イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

弥生小学校~景観審議会は「基準3に適合」と答申

2008-10-30-Thu-17:28
今日、議員控え室に来ましたら、
「都市景観審議会から「諮問に異議のない旨の答申があった」
という資料が総務常任委員会委員宛に
教育委員会生涯学習部施設課から
10月30日付けで出ていて、
飛び上がるほど驚きました。
前にもこのブログに書きましたが、
景観審議会委員の意見が賛否緊迫していたこと、
もう少し議論の時間が必要、
市民の見えるところで答申作業を進めるべき
という意早く結論を出さないのではないかと、
少しは期待していたのです。

さて担当課に第2回審議会以降の経緯を詳しく説明してもらい、
公開OKとのことなので、
答申文の全文を載せます。

    ……………………………………………………………

景観形成指定建築物に係る函館市都市景観条例の運用について(答申)

平成20年9月9日付け函都デをもって、貴職から諮問のあった標記について慎重に審議した結果、「函館市立弥生小学校」については、小学校としての保存、活用が困難なため解体するものの、建物の外観を忠実に復元するとともに、当該建築物の特徴を表す正面玄関部分の外壁の再利用がなされる場合には、都市景観の形成上重要な価値を損なうことがないと認められるため、景観形成指定建築物の保全に係る基準3に適合するものと判断します。
 また、整備にあたっては、下記の事項に留意するとともに、今後の基本設計における調査、検討の結果等について、適宜、当審議会への報告を求めます。
 なお、今回の答申にあたっては、外観の再現や外壁の一部保存といった整備手法について、景観形成指定建築物の保全のあり方として問題があるとの意見が複数の委員からあったほか、外部専門家の意見などを充分に検討できる審議期間を確保すべきとの意見があったところです。
 このため、本件を機に、景観形成指定建築物等の保全のあり方や合意形成のあり方等について、今後の都市景観行政の推進のための適切な審議方法やルールの構築を行うことを求めます。
                  記
1.外観の忠実な復元のため充分な調査を行うほか、写真等建築当初の資料収集に努め、色彩、仕上げの素材にも配慮する。
2.内部の仕上げ材や建具等をできる限り再利用し、当該建築物の歴史と文化を将来に継承していくよう努める。

     ……………………………………………………

付帯意見を別紙に書く、全議事録をつける、など様々な意見があったが、
本文の中に、意見をまとめることで落ち着いたそうだ。

正面玄関部分の再利用が不可能な場合は、再度、景観審議会に諮問することとなる。
HOME