イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

『15歳、ぬけがら』

2018-01-31-Wed-23:31
15歳 ぬけがらi   『15歳、ぬけがら:』栗沢まり著 講談社 2017年
公園の公衆トイレで顔を洗う女子中学生だなんて、
死んでもばれたくない!
泥沼のような貧困を生き抜く少女を描いた話題作。
講談社児童文学新人賞佳作受賞。
選考委員那須田淳氏
「この作品が投げかける問題提起から逃げてはいけない。
貧困を知らない人たちにこそ届けたい」

昨年、ふくろうの家利用者が勧めてくれた一冊。
図書館から借りたけど、
すっごく気持ち分かるから読んでみて、と。
その夜読み終わって直ぐに、
著者の栗沢まりさんに会いたいと思い、
児童文学会のメアドを探し出して、連絡した。
ほどなく、栗沢さんご本人からメールをいただき、
札幌でお目にかかるアポをとることができた。

この本に込めた想いを伺い、
函館の皆さんにぜひお話いただきたいとお願いした。

3月10日10時~、函館市中央図書館で、
栗沢まりさんの講演会行います。



恭賀新年

2018-01-01-Mon-18:50
小鳥3
初春のお悦びを申し上げます。
子どもたちの未来が平和で安全で楽しくありますように。

除夜の鐘のなる頃、ふくろうの家のお嬢さん達と
亀田八幡宮へ初詣に行ってきました。
おみくじを見せあってはしゃぐ彼女たちに、
沢山の幸せが訪れるようにと祈りました。
みんなのおみくじに
「旅立ち 良し」とかいてありましたよ。
いつも応援してるからね。
日々青春の輝きを見せてくれて有り難う。
HOME