イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「安政の5カ国条約と箱館開港」展

2010-03-29-Mon-23:58
このたんぽぽ通信を4日間ほどお休みしてしまいました。
議会報告も直ぐにと気は急くし、書きたいことは沢山あったのですが、
8月開催予定の国際フォーラム事務処理などに追われ、
ブログ書く気持ちと時間の余裕ありませんでした。
「どうしたの?」と心配メールくださった方がいらしたので、
これからは、日を空けずに数行でも書くようにします。
だめブロガーですが、見てくださってる方がいるのですね。
有り難うございます。

今日のところは、お知らせから。
「安政の5カ国条約と箱館開港」展が
函館市役所1階ホールで開催されています。
昨年、開港150周年を記念して市公会堂で開催された展示です。
見応え読み応えあります。
4月9日まで、お見逃しなく。
2009年秋 292 2009年秋 293
右の写真は、フランスとの関係パネル8枚。
1.メルメ・デ・カションと栗本鋤雲
2.五稜郭と武田斐三郎
3.ジュール・ブリュネの騎士道
4.カトリック教会と宣教師
5.白百合学園とフランス
6.「灯台のの聖母」トラピスト修道院と岡田普理衛
7.天使の聖母修道院
8.函館ラ・サール高等学校

1~3については、20年位前に私もかなり調べました。
在仏北海道人会ポプラ会の会報「ポプラ会だより」の
北海道・フランス関係史の連載を提案し担当していたものですから。
「箱館に私のフランス語の生徒は200人いる」と
メルメ・デ・カションは本国に手紙を書いている。
当時のはこだて人はハイカラさんが多かったのでしょうか。
HOME