イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

道南の貧困問題を考える交流会

2015-12-06-Sun-09:20
昨日5日午後に第4回「道南の貧困問題を考える交流会」が開催されました。
弁護士会の提案で3年前に始まった任意の会で、
各団体等の活動状況を報告し話し合いを重ねています。
事務局は弁護士会、市役所の関係部局の方も個人的に協力。
私も市民団体として事務局に関わらせていただいて、
様々な相談・支援活動を行っている方々に参加を呼びかけてきました。
hinkon.jpg
これまでに23団体・個人が参加されています。
協議の中で、
相談の場は増えてきているけれど、
本当に困っている方は一歩も踏み出せなかったり、
困っていることに気づかないまたは逃避しているのではないか。
問題が多岐に複雑に絡み合っていて、
支援の受け入れ先が分からないことも多い。
ということが浮かび上がってきました。
また、
厚生労働省が全世帯全対象型地域包括支援センターを創ろうとしている、
道南社会福祉士会では年2回「福祉何でも相談会」を開催している
との情報提供もあり、参考になりました。
交流会の今後の方向性を考えていく上で、
ワーキンググループを創ろうと提案され、
生活困窮者自立支援に関わる方、高齢者福祉研究者、社会福祉士、
司法書士、精神保健福祉士、弁護士の6~8人が
関わってくださることになってます。
30代~50代前半の若手、ありそうでなかったコラボが実現。
道南で困っている方々に光が差してくることでしょう。

HOME