イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

同時多発テロ~深い悲哀に包まれるパリ~ 武器ではなく、花を 

2015-11-15-Sun-06:13
テロ4      テロ2
昨日の朝、パリ各地で大爆発と聞いて不安が募り、
直ぐにパリ勤務の息子や友人、知人に安否確認しお見舞いメールを送った。
イベント運営に関わっている息子はやサッカー場や劇場にいる可能性は高い。
その夜は南仏のラグビー試合に行っており無事だった。
ひとまず胸をなでおろしたが、
次のニュースで、バタクラン劇場と分かり、
背筋が凍りついた。
その劇場は、80年代パリ在住時に最もお世話になった友人の家の3軒先!
友人家族は無事だったが、テロの一部始終を目の当たりにして
かなりのショックを受けている。
お嬢さんの女性同僚がレストランでのテロで亡くなられたそうだ。
友人宅に息子がお見舞いに伺おうとしたけれど、
「200m先からバリケードで入れなかった。」と、
追悼する人々、報道の様子を送ってきた。
テロ1     テロ6
友人達からは、
毎週教えてる剣道場の直ぐ傍で、たまたまその日は休んだ。
孫が近くのレストランにいたので心配で眠れなかった。
子どもの友人が亡くなった。誕生日だったのに。
在仏北海道人会ポプラ会会長(フランス人医師)からは、
「フランスはひどい国になってしまいました。
チャーりの時に人間の残酷さにショックを受けましたが
今度の非道な事件には人間の魂のあり方を疑わざるを得ません。」

9月には私も同じ地区を子どもたちと共に散策していました。
5,6年前から出版社や新鋭デザイナーブティックが進出し
おしゃれで日本人観光客にも人気ある地区です。
誰がいつ被害者になるか分かりません。

亡くなられた方のご冥福と
被害に合われた方の心身のご回復を心からお祈りします。

これ以上、命が奪われないように
民族や宗教のさらなる対立につながらないことを願って、
日本の私たちが何をできるのか考えたい。
武器ではなく、花を。
HOME