FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

シッダルタ

2007-12-27-Thu-02:25
「ブッダ・ガヤーからコルカタに向かう」
21才の息子からメールが来た。
インドのネットカフェから日本語でも送れるんだ!
と妙に感心しながら、無事なようでホッとする。
バイトして貯めたわずかな資金での卒業旅行
一ヶ月の予定だったのが正味2週間になってしまったらしい
「生まれた街パリにはいつでも行ける気がするけど、
インドふらり一人旅は、勤めたら無理だろ」
と、さーっと旅立ってしまった。

先を越された~・・・インド・ネパール・チベットを歩きたい!
中学1年の頃、ヘッセにはまっていた。
デミアン、シッダルタ、ナルチスとゴルトムント・・・
ドイツ語で読むと感動が増すと解説にあったので、
ラジオのドイツ語講座テキストを買った。一ヶ月でめげたが。
40年前から、インドは私の中にあったのだ。

パリからバスでギリシャまで行き、
そこからインド~ネパール~タイなどをまわった夫は
息子の名前を「玄奘」と決めていた。
けれど「奘」の字を使えないと日本大使館で言われ、
玄奘三蔵から「玄蔵」とした。
そうか、彼は自分のルーツがインドと思っての旅なのか。

難題・相談山積みの、今の私にインドはあまりに遠し。
せめて、このお正月はヘッセを読むことにしよう。
「ガラス玉遊戯」はまだ読破していなかった。
何か答が見つかるかもわからない。
HOME