イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

食から考える地域環境~福島原発事故以後の子どもたちへの影響

2012-10-20-Sat-23:43
今週25日木曜日に「女性のための自治政策セミナー2012」第4回を開催します。
テーマは「食から考える地域環境~子どもたちへの影響」。、
竹田とし子さん(グループ風、大間原発訴訟の会 代表)と
小松幸子さん(福島からの自主避難者)
お二人から福島原発事故による影響などのお話を伺います。

竹田さんは生命の大切さを尊重し自然環境問題に取り組んできました。
小松さんは、福島で家族のために有機農業に取り組んでいましたが、
福島原発事故により、その夢は断ち切られ、函館に自主避難してきました。、

昨年6月6日に原子力安 全・保安院が
東京電力福島第一原子力発電の事故により、
環境に放出された放射性同位体(核種)は31種類と、公表しています。
私たちおとなが子どもたちを守るためにどのようにしたらよいか、
お二人のお話を聴いて一緒に考えま せんか。
貴重な機会です。ぜひ多くの方をお誘いください。

自治セミナー チラシ第4回
日時:10月25日(木)18:30~20:30
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
参加費:500円 
主催:道南ジェンダー研究ネットワーク
HOME