イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ベアテ・シロタ・ゴードンさんを偲んで

2013-02-19-Tue-23:11
ベアテ・シロタ・ゴードンさんを偲んで

日本国憲法に男女平等を書いたベアテ・シロタ・ゴードンさんが
昨年12月末に89歳で逝去されました。
函館にもファンの多いベアテさんを偲んで、
ビデオ「私は男女平等を憲法に書いた」を
皆さんでご一緒に観たいと思います。

日時:2月23日(土)13:30~
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
参加無料
主催:道南ジェンダー研究ネットワーク
(女性のための自治政策セミナー特別講座として)

日本国憲法草案策定にかかわったことを、
ベアテさんは十数年前から語り始め、
全国各地で講演して、日本の女性たちの社会進出を応援してきました。

1997年11月函館で講演(500人参加!)していただいた時、
高校生10人が登壇して感想を発表しお礼を述べました。
「若い人たちがしっかり発言する函館は希望のもてる街です」と
ベアテさんが喜んでくださいました。
バックの藍染め布は若い頃のベアテさんの横顔と
父レオ・シロタの思いでのピアノを染め抜いたもの。
友人の染織家が実行委員の思いを全部込めて作成し、
ベアテさんにプレゼントしました。
2000年世界女性会議に参加した際、
ベアテさんのご自宅を友人と二人で訪問しました。
「私はいつも函館のことを思い出してます」と寝室に案内してくださいました。
なんと、あの藍染め布はベッドカバーとして愛用してくださってたのです。
HOME