イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館空襲から64年

2009-07-14-Tue-07:55
今日14日は、日本ではパリ祭としてお祭りのようにとらえられているようですが、
フランス大革命記念日です。
26年前の今日、我が家の長女はパリで生まれました。
8才から函館に住んだ彼女は、
数十年前の自分の誕生日と同じ日に
自分の通う小学校地域が地獄絵となったことを知りました。

1945年の今日、米軍の空襲で函館は500人以上の死傷者が出た。
一昨年、空襲体験者に空襲跡地を案内していただいた。
現在の弥生小学校(旧西小学校)あたりは大きな被害を受けたという。
幼児時代の記憶を語る人ももう70代になろうとしている。
たくさん聴いておきたい。次に伝えたい。
函館YWCAで恒例の『PEACE館』が開催される。
画家の石川慎三さんの戦争体験を聴く場は、
私も何度かお願いして 、様々な方に聴いていただいた。
90才にして、まだまだ語りたいといつもおっしゃっている。
平和への強い強い思いからだ。
石川慎三さんの「シベリア抑留の絵」が展示される。
ぜひご覧下さい。

『まるごとPEACE館』忘れられない《記憶》~シベリア・満州~
7月20日 (月・祝) 午前11時~午後3時
函館YWCA(松蔭町1-12)
  午後1時~2時 講演会「国がその民を棄てる時」
講師:小貫雅夫 さん(日本聖公会牧師)
絵画展示 石川慎三さん「シベリア抑留の絵」
親子で楽しめるワークショップ、映画上映
ふくろうの家「ミニバザー」

また前日の、『虹と夢まつり』にはゴミ土楽の会も協力出店。
段ボールでの生ゴミ堆肥作りと
重曹を使ったお掃除などの説明をします。
うちエコの取り組みは平和にもつながります。
7月19日(日)10時半~14時
NPO法人「工房・虹と夢」前広場(日ノ出町24-5)
HOME