イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

生ごみリサイクル

2010-03-02-Tue-23:58
函館のお隣、北斗市では、
生ごみも分別収集し、堆肥化しています。
今日の午後、その堆肥化施設を見学させていただきました。
YM菌による超高温好気性発酵システムを取り入れて、
産業廃棄物と一般廃棄物の有機性廃棄物の処理を
民設民営として行っている「未来環境株式会社」です。

発酵棟施設面積は4,420㎡、外見は巨大な倉庫のようです。
中も非常にシンプル、通路を挟んで両側に混合槽1、発酵槽13~14、
破袋場が並んでいるだけです。
各槽には裏側に通気システム装置、内部にバイオ式活性装置が設置されてます。
処理能力は50t/日、YM菌により有機物分解速度は約45日間と短期間!
入り口付近は異臭が鼻をつきましたが、
中に入り奥に進むほど、臭いは薄れて気にならなくなりました。
2009年秋 233異物を取り除くのは手作業
                    生ごみ分別をきちんとしましょう 
2009年秋 236ホイールローダーによる切り返し

2009年秋 235100度近くになる発酵槽の上部
             若い女性常務の案内で登ってみました

食料の輸出規制をしている国が増える中で、
生ごみを燃やしてしまうのはもったいない。
未利用勇気資源を活用して、地域循環型社会へのシステムを
市民参加で考えたい。

見学後、北斗市役所に寄って、生ごみ分別事業について調査しました。
急な訪問にもかかわらず、親切に対応していただき感謝しています。

システムづくりの前に、身近でできることとして、
私たち「ゴミ土楽の会」では、
段ボール箱での生ごみ堆肥作りを出前講座しています。
家の中で手軽に面白く堆肥化し、ごみの減量もできる、省エネ、
出前講座ご希望の方はご連絡ください。
HOME