イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「パパ,ちゃんと寝てる?」~自殺予防対策

2009-12-28-Mon-22:26
全国の自殺者数が11月末の時点で昨年を上回り、
12年連続で3万人を越えた。
男性の自殺は女性の2倍で、中高年に多い。
男女共同参画施策の推進が重要と思う。

静岡県は富士市モデルとして、
次の基本方針を2点定め、睡眠キャンペーンなどの施策を展開している。
1.自殺予防対策の一環として、うつ病の早期治療の推進を図る。
2.不眠によるセルフチェックを啓発することで、働き盛り世代の男性とその周囲の気づきを促す。
「パパ、ちゃんと寝てる?」のチラシをパパの行動半径で目につきやすい所に掲示している。

2009年版自殺対策白書によると、
子どもの自殺が2008年は972人で、
統計を取り始めた1978年以来最も多かった。
子どもが悩みをうち明けられるシステムづくりを急がなければならない。
全国にあるチャイルドラインを国が支援してほしい。

足立区では、自殺に至る前の「生きたい」という必死の信号に周りが気づき、
必要な支援につなげられれば、
自殺は未然に食い止めることができるという考えのもと、
関係団体との本格的なネットワークの構築に取り組んでいる。

函館市は最近自殺防止に力を注ぎ始めた。
12月に講演会を開催、相談窓口一覧チラシやポスターを配布している。

私も深刻な相談を受けることも多いので、
ワンストップ・サービス などの施策を来月調査してきます。
1月8~10日、足立区役所、東京仕事センター、港区男女共同参画センター、
そして福島大臣の講演会に参加し、
フロアーから地域の意見を発表します。
福島大臣が中心となっている「緊急戦略チーム」が
自殺の実体解明や防止策に取り組んでいます。

ひとりで悩まないでください。
「一緒に考えましょう」と手を握りしめてくれる人が必ずいます。

* * * * * * 

福島瑞穂大臣と語る
「女も男も生きやすい社会」
2010年1月9日(土)14:00~16:30
文京区男女平等センターA研修室
資料代:一般千円
HOME