イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

いよいよ明日31日~青森県外初の「大間原発説明会」!!

2010-01-30-Sat-12:59
子育て真っ最中の若いお母さんからメールいただきました。
「共和町の中学生の言葉、涙が出ました。
魚は汚染がひどく、アレルギーを持っている場合
せめて回遊魚を食べるのは避けるようにという意見もあるのに、
化学物質過敏症で苦しむ人もいるのに、
農薬の怖さを知っているから無農薬の野菜をつくろうと頑張る人もいるのに、
原発が全て台無しにしてしまうのですね。
人が生きる中で便利さを求めて
逆に生きていけない環境をつくるなんて。

シンポジウムなどは子どもがいては行けないと思い込んでました。
託児があることを教えていただいて早速申し込みました。
原子力が大間でどのようになるのか、
説明会でしっかり聞きたいと思います。」

チラシは原子力シンポジウムとなっていますが、
大間原発説明会という考えは変わっていないと、市は言ってます。

函館から18㎞しか離れていない隣町に建設中の
大間原発について、
皆さんたくさんお聞きになりたいことがあるのではないでしょうか。

青森県外での初めての説明会は、
明日31日午後2時からです。
ぜひご参加ください。

「大間原発についての全国各地からのご意見は、
このブログの1月24日、27日に掲載しています.

大間原発説明会「21世紀の原子力と環境について考える」
日時:2010年1月31日(日)午後2時~4時10分
会場:函館国際ホテル
入場無料
主催:函館市・(財)日本原子力文化振興財団
「大間原発」と一言も入ってないチラシ
2009年大間チラシ 

HOME