イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

八木匡子さん磁器上絵付作品展~故郷の函館で初めての個展開催

2014-09-01-Mon-22:29
八木さん個展写真1
ポーセリン作家(磁器上絵付)の八木匡子さん(旧姓酒谷)が、
故郷の函館で初めての個展を開きます。
会場には有形文化財の日和茶房を選びました。
落ち着いた雰囲気の中で素敵な磁器を鑑賞して頂けると思います。
文化の秋、ぜひ日和茶房を訪れ、
西部地区の散策も楽しんでください。
会期:9月13日(土)~23日(火)10:00~17:00
    (17日(水)は定休日)
会場:日和茶房(ひわさぼう)ギャラリー
    函館市元町32-10  ℡:83-6651

現在は東京在住でアトリエ・フルーレットを主宰しています。
昨年は、祖父ゆかりの金沢で作品展を開催し評判となりました。
匡子さんの祖父は、5代目酒谷小三郎、函館経済界で活躍し、
画家としても帝展に北海道在住者として初めて入選、
中央で活動の場を拡げ、
葬儀には親交の深かった武者小路実篤が友人総代を務めた。
と、函館博物館の資料にありました。

実は、匡子さんは小学校から高校まで同期で、
赤毛のアンの感想文が素晴らしかったので声をかけて以来、
半世紀親しくしている友人です。
NHK朝ドラマ「花子とアン」を観ながら当時のことを思い出しました。
お家には本物のフランス人形や素敵なティーセットがあり、
彼女の家で私は初めてプリンの味を知りました。
    
HOME