イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

武器輸出三原則撤廃を止める緊急院内集会

2014-03-23-Sun-23:35
【緊急院内集会】のお知らせが送られてきました。
武器輸出三原則を捨てて、日本はどこへ行くのか
日時: 3月26日(水)16時~18時
(15時30分から通行証を配布します)
会場:参議院議員会館 B104会議室
(最寄駅:東京メトロ・永田町、国会議事堂前)
講演:「武器輸出三原則を撤廃してはならない理由」
青井未帆さん(学習院大学 法務研究科教授)
   ※憲法学者。主な研究テーマは憲法上の権利の司法的救済、
    憲法9条論。著書に『憲法を守るのは誰か』
   (幻冬社ルネッサンス新書)、
    共著に『改憲の何が問題か』(岩波書店)など。
発言:国会議員、市民から     
資料代:500円

 安倍政権は、「武器輸出禁止三原則」を撤廃し、新たな「防衛装備移転
三原則」を3月中にも閣議決定しようとしています。「原則禁止」から
「原則可能」への大転換です。半世紀近くにわたって、「日本は死の商人
にならない」とのメッセージを伝えてきた武器輸出禁止政策がついに終わ
りを告げようとしています。
 しかし、世論調査では、武器輸出三原則の撤廃に反対するとの回答は、
実に7割近くに達しています。「国是」とも言われ、憲法9条や国会決議に
基づいて維持されてきた重要な平和原則を、閉ざされた与党協議と閣議決
定のみで撤廃していいのでしょうか。
 武器輸出三原則の歴史的意義と現状をどう見ればいいのか。その撤廃に
よって、何が企てられているのか。そして、性急な撤廃の動きを食い止め
るために、何ができるのか。青井未帆さんの講演を受けて、しっかり討論
したいと思います。ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。
主催:秘密保護法を考える市民の会
   http://stophimitsu.cocolog-nifty.com/
   
HOME