イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館で人権擁護大会

2014-09-25-Thu-23:14

10月2日に日弁連の人権擁護大会が函館で開催されます。
この機会にぜひ函館へいらしてください。
参加無料、申し込み不要 資料代2千円

第一分科会では函館市長の提言も予定されているようです。

日時 【第1分科会】2014年10月2日(木)12時~18時30分
   【第2分科会】2014年10月2日(木)12時30分~18時
テ-マ/会場
第1分科会「北の大地から考える、放射能汚染のない未来へ
  -原発事故と司法の責任、核のゴミの後始末、そして脱原発後の地域再生へ」
函館市民会館 大ホール

第2分科会「障害者権利条約の完全実施を求めて-自分らしく、ともに生きる」
函館国際ホテル 2階「天平」

ポーセリン作品展~日和茶房ギャラリー

2014-09-15-Mon-18:36
DSCN2061 - コピー DSCN2062 - コピー
八木匡子さんのポーセリン作品展が大好評。
毎日大勢のお客様が優美な作品に魅了されています。
八木さんが丁寧に説明してくれますので、
ぜひお出かけください。
日和茶房で、9月23日までです。
お見逃しなく。

稼働原発ゼロから丸一年目

2014-09-15-Mon-07:20
DSCN2054 - コピーyacht

今日で日本全国の原発が停止して1年となる。
北国でも猛暑が続いた夏も電力不足による停電は一度もなかった。
北電の電気料金大幅値上げに負けないで、
身近な生活の場から省エネの努力を続けたい。
大きな危険をかかえた原発、
未来iの子どもたちのためにも
再稼働、建設を絶対に止めたい。

今日も函館は、
高く澄みきった空と穏やかな青い海が広がっている。
白く輝く豪華客船がゆっくりと入港してきた。
その国際海峡をはさんで23キロ先に大間原発を建設中。

八木匡子さん磁器上絵付作品展~故郷の函館で初めての個展開催

2014-09-01-Mon-22:29
八木さん個展写真1
ポーセリン作家(磁器上絵付)の八木匡子さん(旧姓酒谷)が、
故郷の函館で初めての個展を開きます。
会場には有形文化財の日和茶房を選びました。
落ち着いた雰囲気の中で素敵な磁器を鑑賞して頂けると思います。
文化の秋、ぜひ日和茶房を訪れ、
西部地区の散策も楽しんでください。
会期:9月13日(土)~23日(火)10:00~17:00
    (17日(水)は定休日)
会場:日和茶房(ひわさぼう)ギャラリー
    函館市元町32-10  ℡:83-6651

現在は東京在住でアトリエ・フルーレットを主宰しています。
昨年は、祖父ゆかりの金沢で作品展を開催し評判となりました。
匡子さんの祖父は、5代目酒谷小三郎、函館経済界で活躍し、
画家としても帝展に北海道在住者として初めて入選、
中央で活動の場を拡げ、
葬儀には親交の深かった武者小路実篤が友人総代を務めた。
と、函館博物館の資料にありました。

実は、匡子さんは小学校から高校まで同期で、
赤毛のアンの感想文が素晴らしかったので声をかけて以来、
半世紀親しくしている友人です。
NHK朝ドラマ「花子とアン」を観ながら当時のことを思い出しました。
お家には本物のフランス人形や素敵なティーセットがあり、
彼女の家で私は初めてプリンの味を知りました。
    
HOME