FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

戦場のアリア

2007-12-27-Thu-01:01
25日は市議会定例会最終日でした。
福祉灯油について、3会派が質疑に立ち、
結局、1万6千世帯に5000円という議案は、
原案通り可決されました。
生活保護を受けてる世帯や
非課税世帯で65~74才の高齢者世帯は対象外です。
初めてのクリスマス議会に
もう少しあたたかい決定ができるとよかったのですが・・・

写真展『岡村昭彦の軌跡』を見た。
40年前のベトナム
兵士に殴られる子ども
にわとりを抱えて逃げる親子
過酷な拷問に耐える少年
倒れた母親のそばで泣き叫ぶ乳飲み子
21世紀になった今も
同じような光景にたくさんの子どもたちがいる
この子どもたちにもサンタはプレゼントを届けられたのだろうか。
戦場にアリアはながれたのだろうか

日本でも、クリスマスを家で過ごせない子どもたちがいる。
その何人かの子どもたちと一緒に
クリスマスケーキを食べて一時を過ごした。
飾りのチョコの家を見て、
サンタさんはお留守だよと
物語を創っていく3~6才の子どもたち
子どもはみんな天才だ。

図書館でのケフィのクリスマスコンサート。
サンタさんも登場して子どもたちにプレゼント、
あの子たちも来年はここで楽しめますように。

071224_1456~01


映画『戦場のアリア』
第一次大戦下、雪のクリスマスイブ仁起こった奇跡
「クリスマス休戦」という一夜限りの友好行為

写真展『岡村昭彦の軌跡』十字街からベトナムへ。ホスピスへ。
12月24日~1月12日 (31日~3日休館)
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
トラピストの客舎を出て、函館十字街の書店に居を持つ。
その10年後岡村昭彦はベトナム戦争の戦場に旅立つ。
世界的なフォトジャーリストであり、
ホスピスを日本に紹介した先駆者。
(時々立ち寄る「栄文堂」さんの純子さんが長女なのですね)
HOME