イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

読み解こう!「アイヌ有懇報告」

2010-02-09-Tue-22:59
6日午前、アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会の報告書を
上村英明さんが読み解く講演会に参加した。
主催は道南・アイヌ民族との連帯を考える市民の会。
先週同会は「秋辺日出男さん講演会」を主催している。

2009年秋 222
報告書は、1.今に至る歴史的経緯で16頁も歴史が書かれているが、
明治32年で終わっていること、
大和民族の歴史から脱却していないことを指摘。
また、国連宣言の遵守を表明しながら、「文化」振興という視点に限定、
権利の保護が先送りにになってしまったことなど問題点をあげ、
新しい政治状況の中で、アイヌ民族の多様な声をどう聞くかなど課題を提示した。

上村さんは熊本出身で、現在恵泉女学園大学教授である。
1982年に市民外交センターを設立し代表を務める。
著書『知っていますか?アイヌ民族一問一答』(解放出版社)
  『世界と日本の先住民族』(岩波ブックレット) ほか

報告書の中には、「アイヌ民族」ではなく、「アイヌの人々」と書かれていて、
有識者懇談会の意識が透けて見えた。
HOME