イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

明日から4月、ようこそ函館へ

2010-03-31-Wed-23:47
市役所の1階ロビー、吹き抜け4階まで、
夢や期待がうずまいていて、ふわーっと明るい色に見えた。
住民票や国民保険証の手続きする人達が大勢行き交っている。
スーツケースを引きながら窓口を探す若者、
市内地図で行き先を確認している女性。
函館市民になられたのですね。
ようこそ。楽しい日々をお過ごしください。

一方、新スタートラインに立てなかった高校3年生はじめ、
新卒の若者たちはどうしているだろうか。
人生のスタートに立てないのは、社会の責任。
行政による継続的支援が必要と思う。
社会に出た若者をサポートする仕組みも創りたい。

議員控え室のある7階まで階段で上がる。
いつもより沢山の職員とすれ違った。
辞令の紙を持って挨拶まわりらしい。
笑い声も聞こえ、皆さん晴れやかな顔。
今日の新鮮な気持ちを持ち続けて
明るく市民に親切な役所であり続けますように。

そう、部長級職に女性が初めて就任!
よかった。おめでとうございます。
彼女とは、幼稚園から高校まで一緒だった。
成績優秀、常に学級委員などリーダー格、
でも、どのグループサウンズが好きかなんて
中学校の中庭でおしゃべりしたこともあったな~。
小学生の時、「魔法のじゅうたん」応募もちかけたこと、覚えてるかな。
春の別れと出会いを繰り返して数十年、
ン?でもどうして春が新年度なのでしょう。

会計年度に関しては英国方式を取り入れたと
先日ラジオ番組で話してた。
フランスは、会計年度は1月~12月、学校は9月~翌年6月だった。
2ヶ月間はヴァカンス!
調べてみたら、各国バラバラのようだ。   
学校は9月始まりが多いけど、会計年度は、
米国は10~9月、ロシアは1~12月、オーストラリアは7~6月だそう。

いのちが芽吹く春、新年の始まりにふさわしいかも。
明日から、また新たな気持ちでチャレンジしていきます。

勇気と信念で闘ってきた、三井さんの記事を載せておきます。
朝日新聞第二社会面トップ記事だったそう。
「感涙ものの判決でした。皆さん応援有り難う」と送られてきたものです。
三井さん2     三井さん1 朝日新聞3月31日朝刊


HOME