イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

『放射能時代を生きる3つのアクション』

2012-07-20-Fri-22:39
放射能
辛淑玉さんの新著『放射能時代を生きる3つのアクション』が、大変わかりやすく、
今、私たちが進むべき方向がみえてきます。
(定価:700円+税、発行:七つ森書館 A5判48ページ)

Danger(危険値を知る)
Decision(判断する)
Do(行動に移す。先に進む)
いま、わかっていること
という構成です。

大間原発NO!~大きな傘文字で

2012-07-19-Thu-00:40
16日午後1時、大森浜の砂浜に大きなNO!を傘で描きました。
対岸の大間町にそして全世界に届くように。

傘文字でNO!カメラを持って行かなかったので、参加者が取った写真を借りました。有り難う。
きれいなNOになりました。
ネットで17日朝刊をご覧下さい。

ちょうど土砂降りになったときで、
雨コートを着ていても中のジャケットやジーンズもびしょぬれ。
皆さん風邪を引かなかったでしょうか。
私はその後も2件用事がありそのまま回ったので、
帰宅した時は服が体に張り付き、くしゃみがとまらなかったほど身体が冷えてました。

各地で豪雨の被害にあわれた方々はもっと寒くて辛い思いをなさってることでしょう。
心からお見舞い申し上げます。

函館市が市教育委員会委員を公募! 7/17~8/10

2012-07-16-Mon-01:23
20年前、パリから函館にUターンして、
逆カルチャーショックの一つが、学校でした。
子どもの人権を守る会スコーレを友人たちと立ち上げて、
毎月一回開催される教育委員会定例会を傍聴に行きました。
定例会で中学生1名と親2名が意見陳述もしました。
私たち現役の親や子どもたちの声を聴く仕組みを作ってほしい!

当時,東京都中野区は教育委員の準公選制をとっていたので、
調査や見学にも行きました。1995年から推薦制に変更していますが。

函館市が教育委員会委員候補者を公募します!
20年来の願いが今回実現し、感無量です。

公募制は全国各地で増えてきていて、最近は大阪市が実施しています。

市民ニーズの多種・多様化や少子・高齢化の進行,
さらには,グローバル化,情報化の急速な進展など社会情勢の変化に伴い,
本市の教育行政が担う役割も増大してきており,
今後,より一層充実した施策の展開が求められております。
このような状況に適確かつ柔軟に対応していくためには,
これまでの既成概念にとらわれない,多様な分野からの見識や発想が必要であることから
教育委員候補者を公募することにより,
本市の教育行政のさらなる充実と教育委員会の活性化を図るものであります。
と、市は語っています。

函館市のホームページで「函館市教育委員会委員候補者公募要領」をご覧下さい。
任期は4年、募集人数1名、応募期間は7月17日(火)~8月10日(金)まで。

未成年のお子さんをお持ちで、教育に関心のある方、ぜひ応募してください。
また、周りの方にお知らせください。

市民創作 函館野外劇~今年は25周年~函館の市民力を観てください

2012-07-12-Thu-22:45
2012函館野外劇        2012函館野外劇3フィナーレ

2012函館野外劇4 舞台は史跡五稜郭のお堀と土手

市民創作 函館野外劇  今年は25周年です。
毎年観てる方も、ちょっとご無沙汰してる方も、未体験の方も、
今年は、お誘い合わせて、ぜひぜひご覧下さい!

25年前の初回には、私は一家5人でパリから飛んで観に来ました。
グロード神父の故郷、フランスのバンデ県ル・ピュイ・デュ・フーの
お城でくりひろげられる光と音の野外ショーを参考に始まりました。

函館野外劇は函館の歴史を題材にした野外スペクタクル。
毎年一万人の観客を魅了し、道内外からの観光客も増えてきています。
修学旅行生や海外からの観光客も。

私の関係では、今週東京から3人、来週は富山から3人、
7月最後の週はYWCA主催の福島県の家族夏休みin函館,で親子26人が鑑賞。
また5年来毎年、子どもたちの支援活動などをしている10市民団体述べ75名に
市内の女医Kさんからチケットの寄付をお願いしてご協力いただいています。、

毎回350人以上の市民が出演し、その配役の数は1000を超えます。

あなたも主役になれます! 
その数ある配役の中で、メインキャストとして21役の出演者を募集しています。
募集役は、コロポックル(ソラ・ニジ・ウミ・カゼ)、コロポックル長老、弁士、
高田屋嘉兵衛、ペリー提督、続豊治、ゴシケーヴィッチ領事、ホジソン領事、
カション神父、武田斐三郎、土方歳三、榎本武揚、ブリューネ大尉、高松凌雲、
石川啄木、川田龍吉男爵、ろ漕ぎ船頭、今年は新たに新島襄を追加、全21役。
※すべての役について男女を問いません。
参加希望される方は右リンク先函館野外劇のHPをご覧下さい。

なお、台詞のない一般役は当日の飛び入り出演大歓迎です!
当日18時半までにキャスト村受付までおこしください。

今年の初日、2日目の公演は、観客数やや少な目ながら、
昨年実績を上回って、無事終了しました(初日約450人、2日目約310人)。
 天候しだいですが今後が期待されます。
 
 テーマ曲「星のまちHakodate」をもっと広めようということではじめた
 プレステージも順調に推移してます。 
★今後のプレステージ出演予定
7月13日(金)  暁月めぐみ
7月14日(土)  北美原小学校合唱部
7月20日(金)  亀田老人大学コーラス部
7月21日(土)  玄舞少女隊
7月22日(日)  玄舞少女隊
7月27日(金)  平田まり
7月28日(土)  平田まり
7月29日(日)  函館男声合唱団
8月10日(金)  函館少年少女合唱団
8月11日(土)  函館少年少女合唱団

★おいそがしいお客様の声にこたえて、テスト的にお弁当などを準備しました。
お弁当
 焼きそば     500円   函館国際ホテル特製
 幕の内弁当    500円   函館国際ホテル特製
 カツサンド    500円    とんき 特製
 たい焼き     150円   七飯町 中村屋特製
 クッキーなど   100円   就労支援施設セラピア
                                       

バイバイ大間原発はこだてウオーク№8~「さようなら原発10万人集会に連帯して

2012-07-11-Wed-23:29
P1100290.jpg
16日(祝)午後1時に、傘を持って大森浜に集まりましょう!
傘で巨大なNO!の文字を描き、
対岸約20km先に建設中の大間原発に向かってNO!と叫び、
全国・全世界に発信しましょう。

バイバイ大間原発はこだてウオークの第8回は
「傘を重ねて大きなNO!」
福島第一原発自己の検証と反省がないまま、
7月2日に大飯原発は再稼働され、
「原子力ムラ」は再び原子力を推し進めようとしています。
今、私たちはこの動きに「NO!」と言わなければ、
日本列島は放射能汚染によってデッドゾーンになりかねません。

「NO!」は道南市民の私たちの強い思いを込めた
「大間原発建設NO!」
「大飯原発再稼働NO!」
です。
場所:サン・リフレ函館(大森町2-14)裏の砂浜
時間:2012年7月16日(海の日)13:00~14:00
主催:バイバイ大間原発はこだてウオーク実行委員会

~東京での集会は~
さよなら原発
第1ステージ サッカー場】
12:15~ ●オープニングライブ:小室等&こむろゆい+梅津和時&モア
12:55~ ●開会あいさつ:神田香織
●呼びかけ人:坂本龍一、鎌田慧、内橋克人、大江健三郎、落合恵子、澤地久枝、瀬戸内寂聴
●発言:広瀬隆、中嶌哲演(大飯原発現地)、武藤類子(福島から)
●ライブ:フライングダッチマン、スイシンジャー 
15:00 終了

【第2ステージ 野外音楽堂】
●11:30 司会あいさつ(古今亭菊千代)
ライブ:制服向上委員会、伴英幸&スイシンジャー、首都圏反原発連合
●14:00~ 司会あいさつ(古今亭菊千代)
発言:川野浩一(原水禁議長)
ライブ:寿[KOTOBUKI]
発言:湯川れい子、雨宮処凛、池田香代子、重茂漁協、香山リカ
   脱原発をめざす首長会議(三上元・静岡県湖西市長、保坂展人・世田谷区長、
              、上原公子・元国立市長)
   松本哉、 吉岡達也(脱原発世界会議)
ライブ:佐藤タイジ、TEX&SUN FLOWER SEED
>16:12終了

富山型デイサービス「おらとこ」設立者、野入美津江さんと語ろう~『みんな一緒で、元気な地域』

2012-07-08-Sun-22:54
富山型チラシ2
富山県在住のt友人、元大山町議の野入美津江さんが3泊4日北海道旅行で
函館に寄ってくれるという嬉しい知らせが舞い込んだので、
観光案内のプランを練りました。
当初1泊でしたが、ぜひぜひ函館野外劇を観て!と2泊にしてもらったので、
もう一夜は学習会&交流会を企画しました。

野入さんは、商店街の古民家を改装して富山型デイサービスを作ることを
公約に町長選に挑んだのですが、残念ながら落選。
ところがその公約を実践しようと、富山型デイサービス「おらとこ」を立ち上げのです!
看護士の資格が必要と感じ、新たな事業所を開設という忙しさの中、
夜学に通って准看護師の資格をとったパワフルな女性です。

野入さんを囲んで、これからの地域のありかたを皆さんで一緒に考えませんか。
ご参加をお待ちしています。
日時:7月19日(木)18:00~19:30
会場:函館市地域交流まちづくりセンター(末広町4-19)
参加料:500円(学生無料)

19:30~20:50交流会をまちセンで行います。
軽食をいただきながら野入さん含め3人の「富山型」オーナーの女性たちと話しませんか。
こちらは参加費(食事代)1,000円です。
17日(火)までにお申し込みください。
連絡先:道南ジェンダー研究ネットワーク 竹花郁子℡&fax:23-2504
右のメールからでも結構です。  

奥深い色の世界への誘い~第40回記念「縹展」をぜひご覧下さい。

2012-07-07-Sat-23:54
hanada.jpg         はなだ展1
第40回記念「縹展」は明日8日午後5時までです。
今日、見てきました。
深みのある色鮮やかな大作55点が
天井の高い芸術ホール・ギャラリーのスペースに躍動していて、
作者の情熱に圧倒されました。

40年も続けていることもすばらしいです。

心にしみる茜色
~「インド茜」という染料で、オーガンジーを10回染めたそう。

レトロモダンな着物
~縦糸をはるのに3ヶ月かかったそう。

澄み切った空に漂う真っ白なレース
~デッサン力とブルーの色合いに魅入ってしまう

大谷短期大学で「色彩学」を学んでいる学生たちに
「作者にお話を聞いてレポート提出」を課題にした。
レポートが楽しみ。

明日8日午後5時までです。
お見逃しなく。

はなだ展2 過去の縹展から

HOME