挑戦してみました。
普段の夫婦生活でどこにでもあり得る場面と関連付けて表現すると
次のようになりました。
分かりやすい表現?
これから・・・
住民と事業者が対等に向かい合い、お互いを理解し、
共に情報を作成・発信していきます。 
この活動を通じて、新たな協働関係の構築も目指していきます。

========================
これってそもそも分かりやすいですか?
放射能の危険性は「女性の怒りの感情」と同じなのですか?
なぜ女性なのですか?
理解に苦しみます。意味不明、根拠が分かりません。
即撤回すべきです。

こんな差別的で低劣なことが独法の業務として行われているなんて、
とんでもないことと私は思います。
このような認識の方々が原子力を推進しているのですね。
広報における男女共同参画の視点を、法人内で話し合うよう、
資料を送るつもりです。





 

幸運のライラック

2012-06-03-Sun-09:08
函館市立図書館の近くで
5つの花弁をもつライラックを見つけて
夫が写真を撮ってきました。
rairakku.jpg
幸運をもたらすそうで、幸運が皆さんに届きますように。

新しい時代へ~誰もが排除されない社会に

2012-06-02-Sat-09:22
『院内セミナー「バックラッシュ」を跳ね返して、新しい時代へ』が
昨日衆議院第2会館で行われ、全国各地から約150人が集まったそうです。
私は残念ながら出席できなかったのですが、
ビデオをアップしたサイトのお知らせが来たので、
他の作業をなげうって見入ってしまいました。
一両日中に削除されてしまうかもわからないので、お早めにご覧下さい。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/17617

三井マリ子さんのバックラッシュ裁判を応援してきた一人として、
勝訴は飛び上がるほど嬉しい!!!
けれど、まだまだ闘わねばと強く感じています。
パネラー4氏の最後の発言の中には、
障がい者権利条約批准、脱原発が出てきました。

第三次男女共同参画基本計画には複合差別の禁止が入っています。
どのような状況でも特性でも社会参加できる、
一人ひとりが尊重される、
世界は新しい時代になってきています。
日本も変わらなければ。

三井マリ子さんがマーガレット・ミードの言葉を紹介しています。
世界を変えられるのは、思いやりとやる気に満ちた小さな市民組織である。
実際それ以外のことなど一度もなかった
HOME