イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

7月初旬に「性暴力救援センター・さが(通称・さがmirai)」開設

2012-06-27-Wed-23:12
大阪、東京、愛知に次いで、
全国で4番目の「性暴力救援センター」が佐賀にオープンするという。
県が検査費など必要経費を全額負担するのは初めてで、画期的なことだ。
今年度から2年間のモデル事業で、初年度の総事業費は約500万円。

県立病院好生館を拠点病院とし、
女性の医療ソーシャルワーカー3人が交代で相談に応じる。
他の医療機関とも連携しながら、カウンセリングなどで
長期にわたって被害者を身体的、精神的、経済的に支援する。

被害者は誰にも話せず、一人悩み苦しんでいることが多い。
性被害は、被害直後に産婦人科を受診し、
適切な処置を受けることで、心身の回復が早まるとされる。

ぜひ全都道府県で取り組んでほしい。

昨夜、函館性と薬物を考える会の第8回総会に出席した。
2011年度は、出前授業81回、地域での講演20回、少年鑑別所などでの講座11回、
会長の小葉松産婦人科医師はじめ、忙しい医療専門家の方たちが一生懸命伝えて歩いている。
今年度から、市の中学校性教育講座を委託したと報告された。

私たち道南ジェンダー研究ネットワークもデートDV出前講座を行っている。
性暴力等の予防活動にはなっていると思うが、
被害者救援体制が早急に必要だ。
市レベルで、佐賀のように予算を組めないだろうか。
かなりの人が救われると思う。





HOME