イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

性暴力禁止法をつくろう

2010-02-28-Sun-03:58
27日今日は3つの学習会に参加して新たな出会いや気づきがありました。
刺激を受けたからでしょうか、夜デスクワークもはかどっています。
午前は、渡島支庁主催「DV家庭における性暴力被害の実態」
午後は、認知症当事者交流会と、
YWCAピース館「世界の旅から学んだ平和への想い」。

日付も代わり、夜明けもちかくなってきたので、
今日はこの内一つだけお知らせしておきます。

「DV家庭における性暴力被害の実態」
講師は近藤恵子さん、NPO法人女のスペース・おん代表理事、、
「全国女性シェルターネット」共同代表で、
DV防止法制定にも尽力をつくされた方です。
近藤さんがシェルターの必要性を函館で熱く語ったのが16年前。
その翌年1995年に、女のスペースおんが企画した
北京世界女性会議NGOフォーラム参加ツアーに私も加わりました。
炎天下で「北海道における女性に対する暴力」のワークショップを主催し、、
世界各国から集まった女性たちと痛みを分かち合ったことを
昨日のことのように思い出します。
1995年北京女性会議家庭での女性への暴力が大きなテーマとなった

この15年で民間シェルターが約100作られ、
DV法が制定されたのは、
当事者の女性達の声と行動力でした。

しかし、日本のDV対策はまだまだ不十分です。
近藤さんは検挙件数などのデータを示しながら
DV犯罪は不処罰なままと指摘。
続いて2009年に全国女性シェルターネットが調査した
「DV家庭における性暴力被害実態」を報告し、
包括的な性暴力禁止法制定の必要性を強く訴えました。
DV家庭で性暴力被害を確認できた子どもは6%。
0~14才までの被害が72%、実父からの被害が86%。
子どもたちの被害影響は大きく深く永い。
中学生の時に父親から強姦された、現在34才の女性言葉が紹介された。
何万回も死にたいと想った。でもそれ以上に何万回も生きたいと想った。
どうしたらこの苦痛が軽くなるのか、いつも闘っている。

性暴力禁止法には、
*性暴力犯罪の規定
*性暴力犯罪に対する処罰と再教育システム
*性暴力被害者回復支援センターの設置
などについて、DV防止法策定の時と同様に、
全国の女性たちが寄ってつくりあげようとしています。
3年後の策定を目指していくつかのワーキングチームが活動しています。

男女共同参画第三次基本計画策定にあたり、
5月頃にパブリックコメント(意見公募)が予定されています。
女性達の声が反映された計画となるよう、
各地から意見を出して、性暴力禁止法制定にもつなげましょう。
詳細は、右のリンク「内閣府男女共同参画局」をご覧下さい。

性暴力被害ホットライン 3月末まで延長
10月から1月末までの予定で始まったホットラインは、
深刻な相談が相次いだため。3月31日まで継続されます。
電話番号は」(0120・37・7867)
毎週月・金・日曜の午後3時から9時まで
DV、ストーカー、レイプなど、性暴力被害を受けた人が
無料で相談できます。
第3・第4金曜に英語とタイ語、第1・第2日曜にタガログ語の相談を受けます。
性同一性障害など性的マイノリティーにかかわる性暴力の相談にも対応します。
 開設後、12月末までに寄せられた相談は約200件。
DV相談が4割をしめ、生命にかかわる相談もあったそうです。
通話中で応対できなかった着信が3か月間で約350件あり、
2か月の延長を決めたといいいます。
厚生労働省が「全国女性シェルターネット」に委託した事業ですが、
来年度からは常設にしてほしいものです。、



HOME