FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

共催団体は200を越える!橋下発言に抗議する緊急院内集会は明日22日、

2013-05-21-Tue-20:29
橋下発言に抗議する5/22緊急院内集会が、
いよいよ明日となりました。
現在、共催団体が217団体になったそうです。
本日23時をもって締め切りとなります。

当日、ユーストリーム中継が決定しました!
視聴アドレスは、
www.ustream.tv/channel/labornet03

発言者は、
加藤治子さん(SACHICO)
梁澄子さん(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 共同代表)
上野千鶴子さん、北原みのりさん、
周藤由美子さん(性暴力禁止法をつくろうネットワーク)

事前申し込みの必要はないそうです。
お近くの方はぜひご参加ください。
参議院議員会館の200人の講堂をいっぱいにしましょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
女性の人権を尊重する政治を!
橋下発言に抗議する緊急院内集会

日時:5月22日(水)15:00~17:00
場所:参議院議員会館 講堂
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

橋下発言に抗議する緊急院内集会

2013-05-17-Fri-05:12
橋下発言に抗議する緊急院内集会が開かれます。
16日のアナウンス直後から、
全国の団体から共催の連絡があり、
共催団体はすでに40団体を突破したそうです。
道南ジェンダー研究ネットワークも
共催することにしました。
私は24日から東京に行くのですが、
22日緊急集会ですと、参加できず残念です。

さらに多くの団体の名前を連ねて、
国会で私たちの怒りをアピールしていきましょう。

主催者は、次のように呼びかけています。
「共催団体になっても、当日出席や協賛金、
実行委員会参加等の義務はありません。
本集会の趣旨に賛同される団体は、
どうぞ「共催」として
名前を連ねていただければと思います。
以下に再度よびかけを添付いたしますので、
広報にご利用ください。」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
女性の人権を尊重する政治を!
橋下発言に抗議する緊急院内集会

日時:5月22日(水)15:00~17:00
場所:参議院議員会館 講堂
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表は、
5月13日、「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」
「海兵隊の性的なエネルギーを解消するためにもっと風俗
業を活用してほしい」等と発言し、その後、批判を受けると、
さらに開き直りの発言を続けています。
橋下氏の一連の発言は、日本軍「慰安婦」被害者のみならず、
すべての女性に対する著しい人権侵害であり、
とうてい看過できません。
このような言葉の暴力を政治家が堂々とマスメディアで
行えるという状況は、橋下氏だけの問題にとどまらず、
女性の人権が日本の政治の中で非常に低い価値づけしか
されていないことの反映です。
橋下氏の発言は、また、戦争のできる国をめざす
憲法改悪の動きが、女性の人権否定と密接な関係に
あることをも明らかにしています。
7月には参院選が行われますが、
女性に対する暴力を容認する政治家を許さず、
真に女性の権利を守る政治を求めて、
緊急抗議集会を開催します。
橋下発言に怒りをおぼえる多くの女性と
男性の参加をよびかけます。
今こそ政治の流れを変えましょう!

主催:橋下発言に抗議する緊急院内集会・実行委員会

★当日はロビーで通行証をお渡しいたします。
★共催団体として実行委員会に
加わってくださる団体を21日まで募集中です。

連絡先:アジア女性資料センター
E-mail: ajwrc@ajwrc.org
Tel: 03-3780-5245/ Fax: 03-3463-9752

アイヌ民族作家の作品を函館空港で

2013-05-10-Fri-22:44
ラプ開店

4月末、道南のアイヌ民族の作家の作品をそろえたお店
『ラプ』が函館空港ターミナルビル2階にオープンしました。

数年前、ニュージーランド研修に行った時、
マオリ民族の彫刻アーチが
オークランド空港でお出迎えしてくれたのが、
強く心に残っています。
函館空港でもアイヌ民族の芸術品でお出迎えをと
以前に議会で提言したこともあり、
今回の出店は、とても嬉しいです。

『ラプ』は羽を意味するアイヌ語、
未来に向かってみんなで羽ばたきたいという思いがこもっています。

海外へのお土産にも喜ばれますので、
ぜひお立ち寄りください。

憲法の日に~日本国憲法前文を読む

2013-05-03-Fri-05:23
昨年から大学の通信教育に挑戦している。
4月から 始まった2年生も順調に2科目終えて、
今日から3科目目「保険医療サービス」を受講。
第1講目に日本国憲法前文が紹介されていて、
その崇高さにあらためて感動した。
今日が憲法の日という、運命的なものも感じた。
平和憲法の遵守は世界から注目されている。

スペイン・テルデ市憲法9条の碑 スペイン・カナリヤ諸島テルデ市にある憲法9条の碑

平和市長会議は、5月1日現在、156 か国・地域 5,617 都市
日本国内加盟都市数1,318都市、函館市も加盟している。

******************************
日本国憲法前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、
その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、
この憲法は、かかる原理に基づくものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を
地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思う。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いずれの国家も、
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
この法則に従うことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

日本国憲法に男女平等を書いたベアテさんのドキュメンタリー

2013-05-02-Thu-23:00
ベアテさん函館講演会 1997年函館での講演会

ベアテ・シロタ・ゴードンさんのドキュメンタリーが
明日3日夜18:00~18:54に放送されます。
「憲法草案秘話 22歳の涙が生んだ"男女平等"」
@BSトゥエルビ 無料放送です。(BS押して12を押す)
(予告編動画あり)
http://www.twellv.co.jp/program/documentary/beate.html
HOME