イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

全て凍りついた函館で~弥生小学校解体工事報告№14

2010-02-04-Thu-20:15
立春寒波、日差しは明るくなってきたけれど、
函館も市内で-12.9の冷え込み!です。
崖縁に立ち浜風が吹き付ける古い我が家の体感温度は-20度位。
気を付けていたのですが、洗面台の水道管が凍ってしまいました、
ふだんは省エネだけど、緊急時は仕方ないとつぶやきながら、
蛇口にお湯をかけたりストーブをたいたりと出がけに大忙し。
高齢のお一人暮らしの方々は大丈夫でしょうか。

凍りついた玄関ドアを押し開けると、
小さな四十雀が二羽、フード内で遊んでました。
郵便受け口から舞い込んだらしく、
昨夜まいた節分豆をねらったと思われます。

厳寒の中、長袖ポロシャツ姿で駆け回っている若者が~
ゴミ収集作業員です。
函館は戸別収集、一軒づつ家の前にゴミ袋を出します。
6~8軒走って大きなゴミ袋集めては収集車に投げ込んでました。
作業員の働きぶりへの感動と感謝の声が
函館に転居したての方たちからよく聞かれます。
今日は容器包装プラスチック収集だから、
そんなに重くはないけれど、それにしても激務です。
燃やせるゴミの日はずっしりと重くてもっと大変そうです。
半分以上は生ごみのはず、堆肥化して減量するか、
せめて水分をぎゅっとしぼってから捨てましょう。
焼却炉の延命にもつながります。

全てが凍りつく中、弥生小学校の解体工事は続いてます。
国の重文指定となり解体凍結!というのは、銀世界での幻想?
2009年秋 219弥生坂側校舎の解体は終了のようです
2009年秋 220東坂側校舎もあと2,3日の命でしょうか
HOME