イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館野外劇~貴婦人役に挑戦

2008-07-15-Tue-06:39
12日夜、函館野外劇に出演しました。
北海道議会議員の小林郁子さんをスタッフ村にご案内、
説明して歩いていたら、「まだドレスがあるよ」と声がかかり、
初めて貴婦人役に挑戦しました。
小林道議も一緒に出演をと誘いましたが、
まず全体を見なければとおっしゃって観客席へ。

これまでは、アイヌの女性役でカヌーをこいだり、
一家で町民となり、火事場を逃げ回ったり
と、アクティブな役でした。
貴婦人はフルレングスのドレスを着て急な階段を静かに下りるのです!
ずっこけたらどうしよう・・・と心配でしたが、
無事、お役目を果たせました。
開園日当日6時頃スタッフ村に行くと、
どなたでも飛び入り出演できます。大歓迎です。

野外劇貴婦人役.2jpg

華やかな舞台は、タッフで支えなしには成り立ちません。
体型に合わせてドレスを手早くピン打ちする衣装係さん、
どさんこのお世話係りさん、救護班、誘導係、船の管理、
数百人のボランティア出演者の受付、照明、音響などなど。
野外劇を観る前に、ぜひスタッフ村を訪ねてください。

「想像していた以上の規模で素晴らしかった。市民の力を感じた。」
と小林道議は感激していました。
札幌で大いに宣伝して、来年はツアーを組んで来てくださいとお願いしました。

観客席からにぎやかな歓声が聞こえてたと思ったら、
帰りがけ、先生に引率された女学生の集団とあいました。
仙台の白百合高校の修学旅行だそうです。
全国の高校生に観にきてもらいたい!
各地の中学・高校教師をしている同期生にアタックしようと思います。
観客総数、目標は二倍の二万人!ご協力お願いします。
HOME