イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

大間原発建設凍結を求める裁判を激励~小泉純一郎元首相

2015-10-29-Thu-13:16
小泉純一郎元首相と細川元首相が工藤函館市長と市役所で懇談、
大間原発建設凍結を求めて
国を訴えている函館市を激励した。
その後市役所最上階8階の窓から、
津軽海峡対岸の大間原発建設現場を双眼鏡で観察し、
その近さに息をのんでいたそうである。

30万都市の20キロ先に原発建設、他には無い。
さらに津軽海峡は国際海峡であり、テロ対策はどうなるのか。
世界初のフルMOX、恐怖のプルトニウム原発!
国の「核燃料サイクル政策」の中核となる大間原発。

事業者の電源開発(原発未経験)は、
平成26年12月16日に原子炉設置変更許可申請書を提出したが、
審査進捗状況及び地質調査を考慮すると、
当初より更に1年程度の期間を要すると見込み、
安全強化対策工事の開始は平成28年11月頃、
終了は平成33年12月頃と見込んでいる。
運転開始時期については引続き未定。

全国の皆さん、大間原発建設を止めることで、
エネルギー政策の転換を図りましょう。
今日29日午後に小泉純一郎元首相の講演会が開催され、
日本のエネルギー政策の問題点や原発の危険性について語る。
小泉元首相

日時: 2015年10月29日(木) 14:00から
会場: 函館国際ホテル(: 函館市大手町5-10)
参加費:: 800円
申し込み: 不要
お問い合わせ: 実行委員会事務局
HOME