イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

グロード神父はクリスマスの朝に旅立たれた

2012-12-25-Tue-23:19
「旭岡の家」のグロード神父が、
今朝、クリスマスの朝に天に昇られた。

フランスと函館の歴史的つながりから、交流を活発にし、
高齢期は人生のヴァカンスと高齢者福祉を充実させ、
故郷バンデ県のson et lumiereからヒントを得て、
五稜郭で野外劇を創り上げた。

こよなく函館を愛したグロードさん、
いつまでもこの街を見守ってくださることでしょう。
「まあまあまあ、すばらしい街ですよ、ここは。
ゆかいにやってください。」と聞こえてきそうです。

グロード神父のこれまでの活動や発言は
「旭岡の家」ホームページをご覧下さい。(右にリンク)

その中から
「人間は死にません。」をご紹介します。
今の人間の動物性の強い体が、これは死にます。
百歳と長生きしたとしても、宇宙のなかの一瞬みたいのものですよ。
今の私達の体が動物性の強いものでたいしたことない。
この体が死ぬと瞬間的に復活体と変わります。
 復活体は人間の霊的活動一切邪魔しない、むしろ何でも協力します。
天国に移って、瞬間、復活体を味わいます。
目が覚めると、まあまあまあまぶしい、
天国の世界は明るいぞ。
それに人間としては完成されるところ非常に楽しい。
HOME