イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

あいまいな喪失~さようならのない別れ、別れのないさようなら

2017-02-02-Thu-22:50
~あいまいな喪失を体験した
      子どもと家族へのサポート~

研修会を開催します。
日時   2017年2月18日(土)13:30~15:30
会場   函館市総合保健センター2階
(五稜郭町23-1 ☎0138-32-1512)
参加費  無料
参加対象 相談、支援に関わる人、一般市民
主催    道南いのちと心を考える市民ネット・あかり
共催    函館司法書士会
後援    函館市 函館市教育委員会 道南ジェンダー研究ネットワーク 
NPO法人青少年の自立を支える道南の会 
問い合わせ 道南いのちと心を考える市民ネット・あかり(竹花☎0138-23-2504)

『さよなら』のない別れ(行方不明、失踪、誘拐、家や故郷の喪失、離婚、自殺など)や、
別れのない『さよなら』(薬物やアルコール依存、認知症、脳外傷、うつ病など)は、
「あいまいな喪失」をもたらします。
「あいまいな喪失」は、その状況が続く限り区切りをつけるのが難しく、
体験者はそのあいまいさの中で生きていかなければなりません。
このテーマの第一人者、米ミネソタ大学のポーリン・ボス博士は、
喪失の終結や解決を無理やり求めるのではなく、
「わからない」ことを受け入れ、
家族・コミュニティのレジリエンス(回復力)を見出していくことの
大切さを訴えています。
今回は、博士の著書を監訳された石井千賀子さんをお招きし、
お話を伺います。


HOME