イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

復値春 ~ 復た春に値わん

2009-05-09-Sat-17:11
函館を3日から7日まで留守にしていた。
その間に、大切な友人Mさんと会えなくなってしまった。

国内研修生交流誌『嵐山』を渡したかったので、
4月中旬から何回か連絡とっていたがお留守。
出かける前日2日にもご自宅をたずねたけどお留守だった。
Mさんは6年前からがんと闘っていた。
「Mさんから私たちは、勇気をもらっています」と
ホスピスの医師や看護師さんたちが話していた。

Mさんが亡くなった時刻を聞いて、あっと思った。
急に、私のお腹が痛み出した頃だった。
それから私は水しか口にできない状態で、
何にもできないまま、
心身ボロボロで深夜函館に戻ってきた。

私は独りで激痛に耐えていたと思っていたが、
傍にMさんが来て励ましてくれていたのだろう。

Mさんは、市主催の国内研修生派遣事業、
国立教育婦人会館への研修生仲間である。
女性学、ジェンダーなどを学んで高揚した5人の仲間は本当によく話し合った。
この感動を広く伝えたい、行動しなければ!と燃え上がり、
市1階ホールで報告展を開催、アンケート調査も行った。
この事業始まって初めてのことだった。
市に提案し、企画・作成・・・・
そんな時、いつもみんなが頼りにしてしまうお姉さん的存在だった。

後に、Mさんのすすめで、私は女性大学カウンセラー講座を受講した。
そこで、山形道文弁護士の法律の授業に感動し、
その後函館漢詩文化会にも入会した。

『この桜花に
逢いまた逢わん
永遠の光に』
撰文・揮毫 守節 山形道文
函館未来大学校内の石碑に刻まれている。

五稜郭しだれ桜

山形先生、Mさん、桜の下で復た値いましょう
HOME