イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

流氷接岸初日!~「流氷が伝える地球の異変」講演会

2010-02-08-Mon-22:05
6日に流氷の講演を聞いたその2日後の今日、
流氷接岸初日を観測したと網走気象台が発表した。
平年より7日遅く、昨年より11日早いそうだ。

環境講演会「オホーツク海の流氷が伝える地球の異変」
   ~流氷は地球の温度センサー~      
道立オホーツク流氷科学センター(紋別)の青田昌秋所長が、
流氷ができるメカニズムや流氷の魅力を語り、
流氷が半分近くにまで減少しているというデータを示して、
温暖化進行を流氷が警告していると指摘した。

会場には流氷とクリオネが展示された。
流氷もクリオネも初めて見たという方が多かった。
2009年秋 224    2009年秋 223

函館ラサール高校環境問題研究会が研究・制作した、
「地球の平均温度100年(1921~2020)横断幕」
も参加者の目をひいた。
過去88年間の平均温度の移り変わりを色で示している。
「NASAゴダード宇宙研究所」のデータを集計したもの。
温暖化防止活動の促進剤として貸出もしている。
お問い合わせは エネプロ事務局まで0138-55-2391(アイズ内)
2009年秋 227 2009年秋 228
1921年~1950年           1980年~2020年
平均温度14度を白で表し、14度以下は緑、水色、青、14度以上は黄色、オレンジ、赤、赤茶
HOME