FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

大逆事件は生きている

2016-08-26-Fri-23:45
大逆事件

『100年の谺(こだま)~大逆事件は生きている』
(藤原智子脚本 2012年)
が、9月17日に函館で初上映されます。
日本の近現代史を世に問うドキュメンタリー映画。
上映に際して、『大逆罪』の著者・文芸評論家の北村巌さんが
事件についてミニ解説をします。
北村さんは現在札幌在住ですが、函館出身・西高校を卒業。
その後は道内の高校、道立文学館、函館市文学館に勤務。
現在は北海道文教大学講師。
1994年『島木健作論』で北海道新聞文学賞を受賞。
北村さんは様々な市民活動でお見かけしてましたが、
私の中で距離が狭まったのは、
『白バラの祈り』を観て涙でぐしゃぐしゃの顔でシネマアイリスを出た時。
北村さんも目を真っ赤にして出て来られたのです。
それからは函館の文学について沢山教えていただきました。
私の活動も応援してくださって感謝してます。
札幌で行われた北村さんの出版記念パーティーで、
私は白いバラを1本贈りお祝いのスピーチをしたこと など
北村さんのユーモアあふれる語り口と笑顔をと共に
懐かしくを思い出されます。

映画もオススメですが北村さんの解説をぜひお聴きになってください。

9月17日(土)①14:00 ②18:00
函館市公民館 講堂
前売り券800円 当日券1000円 高校生以下無料
主催 一般社団法人 函館YWCA

函館市 女性職員を主要ポストに積極登用 初の目標値

2016-08-03-Wed-23:32
函館市は、女性職員を主要ポストに積極的登用をするための
行動計画を策定した。
部長、課長ポストでの女性職員割合の数値目標を盛り込んでいる。
2020年度春までに、
部長・部次長~全体の1割、(現9.5%)、
課長・課長補佐~全体の2割(現15%)、
主査~全体の3割(現21.9%)  の達成を目指す。

職員採用に関してjは、来年度以降45%(現40%)に増やす。
女性の就職希望者を増やすために、
就床説明会に女性職員を派遣、
市HPで女性職員のメッセージを掲載する。

加えて、女性の働きやすい職場を実現、
男性職員が子育てに積極的に参加する意識改革も進める。

目標値が低いとは思うが、
永年、庁内の男女共同参画も議会で訴えてきた身としては、
まずは第1歩として、行動計画策定を高く評価し応援していきたい。
HOME