FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

三井マリ子さんの裁判、6日に結審!

2007-06-07-Thu-21:59
三井マリ子さんから急にお電話頂いて、函館で講演会を開催したのは一昨年の7月末でした。その講演会に参加なさった方は、三井さんの聡明さ、ひたむきさ、あたたかさにほれぼれなさった記憶が残ってると思います。
> 三井さんは、「すてっぷ」(豊中市男女共同参画センター」
> 館長として、豊中市いえ日本の男女平等実現のために
> 精力的に取り組み、「すてっぷ」は世界に名を知られる
> センターとなったのですよ。さらに地元の学校や企業と連携をとる企画も実施段階に入っていた矢先の、 雇止めでした。
> 後任の桂館長は今年3月に辞任し、現在館長職は空いています。
> 優秀な二人の女性の人生を変えてしまい、市の男女平等政策の推進をストップさせてしまった豊中市は、お二人と市民に対して責任を感じてほしいものです。
>
> ぼこぼこ状態でもみんなのために、
女性差別、非常勤差別と闘っている三井さん、
> 私たちのほうこそ
> 感謝の気持ちでいっぱいです。
> 判決は9月12日です
>
> 以下、三井さんからのメールを紹介します。
>        * * * * * 
> Subject: 6日朝に作った詩(みたいなもの)です
>
>> 結審の日に 
>> ――感謝の言葉にかえて――
>>
>> 被告席から投げつけられる
>> 嘘でよごれた石つぶて
>>
>> 「非常勤館長なんて
>> ただの看板 単なる広告塔
>> 継続的仕事は何もせず
>> 常勤館長不合格を逆恨みし
>> 思い込みから裁判を起こして
>> 立派な理事たちをおとしめた」
>>
>> ボコボコに殴打された
>> 私の仕事、私の自尊心
>>
>> でも、今日、やっと結審を迎えることができた
>>
>> 証拠という宝物を探し出してくれたあなた
>> 眠れない夜の電話を辛抱強く聞いてくれたあなた
>> 陳述書、意見書を寄稿してくれたあなた
>> チラシを作り、メールを書いて、裁判の大事さを広めたあなた
>> 苦しい家計からカンパを寄せてくれたあなた
>> 日常をやりくりして傍聴席に座ってくれたあなた
>> 大法廷にせよ、この人を証人台へ、と闘ってくれたあなた
>> こんな非道は絶対許せないと怒り続けたあなた
>> そして、法の論理で私を包んでくれた弁護団のあなた
>>
>> あなたの盾なしには
>> 私は、今、ここにいない
>>
>> あなたの闘い(ファイトバック)なしには
>> 女たちの未来はない
>> 変革の日は決してやってこない
>>
>> 2007年6月6日
>> 原告 三井マリ子

HOME