イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

NHK特集『原発解体~世界の現場は警告する~』

2009-10-11-Sun-23:43
「国は、原発を推進した責任が、今、問われています」
今日午後9時からNHKで放送された
『原発解体~世界の現場は警告する~』の最後、
重みある言葉でした。
多くの人に原発について考えてほしい。
再放送をNHKに要望してください。
製作者の方に応援や感謝のメールやファックスを送ってください。

世界で、これまで建設された原発は539基、
閉鎖された数は既に120基あまり。
解体を考慮しないで建設された初期の原発、
解体工事の難しさ、危険性、膨大な時間とコストがかかる。
解体で出る大量の放射性廃棄物処分場問題、
解決策のないまま、
今後、世界で新たに100基にのぼる原発導入の準備が進められているという。

番組では、国内の「ふげん」と「東海発電所」の解体現場に初めて密着取材。
放射線という特殊な環境下での厳しい作業が続いていた。
次々と専門技術者の事前の想定を越える壁が立ちふさがる。

ドイツの解体最新技術やイギリスの処分場問題も紹介。
難題を解決した国はない。

今、函館のすぐ隣町大間町に原発建設が進んでいる。

HOME