イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

『世界が食べられなくなる日』石狩市で上映

2014-02-20-Thu-23:55
映画『世界が食べられなくなる日』(監督ジャン=ポール・ジョー
『未来の食卓』 『セヴァンの地球のなおし方』で
“食の重要性”を訴え続けるフランス人)
が、石狩市で上映されます。
お近くの方はぜひ足をお運びください。
sekai.jpg
“遺伝子組み換え”と“原子力”、
いのちの根幹を脅かす二つのテクノロジーの三つの共通点、
それは後戻りができないこと、
すでに世界中に拡散していること、
そして体内に蓄積されやすいこと。
セラリーニ教授は映画の冒頭で警告する
安全な世界を未来の世代に残すために出来ること。
示される新たな一つの可能性“アグロエコロジー”
日時:3月2日(日)①10:30~ ②13:00~
会場:石狩市花川北コミュニティーセンター
チケット7:市民還元価格 500円

主催は、石狩市民講座「萌木」。
駒井秀子さんが運営委員、事務局として主宰しています。
10年間続けてきた活動の幕を閉じる記念に
感謝を込めてこの上映会を決めたとお知らせが来ました。
駒井秀子さんは、
1995年の北京世界女性会議NGOフォーラムで
出会って以来の大切な友人です。
長年、平和と平等、持続可能なな社会に向けて、
身近なところから活動をしてきました。
著書には『いのちに優しいお産』、のほか、
石狩女性史などもまとめています。

駒井さんの活動の一端を知る機会でもあります。
ぜひご参加ください。
HOME