イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

フランス在住日本人建築家の博士論文パネル展

2009-07-29-Wed-22:07
パリ在住の日本人建築家、唐川朋子さんの博士論文のテーマ
『函館・緑の島に日仏文化会館』の作品がパリから送られてきました。
開港150周年のお祝いとして、まちセンで展示中です。
観光に来た函館を大好きになって、
博士論文のテーマに選び、
困難にもめげず調査のため再度函館を訪れた力作をぜひご覧下さい。

ところで、フランスの博士論文は、その分野の5人の専門家の前で発表し、
質問に答えるという非常に厳しいものです。そして一般公開。
つまり、巴子さんが発表したとき、
パリの建築大学院に
「HAKODATE」の名が響き、
多くの人に港町町函館の印象をやきつけたることができたのです。


祝 函館開港150周年
フランス在住建築家 唐川巴子さん
博士論文パネル展
『函館・緑の島に日仏文化会館』

日時:7月27日~8月9日 9時~21時
会場:函館市地域交流まちづくりセンター 1階展示ホール
(函館市末広町4番19号 ℡0138-22-9700)
2009年4月フランス 071


唐川巴子さんからのメッセージ
函館開港150周年記念祭を
    パリからお祝い申し上げます。
この作品は、2003年の国立パリベルビル建築大学院の
卒業制作(学位論文・博士号)です。
函館へは芸大に留学しているときに初めて訪れました。
そして、函館とフランスが深く関わっていた歴史を学びました。
パリに帰って、学位論文のテーマを考えていたときに
緑の島のことが鮮明に蘇りました。
『そうだ! 日仏会館を建てるのならここしかない!』。
再び函館に調査に行きました。
市役所の都市計画課や港湾課の方々や市会議員の竹花さんの
お世話になりまして、具体的な構想を練ることができました。
感謝を込めて、論文の作品を送ります。有り難うございました。
 2009年7月20日     
            Tomoko KARAKAWA (唐川巴子)
          13 rue des taillandiers paris 11èm
巴子さんおプロフィール
1978年 パリ生まれ パリ育ち
1996年 国立パリベルビル建築大学院入学
2001年 東京芸術大学建築設計学部 黒川哲郎教授研究室に留学
2003年 国立パリベルビル建築大学院卒業 フランス政府公認の建築家
2005年 ドミニック=ペロー建築事務所勤務
2006年より SBBT Architecture建築事務所勤務
2009年 進行中の仕事
  Lycee le Corbusier Illkirch: lycee écologique
  Concours 80 Logements Begles Terres neuves (ボルドー )           
 90 Esquisse Logements Begles Terre Sud
HOME