FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

はこだて国際民俗芸術祭~過去を知る窓、未来への扉~

2019-08-16-Fri-22:52
190812K01[1] 国際民俗芸術祭HPより
函館元町公園で、「世界」に出会う
2008年から毎年8月上旬の1週間
国内外3万人が集ってきた。
52カ国・地域、2,200人のアーティスト、
参加者は36万人になる。
最終日11日にフィリピンとロシア・ウラル族の
伝統的な民俗舞踊を観ることができた。
創造性、ユーモア、しなやかさ、美しい民族衣装に
会場は歓声と拍手が鳴りやまなかった。
函館発信の国際民俗芸術祭、
目標の中には
100の国と地域の「世界」に出会う
カーボン・オフセットに取り組む
「持続可能な開発目標SDGs2030」に従う
常に先駆的な発送をする
を掲げている
会場内の「ごみごみプロジェクト」テントでは、
中学生も自主的にボランティアでゴミ袋をを整理していた。

市民創作 函館野外劇~戊辰戦争終結150周年記念公演

2019-08-12-Mon-21:27
16-A-G5310[1]   函館野外劇HPより

10日野外劇最終日の公演を観てきた。
今シーズンも悪天候に悩まされたが、
この日は夕方から晴れてきて、
出演者も最後の演技に熱が入っていた。
壮大な旧舞台への復帰はまだ先になるそうだが、
「市民が力を合わせて函館の歴史劇を創る」
を守り抜いて32年、様々な努力を重ねている。
今回は、野外劇テーマ曲「星のまちHakodate」のCD制作、
155ヶ国語対応の「UDトーク」導入を行った。
多くの外国人観光客の方にも函館の歴史劇を楽しんでもらいたい。
また、文化財を「特別な場所」として会議やイベント等に
活用する実践事例として
文化庁作成の「ユニークベニューハンドブックで紹介された。
文化庁HPでご覧下さい。
函館の誇る、史跡五稜郭を舞台とした野外劇、
来年も7月中旬~8月上旬の週末に上演予定、
ぜひこの時期に函館へお越し下さい。



HOME