FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「かよわくて きっとつよい~今日の一歩 踏み出す勇気」

2019-07-31-Wed-21:13
2019cf.jpg 閉会式 石倉亜矢子大会長のご挨拶
日本子ども虐待医学会第11回学術集会が7月27,28日に
函館で開催されたので参加した。
虐待対策に取り組んでいる医療関係者が
全国から600名以上集まり、20分刻みで発表がなされ、
各地で先進的な取り組みがなされていることに感動した。
基調講演は田中康雄さん(こころとそだちのクリニック むすびめ)
「居る つながっている 会える~かかわりつづけることに意味がある」
特別講演①は友田明美さん(福井大学 子どものこころ発達研究センター)
「マルトリートメントによる脳への影響と回復へのアプローチ」
教育講演は「虐待の画像診断」小熊栄二さん(埼玉県立小児医療センター)
と、「法医学から見た損傷所見の採取」猪口剛さん(千葉大学法医学センター)
特別講演②は「トラウマ・インフォームド・ケア」
白川美也子さん(こころとからだ 光の花クリニック)
最終日には市民公開講座
「つながりを求める少年少女~SNSの光と影」
講師はBondプロジェクト橘ジュンさん と
ライトハウスの坂本新さん
友田医師、白川医師の講義の中で
マインドフルネスについて話されていたので、
私の目指す方向の後押しをしていただいたようで嬉しかった。
前日には福岡県警少年育成指導官の安永智美さんによる
学習会にも参加した。
福岡では警察と教育委員会と児童相談所が
ワンフロアーにあり密な連携がなされているという。
今回の大会長は函館中央病院の石倉亜矢子医師(小児科)。
虐待について勉強する会を4年前から児相と一緒に 始め、
現在は「チャイルドファースト」として100名近くの関係者が
2ヶ月に1回学び合っている。
つながれば、この地域はきっとつよい。
石倉さんの熱い思いは参加者全員に伝わったはずだ。
実行委員の皆さま、充実した学術集会を有り難うございました。


HOME